クラウド受付システム「RECEPTIONIST」、来客通知を受け取れるスマホアプリをリリース

導入企業は2000社を突破 受付の業務効率化を加速へ

ディライテッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:橋本真里子)は、クラウド受付システム「RECEPTIONIST(レセプショニスト)」専用のスマートフォンアプリ「RECEPTIONIST Mobile」を7月24日にリリースいたしました。

 


「RECEPTIONIST」とは

受付業務と日程調整を社員の代わりに引き受け、生産性を上げるクラウド受付システムです。

WEB画面上で日程調整を簡潔にし、その際に発行された受付コードで受付を行います。
内線電話を一切使わず、ビジネスチャットを利用することで直接担当者を呼び出し、スムーズな来客応対を可能にしながら、お客様の来客情報をクラウドに保存することができるシステムです。
この受付システム・受付方法において特許(第6429965号)も取得済みです。

政府による働き方改革推進により、業務効率化が注目されています。
RECEPTIONISTは、受付にかかわる時間や工数を削減することで、より業務に集中できるオフィスを実現します。


「RECEPTIONIST Mobile」の機能

・RECEPTIONISTからの来客通知をPUSH通知でお知らせ
RECEPTIONISTは通常、SlackやChatworkといったビジネスチャットと連携し、チャットで来客を通知する受付システムです。
しかしビジネスチャットを使っていなくとも、このアプリをインストールすれば、来客の通知がスマホに届くようになります。

・アポイントメント一覧・来訪者記録の表示
アポイントやお客様の来客の記録を、アプリ上で確認ができるようになります。



開発経緯(代表取締役CEO 橋本真里子)

RECEPTIONISTの開発当時からアプリは視野に入れていました。
私たちの生活を豊かにしているものの一つとして「スマホ」の存在は大きいと思っているからです。

受付の非効率さもスマホを使えば、必ず効率化できると考え開発に至りました。
私たちの身近にあるツールを使って実現できることが、サービス拡大のポイントの一つだと思っています。

今後は「RECEPTIONIST」の機能である「調整アポ」もアプリ内で使えるようアップデート予定です。
日程調整から受付をよりシンプルに効率化いたします。
 

導入企業は2,000社を突破

​RECEPTIONISTは2017年1月に正式リリース後、内線電話を一切使わないことで受付業務を効率化する点が評価され、順調にサービス利用を拡大し2019年7月に導入企業が2000社(※)を突破いたしました。

また、昨年末より提供開始した「調整アポ」は、日程調整から受付までをワンストップで効率化するツールとして好評をいただいています。
(※)シェアオフィス入居企業は含みません

今後も新機能の追加リリースなど、受付の業務効率化に最大限貢献してまいります。
 


​「RECEPTIONIST Mobile」概要
アプリ名:RECEPTIONIST Mobile
対応OS:iOS、Android
サービスサイトURL:https://receptionist.jp/
Apple store:https://apps.apple.com/jp/app/id1413675993
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.receptionistmobile

ディライテッド株式会社 会社概要
所在地 :東京都渋谷区道玄坂1-22-9 AD-O道玄坂4階
代表  :代表取締役CEO :橋本 真里子
設立  :2016年1月21日
事業内容:オフィス受付サービスの開発・販売、受付業務コンサルティング
URL  :http://d-lighted.jp
Facebook:https://www.facebook.com/receptionist.jp/
Twitter:https://twitter.com/receptionistJP
BLOG:http://marikohashimoto.hatenablog.com/
BLOG:https://news.d-lighted.jp/
  1. プレスリリース >
  2. ディライテッド株式会社 >
  3. クラウド受付システム「RECEPTIONIST」、来客通知を受け取れるスマホアプリをリリース