『暮しの手帖』で連載12年目を迎えた、人気料理家・高山なおみさんの料理エッセイ「気ぬけごはん」の第2集ができました。

『気ぬけごはん2 東京のち神戸、ときどき旅』高山なおみ 著 11月下旬発売

株式会社暮しの手帖社(本社:東京都千代田区、代表取締役:阪東宗文)は、人気料理家・高山なおみ(たかやま・なおみ)さんの新刊『気ぬけごはん2 東京のち神戸、ときどき旅』を2020年11月下旬に発売いたします。

 

/気取りのない料理が、何よりもおいしい。/

高山なおみさんの毎日の暮らしから生まれたふだん着感覚の料理、それが「気ぬけごはん」です。
肩の力をふっとぬいて自由に作る料理には、新たな発見と、心底ほっとするおいしさがあります。

1話につき、2~3品のレシピが紹介されるスタイルで、連載12年目を迎えた「気ぬけごはん」は、『暮しの手帖』本誌で大人気の料理エッセイです。
第2集となる本書は、東京から神戸へ、そしてひとり暮らしへと、大きな変化を迎えつつ綴ったエッセイのなかに、手軽なのにとても魅力的な、すぐに献立に取り入れたくなる120品あまりのレシピがぎっしり。
贅沢なエッセイ仕立てのレシピ本として、お楽しみいただけます。

また、移住後すぐに、神戸ならではの食材がエッセイに登場するところからも、高山さんの好奇心や、料理への姿勢が伝わってきます。

/【内容紹介】たとえばこんな「気ぬけごはん」/

●スパゲティのオムレツ

食べ切れずに残ったスパゲティは、冷蔵庫にとっておいてオムレツの具に。

●魚の煮汁の炊き込みご飯
魚の煮つけであまった煮汁と、たっぷりのしょうがのせん切りで作る炊き込みご飯。

●ハンペンとお麩のグラタン
グラタンが食べたくなったけれど、冷蔵庫にはハンペン、乾物カゴにはお麩……。
夜の胃袋にやさしいふわふわとろりのグラタン。

ちくわの天ぷら蕎麦、枝豆と鶏肉の炒め物、自家製アジの干物、桜大根、ヤンソンさんの誘惑、韓国風干しダラのスープ、カレー・ドリア、練りきなこ、焼きそばスパゲティ、北欧風鯖ライス ほか

 

 



/【著者紹介】/
高山なおみ 1958 年静岡県生まれ。料理家、文筆家。レストランのシェフを経て、料理家になる。文筆家としても高い評価を受けている。著書に『帰ってきた 日々ごはん』シリーズ、『チクタク食卓㊤㊦』、『本と体』(以上アノニマ・スタジオ)、『料理=高山なおみ』(リトルモア)、『今日もいち日、ぶじ日記』(新潮社)、『自炊。何にしようか』(朝日新聞出版)など多数。



/【書誌情報】/

『気ぬけごはん2 東京のち神戸、ときどき旅』
文・料理 高山なおみ 

絵 高橋かおり
判型:四六判・並製・全306 頁
発行:2020年11月24日
定価:本体価格 1,800 円+税 
ISBN:978-4-7660-0220-1

 

 

 

/『暮しの手帖』とは?/

戦後間もない1948年に創刊した「生活総合誌」。「実証主義」を掲げ、料理や手芸の記事は、すべて編集部員が試作をして確かめながら制作。広告を入れず、読者だけをスポンサーとして、72年間発行を続けています。
11月25日発売の最新号「5世紀9号」は、絵本の特別付録つきの特大号です。
この「100号毎に新世紀を迎える」独自の号数呼称は、初代編集長・花森安治の発案であり、「初心に立ちかえって、フレッシュな気持で、これからの号を作ってゆくために」「つまり、もっと〈よい雑誌〉にしたい」という意志が込められたもの。
隔月、奇数月25日刊。全国で好評発売中。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 暮しの手帖社 >
  3. 『暮しの手帖』で連載12年目を迎えた、人気料理家・高山なおみさんの料理エッセイ「気ぬけごはん」の第2集ができました。