リード獲得から実際の顧客獲得まで、テクノロジーで生産性をUPするセールステックの新商品「スピードセールスパック」を発売開始

知識やノウハウの動画共有サービスを展開する株式会社 soeasy (本社:東京都品川区、代表取締役:中野 慧、以下 soeasy)は、マーケティングオートメーションサービス(以下MA)を提供するMarketing-Robotics株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:田中 亮大、以下マーケロボ)と事業提携し、2019年5月より、リード獲得から実際の顧客獲得まで、テクノロジーで生産性をUPするセールステックの新商品「スピードセールスパック」の発売を開始します。
マーケロボは、MAツール「マーケROBO」を開発運営し、シナリオ設計、コンテンツ作成、システム設定といった運用業務をワンストップで請負うMPO(マーケティング・プロセス・アウトソーシング)事業を行っています。また、soeasyは、従来個人の知識やスキルとして留まることの多かった、社内にあふれるあらゆる知識やノウハウを、スマホをかざして撮影・アップロードするだけで簡単に共有することができるシステム「soeasy buddy」を運営し、多くの企業の生産性向上に寄与しています。

精度の低い顧客リストによる生産性の低い営業活動にテクノロジーの力で変革をもたらすセールステックの潮流が高まる中、マーケロボとsoeasyは、導入した当月から効果的な営業活動が可能になり、顧客との対面コミュニケーション時に効果的なトークができるためのノウハウをスマホで簡単に共有できる「スピードセールスパック」を共同開発。これにより、リード獲得からクロージングまでをワンストップで行うことが可能になります。

<スピードセールスパック導入価格>料金:月額30万円(税抜)

今後も「あなたにとっての当たり前が、世界をちょっと幸せにする。」という経営理念のsoeasy社は、スマホ・タブレットを活用した動画等の情報共有の仕組みによって、言語や文化の壁を越えて世界中の企業の生産性向上に寄与していきます。

【soeasy buddyとは】
soeasyがリリースした、売れる営業トークやクレーム対応、新商品の情報共有など、社内にあふれるあらゆるノウハウを、スマホをかざして撮影・アップロードするだけで簡単に共有することができる、動画を活用して、企業内の財産である「我が社のノウハウ」を集約・進化させ、生産性を向上させるサービスです。2018年4月正式リリース以降、多数の企業が導入。複数の導入企業で、売上や販売数が前年比200%前後になるなど、企業の生産性向上に寄与しています。


【マーケROBOとは】
獲得した見込み客の情報を一元管理し、マーケティング を自動化、可視化することのできる初心者でもわかりやすいインターフェイスが特徴のMAツールの提供に加え、シナリオ設計、コンテンツ作成、システム設定といった運用業務をワンストップで請負うMPO(マーケティング・プロセス・アウトソーシング)サービスです。

 


◆soeasy 会社概要
会社名:株式会社 soeasy / 代表者: 代表取締役 中野 慧
設立  : 2016年12月 / 資本金:1億9,770万円(資本準備金含む)
本社所在地:東京都品川区上大崎1-11-9
企業URL: https://www.soeasy.co.jp/
事業内容:困った時の15秒動画コミュニティ『soeasy』 (https://soeasy.tokyo/
トレーニング動画SNS 『soeasy buddy』 (https://soeasybuddy.com/about

◆Marketing-Robotics 会社概要
会社名: Marketing-Robotics株式会社 / 代表者:代表取締役 田中 亮大
設立  :2016年 9月/ 資本金:3億9,695万円(資本準備金含む)
本社所在地:東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー16階 WeWork
企業URL: https://marketing-robotics.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社soeasy >
  3. リード獲得から実際の顧客獲得まで、テクノロジーで生産性をUPするセールステックの新商品「スピードセールスパック」を発売開始