XPANDコードとQRコードをビーコンとして活用!施設内特化型のナビゲーションサービスを開始!

空間とネットをリンクする新しいバーコード「XPANDコード」。このXPANDコードとQRコードをビーコンとして用いた施設内ナビゲーション「XPAND IN」を提供開始しました。

XPAND株式会社(埼玉県東松山市、代表取締役社長 南木 徹)は、XPANDコードとQRコードをビーコンとして用いた施設内ナビゲーション「XPAND IN」(エクスパンド・イン)を提供開始しました!
従来、施設内のナビゲーションは、iBeacon等のBLEビーコンやWi-Fiを使って測位するケースが主流でした。
XPANDコードとQRコードによるビーコン(以下「XPAND/QRビーコン」)は、カメラで読み取って、位置補正を行うことにより、ローコストに屋内ナビゲーションを行うことができます。
さらに、本来の機能である、サイトへの転送等の情報取得トリガーとしても機能します。
今回提供開始したXPAND INでは、欧州で注目されている施設内特化型ナビ「Mapwize」(フランス)のシステムを採用し、読取りアプリに統合。ローコストで安定的な運用が可能になっています。
「XPANDコード」は、空間とネットをリンクする新しいバーコード。
XPANDコードは、既に全国41都道府県の飲食店等で使われているほか、公共交通や公共空間での活用も始まっています。
当社では、XPANDコードのより広い活用方法を提案していくため、既存の地図アプリでは対応が難しい施設内ナビに着目。施設内看板や標識からXPANDコード/QRコードを介した情報提供だけでなく、屋内測位にも使う方法を検討してきました。
その結果、実現したのが、XPANDコードとQRコードによるビーコン(以下「XPAND/QRビーコン」)とそれを用いた施設内ナビゲーションシステム「XPAND IN」(エクスパンド・イン)です。

施設内ナビ「XPAND IN」画面イメージ施設内ナビ「XPAND IN」画面イメージ


1.XPAND INの特徴
(1)施設内特化型ナビ
施設内に特化したナビシステムです。頻繁に配置が変更されたり、一般には公開しないエリアが存在する等、施設内には特殊な需要が存在します。一般の地図アプリではカバーできないそれらの需要に応える目的で開発されました。
XPAND INでは、欧州で注目されている施設内特化型ナビ「Mapwize」(フランス)のシステムを採用し、当社の最新読取りアプリに統合。ローコストで安定的な運用が可能になっています。
https://www.mapwize.io/

 

(2)XPAND/QRビーコンによる測位
従来、施設内のナビゲーションは、iBeacon等のBLEビーコンやWi-Fiを使って測位するケースが主流でした。
XPAND/QRビーコンは、カメラで読み取って、位置補正を行うことにより、ローコストに屋内ナビゲーションを行うことができます。
さらに、本来の機能である、サイトへの転送等の情報取得トリガーとしても機能します。

いちいちカメラで読み取らなければならない点は、測位として面倒なことも確かです。一方、自動的な位置取得は拒否しながら、必要な時だけ位置取得を行うことができるため、プライバシーの保護と利便性を両立できる方法でもあります。

2.XPAND INの使い方
XPAND INは、当社のXPAND/QR/JANコードリーダー「XPAND.CODES Reader」に標準装備された機能です。
App Storeよりダウンロード、インストールしてください。
https://itunes.apple.com/jp/app/id1456737997
※Android版は開発中です

XPAND INは、展示会・見本市会場、大型商業施設、駅・地下街・公共施設・スタジアム等での活用を想定しています。これらの施設に設置されたXPAND/QRビーコンを読み取ると、自動的にXPAND INが起動します。
※これ以外の方法では起動できませんので、施設側の整備をお待ちください

3.今後の展開
XPAND INは、XPAND/QRビーコンだけでなく、既存のBLEビーコン、Wi-Fi、Li-Fi等とのハイブリッド測位への対応や、施設の利用状況分析ができる「利用状況ヒートマップ」機能の提供も計画中です。
また、用途や地域性でMapwize以外のナビシステムが適するケースもあることから、複数のナビシステムを動的に切り替えられるようにしていく予定です。

4.埼玉スタジアム2002での座席誘導テスト実施について
来る4月15日(月)に、埼玉スタジアム2002にて、XPAND INのテストを実施します。
メインスタンド内で、ゲートから座席までの誘導を行うデモを体験いただけます。
この他、大型ビジョンを使った、XPANDコードの遠距離読取り試験も同時実施します。
XPAND INやXPANDコードの導入をお考えの方には入場パスをご用意できますので、ご連絡ください。
※一般の方はご入場できません

5.XPANDコードについて
XPANDコードは、東京メトロを始めとした交通サイン向けデザインの過程で生まれた、空間用のバーコード。JANコード、QRコードに続く「第3のバーコード」(日刊工業新聞)です。
https://newswitch.jp/p/14289
日本国内では商標・意匠・実用新案登録されているほか、図形商標としてWIPO(世界知的所有権機関)にも国際登録されています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. XPAND株式会社 >
  3. XPANDコードとQRコードをビーコンとして活用!施設内特化型のナビゲーションサービスを開始!