日本航空との合弁会社設立に関するおしらせ

トラベルポートと日本航空株式会社は、2019年3月19日に発表したトラベルポートジャパン株式会社と日本航空の100%子会社である株式会社アクセス国際ネットワークの株式を100%保有する合弁会社設立を断念することで合意。日本航空とトラベルポートは引き続き良好な信頼関係を維持。
ニュースリリース

日本航空との合弁会社設立に関するおしらせ

2019年9月2日東京:2019年9月2日、東京:先進のトラベルコマースプラットフォームを提供するトラベルポート(本社:英国ラングレー、CEO兼プレジデント:グレッグ・ウェッブ)と日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂祐二、以下「JAL」)は、本日、2019年3月19日に発表したトラベルポートジャパン株式会社とJALの100%子会社である株式会社アクセス国際ネットワーク(以下「アクセス」)の株式を100%保有する合弁会社設立を断念することで合意しました。JALとトラベルポートは引き続き良好な信頼関係を維持していきます。

トラベルポートは、2016年のガリレオジャパンの買収を含め、日本において、過去20年間に渡り多数の戦略的投資を実施し、今後も日本におけるビジネスの成長を目指します。トラベルポートは、日本の上位旅行会社やトラベルマネージメント会社との強固な業務実績があります。トラベルポートのグローバルネットワークを通じ、旅行会社の皆様は、世界規模のコンテンツと、次世代予約端末、オンライン販売向けAPIソリューション、モバイルへの対応を含めた最新のテクノロジーをご利用いただけます。また、トラベルポートは、最先端の企業向け予約・精算ツールとの連携はもちろんのこと、業務渡航に特化した業界最先端のサービスを提供するとともに、経験豊かで、かつ日本に特化したカスタマーサービスとサポートチームを有しています。

 トラベルポートは、技術協力契約に従い、2012年以降提供しているアクセスに対する開発およびホスティングサービスを今後も継続し、また、JALのグローバル流通パートナーとして信頼関係を維持していきます。

-以上―
 
トラベルポートについて www.travelport.com
トラベルポートは、旅行の販売、購入、旅行体験の向上を常に追求するテクノロジー企業です。世界の旅行・観光業界に向けて流通、技術、決済などのソリューションを提供するトラベル・コマース・プラットフォームを有しています。B2B(企業間取引)旅行市場において、世界の主要な旅行プロバイダーとオンラインおよびオフラインの旅行業者を結びつけ、旅行業取引を促進します。

トラベルポートは航空会社マーチャンダイジング、ホテルのコンテンツとレートディストリビューション、レンタカー事業、モバイルコマース、B2B決済ソリューションのリーダー的地位を確立しています。また、ショッピング、発券、運航管理その他のソリューションを含む重要なITサービスを航空会社に提供しています。2018年の純収入が25億ドルを超えるトラベルポートは、英国ラングレーに本社を置き、約3,700名の従業員を擁し、世界180ヵ所の国と地域で活動をしています。
 
 
トラベルポート・メディアコンタクト:
Anna Davies, Head of Global Communications, Travelport
Tel: +447787 501 908
Email: anna.davies@travelport.com

トラベルポートジャパン株式会社
マーケティングマネージャー  柴崎知明
Tel: 03-5740-0288
Email: tomoaki.shibazaki@travelport.com
  1. プレスリリース >
  2. トラベルポートジャパン株式会社 >
  3. 日本航空との合弁会社設立に関するおしらせ