TikTokがエイベックスと提携 ー日本の音楽レーベルと、初の包括的楽曲ライセンスで提携ー

TikTokの日本およびアジア圏のユーザーにエイベックスが保有する約25000曲の楽曲を提供

TikTokは、エイベックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長CEO 松浦 勝人)との提携に合意、同社が保有する楽曲、約25000曲*が追加され10月30日(火)から利用可能となります。
TikTokは、エイベックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長CEO 松浦 勝人)との提携に合意、同社が保有する楽曲、約25000曲*が追加され10月30日(火)から利用可能となります。今回の提携は、TikTokと日本国内で音楽事業などを主軸とする大手総合エンタテインメント企業との歴史的な提携で、日本国内のユーザーだけでなく、J-POPの人気が高いアジア地域のユーザーも順次、楽曲が利用できる予定です。
  


これまでTikTokでは、大人気となった「#め組のひと」などの動画と共に使用されている楽曲が多くのユーザーに認知され、人気に火がつくなど、音楽業界からの注目が高まっています。TikTokは15秒のショートムービーの形式で、音楽愛好者に良い音楽の発見や、アーティストや楽曲制作者とのコミュニケーションのプラットフォームを提供しています。またTikTokは、日本及び世界の楽曲制作者が作品のプロモーションや新曲のプロモーションのプラットフォームにもなっています。今回エイベックスと契約を締結することで、より多くのユーザーにエイベックスの楽曲制作者や様々な楽曲を認知いただける機会を提供できると考えております。

TikTokは、歌やダンス、コメディー、その他数多くのパフォーマンスを含む幅広いコンテンツが溢れ、トレンドや創造性を生み出すプラットフォームの一つとなっています。日本のユーザーの傾向として、最近では自然やアウトドアアクティビティ、料理、日常生活の風景等、様々な新しいジャンルのショートビデオの投稿が増えており、コミュニティに新たな視点やトレンドをもたらしています。TikTokは、これからも優れたサービスとインタラクティブな体験をユーザーに提供し、クリエイティブなプラットフォームとしてユーザーの皆様に独自のアイデアや生活の楽しみをシェアしてもらう機会を提供してまいります。


<TikTokについて>
TikTokは、ショートフォームのモバイル向けビデオに最適なアプリです。我々のミッションは、スマートフォンを通じて世界中の創造力や知識、その時に起きた瞬間を捉えて届けることにあります。TikTokは誰もがクリエイターになることを可能にし、自分たちのビデオを通じてクリエイティブな表現と情熱をシェアしてもらえることを手助けします。TikTokは、ロサンゼルス、ロンドン、東京、ソウル、上海、北京、シンガポール、ジャカルタ、ムンバイ、モスクワ等にオフィスを展開します。2018年はじめにはTikTokは世界で最もダウンロードされたアプリの一つとなりました。TikTokのアプリはApp Storeまたは Google Playストアを通じて入手できます。TikTokについての詳細はtiktok.comをご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Bytedance株式会社 >
  3. TikTokがエイベックスと提携 ー日本の音楽レーベルと、初の包括的楽曲ライセンスで提携ー