ギャラクシー・エンターテインメント・グループ、「スタンドアップ!クラシックフェスティバル 2019」のスポンサーに

文化・エンターテインメントイベントを支援し、日本および地域への貢献を強化

【2019年9月26日、東京発】 ギャラクシー・エンターテインメント・グループ(略称: GEG)は、国内最大の野外クラシック音楽フェスティバル「スタンドアップ!クラシックフェスティバル 2019(スタクラフェス)」のスポンサーとなることが発表されました。

「スタンドアップ!クラシックフェスティバル 2019」は、2019年9月28日(土)および29日(日)に、 横浜赤レンガ倉庫特設会場で開催され、今最も注目されている若手実力派のクラシックの音楽家が集結します。累計約1万人が来場し、潮風感じる開放感溢れた屋外会場で、一日中クラシック音楽を楽しむことができる新しい形のクラシック音楽イベントです。

このスポンサー活動は、2017年のモンテカルロ・オペラ、2018年のモナコ少年合唱団の来日公演サポートに続くもので、ギャラクシー・エンターテインメント・グループは、「スタンドアップ!クラシックフェスティバル 2019」のスポンサーシップを通じて、日本の若手クラック音楽家を支援し、クラシック音楽業界のすそ野を広げ、地域の皆様により気軽にクラシック音楽を楽しんでいただきたいと考えています。

ギャラクシーエンターテインメントジャパン株式会社の最高執行責任者テッド・チャンは、次のように述べています。「『スタンドアップ!クラシックフェスティバル 2019』は、日本の将来有望な若手のクラシック音楽家を支援し、かつ地域コミュニティに豊かな文化的エンターテインメントをもたらす素晴らしいイベントです。音楽家のみなさまが将来日本だけでなく、弊社のモナコ公国におけるパートナー企業モンテカルロSBMとともに、世界へと活躍の場を広げてくれることを真に願っています。そして、ギャラクシーが展開する日本のIRにおいて、彼らに演奏していただく機会を作りたいと考えています。ギャラクシー・エンターテインメント・グループは、様々な音楽やエンターテインメントのイベントを支援し、世界最先端のエンターテインメントを日本へ、そして日本のエンターテインメントを世界に向けて発信していきます。日本でのIR事業展開に向けて、今後長きに渡り日本の音楽・エンターテインメント業界を盛り上げ、地域に貢献していきたいと考えています。」

また、ギャラクシー・エンターテインメント・グループと日本参入にあたって提携しているモンテカルロ・ソシエテ・デ・バン・ドゥ・メール(モンテカルロSBM)は、ジャスフェスティバルやオペラ公演などを支援し、音楽やエンターテインメントを通じた地域の発展に寄与しています。

「スタンドアップ!クラシックフェスティバル 2019」について
  • 日時:2019年9月28日(土) / 9月29日(日)
  • 開場:9:30 / 開演:10:30 / 終演:20:20(予定)
  • 会場:横浜赤レンガ倉庫特設会場
  • 公式ウェブサイト:https://standupclassicfes.jp/about
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Galaxy Entertainment Group Limited. >
  3. ギャラクシー・エンターテインメント・グループ、「スタンドアップ!クラシックフェスティバル 2019」のスポンサーに