「Model Builder」で作成した3Dモデル内を自由に移動・閲覧可能に

「Model Builder」で作成した3Dモデル内を歩行者が回遊するかのように閲覧することができる3D Street View機能をリリースしました。

Cellid株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:白神 賢、以下「Cellid」)は、3Dモデル作成サービス「Model Builder」(以下、本サービス)で作成した3Dモデル内を歩行者が回遊するかのように自由に閲覧することができる3D Street View機能(以下、本機能)をリリースしたことをお知らせいたします。

 

Cellidは、単眼カメラの映像をインプットとして3Dモデルを作成できるサービス「Model Builder」を提供しています。従来、3Dモデルの作成は、①専門人材を必要とする、②使用する専門機材が非常に高価、③作成に長時間を要する-ものでしたが、本サービスにより、専門人材を必要とせず、安価に、数時間で3Dモデルを作成することができるようになります。

従来、3Dモデル内を自由な視点で閲覧することは難しく、俯瞰的に全体把握をしたり、ピンポイントに細かい場所を閲覧したりすることは困難でした。

今回、3D Street View機能のリリースにより、より歩行者に近い視点で自由にモデル内の回遊や、3Dモデルの空間内での、物体のサイズ・形状・面積の体系的な情報検索・解析・可視化が可能になります。

■従来の3Dモデル作成の課題
3Dモデル内を自由な視点で見ることは難しく、俯瞰的に全体把握をすること、ピンポイントに見たい場所に視点を移動してその場所を詳しく確認すること、またそれらを自由に切り替え可能にすることは困難でした。

■本機能の特徴
3次元サイバー空間上で、俯瞰視点、及び歩行者に近い視点の閲覧を可能とし、両モードの間でシームレスに切り替えると共に、観測位置と観測方向を同期させることもできるようになりました。これによって、Webブラウザを用いて実世界の空間の全体像を俯瞰的に把握すると同時に、ピンポイントでそれぞれの細かい場所の確認・調査・記録などの現地管理が実現可能となりました。

■ユースケース
PCを用いて3Dモデル内の空間上で物体のサイズ・形状・面積や、空間上において体系的に情報検索・解析・可視化といったインフラ運用のDXにも寄与しうると考えています。

■Cellidについて
Cellidは、次世代デバイスのARグラスにおけるキーコンポーネントであるハードウエア「Display Module」と空間認識を行うソフトウエア「Cellid SLAM」の両方を提供しています。
Cellid SLAMはARグラス向け以外に、汎用カメラでも実装可能であり、産業別のソリューションとしても展開しています。

■会社概要
会社名:Cellid株式会社
所在地:東京都港区六本木4-8-6 パシフィックキャピタルプラザ5F
代表者:白神 賢
設立:2016年10月
URL:https://www.cellid.com/
事業内容:ARグラス用のディスプレイモジュールと空間認識ソフトウェアの販売

■お客様からのお問い合わせ先
Cellid株式会社
TEL:03-6447-0767
e-mail:contact@cellid.com
  1. プレスリリース >
  2. Cellid株式会社 >
  3. 「Model Builder」で作成した3Dモデル内を自由に移動・閲覧可能に