マルチプレイフリーロームVRアトラクション「コスモバルーン」が展開開始

気球に乗って世界中の絶景を体感!

株式会社ハシラス(東京都北区、代表取締役社長:安藤晃弘)は、株式会社ダイナモアミューズメント(東京都千代田区、社長:小川直樹、以下:ダイナモアミューズメント)と共同で、 フリーローム型VRアトラクション 「コスモバルーン」を開発いたしました。

本作は、最大6名がVR空間で気球に乗り込み、世界中の空から絶景を楽しむことができるアトラクションです。 2022年8月11日からの大分県城島高原パークでの展開を皮切りに、全国のさまざまなロケーションでの展開を予定しております。
 

 

コスモバルーンコスモバルーン


■コスモバルーンとは

コスモバルーンは、株式会社ダイナモアミューズメントの企画・制作、株式会社ハシラスの開発によるVRアトラクションです。

最大6名が7.7m×4.2mの空間内を自由に歩き回れるフリーローム型VRとなっており、家族や友人、恋人同士などがVR内でコミュニケーションを取りながら体験できます。VR空間と現実空間は、広さや手すりの位置などを一致させることで、安全性と没入感を向上しています。

スタンドアローン型VRヘッドセット「Meta Quest 2」を採用しており、シンプルな機材構成と、ケーブルのない快適な体験性を両立。屋内であれば場所を選ばず稼働可能で、1回のプレイ時間も8分程度と、イベントにおける展開可用性を高めました。また、アトラクション内の画像や動画は一部差し替えが可能となっており、展開ロケーションやイベント内容に応じてコンテンツをカスタマイズできます。

なお、開発基盤として、株式会社ハシラスのMeta Quest 2向けアプリケーションプラットフォーム「キネトスケイプ」を採用しています。キネトスケイプについての詳細は下記をご覧ください。

VR商談ツール「キネトスケイプ」
https://hashilus.co.jp/products/kinetoscape/

●アトラクションストーリー
自然環境を守るために開発された「エコスモ粒子」。 コスモバルーンの「コスモス号」は自然を守るために日々このエコスモ粒子を撒くお仕事をしています。 そんなコスモス号は自分たちの仕事やそのなかで観ている景色をたくさんの人に知ってもらいたいと徐々に思い始め、お客さんを乗せて遊覧飛行を体験してもらうことにしました。 コスモス号に乗って、共に美しい世界の空をめぐる旅に出発しましょう。

■城島高原パークでの展開について

大分県別府市の城島高原パークでは、2022年8月11日よりコスモバルーンを展開開始いたします。詳しくは公式Webサイトをご覧ください。

コスモバルーンVRワールドツアー | 城島高原パーク
https://www.kijimakogen-park.jp/pickup/cosmoballoonvr/


■作品概要
ジャンル: フリーロームVRアトラクション
タイトル: COSMO BALLOON コスモバルーン
プレイ時間: 最大約8分
プレイ人数: 1名~6名
プレイエリア: 7.7m × 4.2m
設置形態: 常設、イベント使用可能
アトラクション企画・制作: 株式会社ダイナモアミューズメント https://dynamoamusement.jp/
プログラム開発: 株式会社ハシラス https://hashilus.co.jp/
著作権表記: ©Dynamo Amusement / ©Hashius Co., Ltd.
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ハシラス >
  3. マルチプレイフリーロームVRアトラクション「コスモバルーン」が展開開始