- 「女性の『安全・安心』に関する意識調査」-犯罪被害を経験した女性の6割が「何もできなかった」と回答

実際の被害は「痴漢」「ストーカー」「盗撮」が上位

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:尾関一郎)は、10代以上女性(12-19歳50名、20-29歳100名(うち大学生58名)、30-39歳50名の計200名)を対象に、「女性の『安全・安心』に関する意識調査」を実施しました。 
ネット・SNSのトラブルや悪用に関する項目も設定し、身近な犯罪被害の原因になり得る、ネット環境への意識についても調査しました。

◆すべての調査結果は以下のURLからダウンロードしていただけます。ぜひ、ご活用ください。
URL:https://www.secom.co.jp/corporate/release/2020/pdf_DL/nr_20200728.pdf
  • 調査結果の概要
・約6割の女性が犯罪被害の不安を感じ、3割以上が実際に犯罪被害を経験。
 実際に被害にあったことは1位「痴漢」、2位「ストーカー」、3位「盗撮」。

・犯罪被害にあった人の中では約6割が「何もできなかった」と回答。
 護身グッズや防犯グッズの使用はわずか3.9%に留まる。

・ネットやSNSのトラブルでは「SNS投稿での勝手な写真公開、タグ付け(62.5%)」
 「ネットストーカー(25.0%)」と、個人の特定に関する被害が上位に。

・ネットでのトラブルやSNS悪用の被害に合わないための対策は「PC、スマホにパスワード
 を設定(59.0%)」が最も多い結果に。一方、約2割は対策をしていないことが判明。

・歩きスマホをする人は3年連続※で75%を超える結果に。10代は82.0%、20代は83.0%が
 歩きスマホをすると回答。20代のうち大学生はわずかに高く86.2%となった。

※2018年においては「日本人の不安に関する意識調査」の同設問。
【調査概要】
・調査期間: 2020年6月23日~24日
・対 象: 10代から30代の女性200名
(12-19歳50名、20-29歳100名(うち大学生58名)、30-39歳50名)
・方 法: インターネットによるアンケート回答方式


■「女性の『安全・安心』に関する意識調査」結果

  • 約6割の女性が犯罪被害の不安を感じ、3割以上が実際に犯罪被害を経験。実際に被害にあったことは1位「痴漢」、2位「ストーカー」、3位「盗撮」。


女性が巻き込まれる犯罪被害に関して、不安に感じたこと、および、被害にあった経験【図1】を聞いたところ、57.0%がこれまでに何らかの不安を感じており、33.5%が実際に被害にあった経験があることがわかりました。
具体的な内容は、1位「痴漢(不安を感じた:35.0%、被害にあった:22.5%)」、2位「ストーカー(不安を感じた:25.5%、被害にあった:10.5%)」、3位は不安を感じたことでは「ネットでのトラブル、SNS悪用(22.0%)」、実際に被害にあったことでは「盗撮(5.0%)」となりました。

 

 
  • 犯罪被害にあった人の中では約6割が「何もできなかった」と回答。護身グッズや防犯グッズの使用はわずか3.9%に留まる。


実際に犯罪被害にあった女性にどのような対応をしたか【図2】を聞いたところ、「何もできなかった(58.8%)」と回答した人が最も多く、昨年の49.0%より増加する結果となりました。
「護身グッズや防犯グッズを活用した」と回答した人は3.9%と昨年の0.0%と比べるとわずかに増えたものの、女性の防犯対策として導入や活用が浸透していないことが明らかになりました。

 
  • ネットやSNSのトラブルでは「SNS投稿での勝手な写真公開、タグ付け(62.5%)」「ネットストーカー(25.0%)」と、個人の特定に関する被害が上位に。


ネットでのトラブルやSNS悪用の被害にあった女性に、具体的にどのような被害を経験したか【図3】を聞いたところ、「SNS投稿での勝手な写真公開、タグ付け(著作権・肖像権侵害・個人情報流出)」と回答した人が62.5%と最も多く、昨年の4位から大きく順位を上げました。次いで「ネットストーカー(25.0%)」が2位となり、SNSやネットにおける個人の特定に関するトラブルへの回答が上位となりました。

 
  • ネットでのトラブルやSNS悪用の被害に合わないための対策は「PC、スマホにパスワードを設定(59.0%)」が最も多い結果に。一方、約2割は対策をしていないことが判明。


ネットでのトラブルやSNS悪用の被害対策【図4】を聞いたところ、1位「PC、スマホにパスワードを設定(59.0%)」、2位「信頼できないWiFiを使わない(38.5%)」、3位「必要ない通信機能はオフにしている(26.0%)」となりました。第三者からの不正なアクセスや情報漏えいに対する警戒意識が高まっていることが見て取れます。
一方、17.5%の人が「特に対策をしていない」と回答し、対策が講じられていないことが判明しました。

 
  • 歩きスマホをする人は3年連続で75%を超える結果に。10代は82.0%、20代は83.0%が歩きスマホをすると回答。20代のうち大学生はわずかに高く86.2%となった。


歩きスマホをすることがあるか【図5】を聞いたところ、「はい」と回答した人は全体で77.5%でした。
年代別でみると、10代は82.0%、20代は83.0%が歩きスマホをすると回答し、20代の中でも大学生は86.2%と歩きスマホをする人の割合がわずかに高い結果になりました。

  • 〈もしもに備える、セコムのおすすめサービス〉

「ココセコム」「ココセコム」


①「ココセコム」

GPSを使った位置情報提供システムです。大切な人や物の位置が確認できるほか、ボタンを押すだけで万一の時はセコムへ通報でき、要請に応じて警備員が駆け付けます。暗い夜道などで不安なときは自動通報機能「みつめてコール」をセットすると安全な場所までセコムが見守ります。

◆料金基本料金:900円/月(税別)~
加入料金:5,000円(税別)
※別途、充電器代金、位置情報提供料金、現場急行料金が発生します。

>サービス詳細
https://www.855756.com/


②「セコムあんしん宅配ボックス」
 

「セコムあんしん宅配ボックス」「セコムあんしん宅配ボックス」

「セコム・ホームセキュリティ」と連携することができる宅配ボックスです(オプションサービス)。荷物が収納されるとお客様のスマートフォンなどにお知らせします。荷物保管中の不正な扉の開閉などをセンサーで監視し、異常があったときはセコムの警備員が駆け付けます。

◆料金標準小売価格:105,700円(税別)
※「セコム・ホームセキュリティ」ご契約先特別価格:83,500円(税別)

工事料金:35,000円(税別)

>サービス詳細
https://www.secom.co.jp/homesecurity/goods/takuhaibox.html



③「女性のためのあんしんライフnavi」

女性の防犯・防災対策情報サイト 「女性のためのあんしんライフnavi」女性の防犯・防災対策情報サイト 「女性のためのあんしんライフnavi」


「セコム・女性の安全委員会」による女性の防犯・防災対策情報サイトです。「安全のプロとしての視点」と「女性ならではの視点」で、防犯、防災、ネットセキュリティ対策を紹介し、女性の安全にかかわる啓発活動を行っています。

>ウェブサイト
https://www.secom.co.jp/anshinnavi/

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. セコム株式会社 >
  3. - 「女性の『安全・安心』に関する意識調査」-犯罪被害を経験した女性の6割が「何もできなかった」と回答