生産の不安定さが価値に変わる。 福祉施設の商品との新たな出会いの場 「再入荷未定ショップ」11/4(水)オープン。

徹底的に向き合って作り出される一点ものの商品たち。 今だからこそ、人とモノとの古くて新しい関係性を求めて。

「異彩を、放て。」をミッションに掲げ、福祉を起点に新たな⽂化を創る株式会社ヘラルボニー(本社:岩手県花巻市/代表取締役社⻑:松⽥崇弥)は、⼀般社団法⼈ 障害攻略課(理事:澤⽥智洋)、⼀般社団法⼈Get In Touch(代表:東ちづる)、NPO法⼈ D-SHiPS32(代表:上原⼤祐)と4社合同で、障害のある方々が作り出す、一つひとつが違う商品を扱うオンラインストア「再入荷未定ショップ」を11/4(水)10:00に開設いたします。
再入荷未定ショップURL:https://www.sainyuka-mitei.com/


■再入荷未定ショップとは 

ものの「安定供給」が前提となっている時代において、
不安定供給の面白さや素晴らしさを社会に提案していくお店です。
産業革命、そして20世紀にフォード式生産方法がはじまるまで、
ものというのは供給が不安定でした。
でも、だからこそ人は、作った人に感謝をし、ものを愛しみ、
大事に扱っていたのではないでしょうか。
再入荷未定ショップは、そんな、
人とものの古くて新しい関係性を取り戻します。

川口太陽の家(工房集)・ステンドオブジェ川口太陽の家(工房集)・ステンドオブジェ

 

 

むつみ工房・koyoさんのマフラー(どちらかといえばS)むつみ工房・koyoさんのマフラー(どちらかといえばS)

福祉施設の商品との新たな出会いの場となる再入荷未定ショップは、二度と同じものを生み出せない、唯一無二の商品を取り扱います。 

ものに徹底的に向き合うからこそ、生産が不安定になり次いつ入荷するのかわからない。 
その待っている間のドキドキを、不安定供給の「価値」と捉えて社会に提案します。 

■オンライン記者発表会のお知らせ 

 本件に関しまして、同プロジェクト主宰の4団体・社の代表が出席するZoomによるオンライン記者会⾒を11/4(水)10時より開催いたします。参加希望のメディア関係者の⽅は、事前に事務局までご連絡ください。 

アクセスIDをご案内させていただきます。
恐れ⼊りますが、11/3(火)までにご連絡をお願いします。 

▼11/4 オンライン記者会⾒ 申込先 
⼀般社団法⼈ Get in touch広報担当:大柳(sainyuka.mitei@gmail.com) 

■オンラインストア情報 

【URL】https://www.sainyuka-mitei.com/ 

■商品情報(一部)

 

 

工房ぱれっと・ L-O-V-E moment by Koichi Yasukawa工房ぱれっと・ L-O-V-E moment by Koichi Yasukawa

制作された安川の「動」や「静」の生きているその瞬間が伝わってくるこのオブジェは、" L-O-V-E moment" と名付けられ、一点ものならではの魅力を放っている。


 

信楽青年寮・5寸皿(淡ビードロ信楽青年寮・5寸皿(淡ビードロ

 

制作過程に、複数人が携わってひとつの作品を仕上げる信楽青年寮。形を整えるのが得意 な人、絵を付けるのが得意な人。彼らならではの過程を経てできあがる、滋賀県甲賀市の伝統的な作品。


■4団体代表のメッセージ
 


澤田智洋(一般社団法人 障害攻略課|理事)

障害のある人が、つくったものが好きだ。工房で、手作業で、独特の感性でつくられたものたちは、世界にひとつだけのものだからだ。なくしたり、壊したりしたら、二度と同じものは手に入らない。だからこそ愛おしい。ある日、ふと言葉が浮かんだ。「再入荷未定」。そう、商品の量産化や再入荷が当たり前の時代にあって、再入荷未定のものをつくりつづけている福祉の現場。その素晴らしさを、古くて新しいものづくりの在り方を、もっと多くの人に届けたいと思います。

 


東ちづる(一般社団法人Get In Touch|代表)

全国各地のアート活動をする福祉施設さんにお邪魔しています。素晴らしい作品、キュートでユニークなグッズに囲まれて、利用者さんも支援員さんも私たちもニコニコ。つい長居しちゃいます。「販路がない」「安定供給できない」「手が回らない」。こんな理由で、作品やグッズが知られていないのは、もったいない!あの居心地の良さもシェアしたい! 初めての挑戦で右往左往もしていますが、こうして皆んなで繋がれば何とかなるはずです!

 


上原大祐(NPO法人 D-SHiPS32|代表)

マスクプロジェクトで集まった4団体でまた新しく、そして素敵な活動が出来る事を嬉しく思います。「知る」から生まれる事がこの世の中には沢山あります。今回のプロジェクトはまだまだ皆さんが知らないとても素敵な作品を手にする機会、そして世の中には沢山の素敵な作家がいる事を知る機会です。いつ買えるか分からない。いつ届くか分からない。そんなワクワクを楽しみながら是非福祉の世界の「知る」を体験してみてください。

 


松田崇弥(株式会社ヘラルボニー|代表取締役社⻑)

「納期が守れない」のではなく「納期を守る気がない」人たちがいる。いまの経済は、私たちが自分たちの都合のいいように、ルールを押し付けている。だからほんとうは「できる」ひとたちが「できない」とされてしまっている。 納期アリよりも、納期ナシのほうが、買う側も、作る側も、実はきもちがいいんじゃないの。すこぶるカッコいい商品が生まれるんじゃないの。これはショップの皮をかぶった社会運動である。再入荷未定の名のもとに集ったキラリと光る銘品たちをご覧あれ。

■会社概要

会社名 : 株式会社ヘラルボニー
代表者 : 代表取締役社長 松田 崇弥|代表取締役副社長 松田 文登
所在地 : 〒025-0003 岩手県花巻市東宮野目1地割2番地
設立  : 平成30年(2018)年7月24日
URL       : http://www.heralbony.jp (コーポレートサイト)
             :  https://www.heralbony.com(ブランドサイト)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヘラルボニー >
  3. 生産の不安定さが価値に変わる。 福祉施設の商品との新たな出会いの場 「再入荷未定ショップ」11/4(水)オープン。