TechBowl、エンジニア採用担当者のためのブートキャンプ「TechTrain for HR」を2020年10月より開始。

〜3ヶ月・完全オンラインで企業のエンジニア採用担当を育成〜

株式会社TechBowl(所在地:東京都港区、代表取締役:小澤 政生)は、2020年9月8日、エンジニア採用担当者のためのブートキャンプ「TechTrain for HR」の受付を開始しました。オンライン完結で人事担当者向けにITエンジニア採用(以下「エンジニア採用」)の業務改善講座を開催します。10月6日から開始予定。先着10名。3ヶ月で全24回開催予定。費用は30万円(税抜)。
 


TechTrain for HRサイト:https://techbowl-japan.github.io/techtrain-for-hr-lp/
 


■背景
- エンジニア採用ができる採用担当者が不足している。

昨今各所で注目が集まるDX(デジタルトランスフォーメーション)の影響からもエンジニアを自社で雇用する企業が増え、エンジニアの求人倍率は新型コロナウイルスの影響下でも6.6倍(※)と売り手市場となっています。エンジニア採用の遅れ・失敗は多くの企業にとって事業成長の鈍化や、DXを推進できないなどの経営課題にまで繋がります。そしてエンジニア採用の大きな課題として挙げられるのが、エンジニア採用業務を遂行できる採用担当者の不足です。

エンジニア採用は専門職の採用であることから最低限のエンジニアリング知識の理解が必要です。また、求人倍率の高い売り手市場の中で採用を成功させるためには、採用のマーケティング力、チームを牽引するマネジメント力、候補者を引きつけるためのコミュニケーション力など総合的な採用力が求められます。一方で、これらを併せ持つ採用担当者は非常に少なく、「エントリーシートの見方がわからない」「自社を魅力的に見せられない」「採用サービスを効果的に利用できない」などの声が多く聞かれます。
※パーソルキャリア株式会社 転職求人倍率レポート(2020年7月)より


- 短期集中型で総合的にスキルアップ。「エンジニア採用のプロ」になる。

本講座は3ヶ月の短期講座にて「エンジニア採用のプロ」になるためのスキルアップを目指します。短期間の講座ながら採用計画から入社まで採用業務の全行程を詳細に分解し、考え方や最新の取り組み、具体的な業務改善のポイントなどを総合的に解説します。講師は経験豊富な人事関係者がリレー形式で務めます。10名以下の少数クラスでコミュニケーションを大切にした講義を行います。また、卒業生同士のコミュニティや「TechTrain」に所属するエンジニアとの交流も予定しています。
 

 

 

  
- 「TechTrain」だからできるエンジニア視点を重視した講座

TechBowlは、若手エンジニアのスキルアップと就職支援を行う「TechTrain」を運営する中で、多くのエンジニアの就職状況を見てきました。その中でエンジニアがスキルアップをしても採用担当者が適切なエンジニアを見つけ効果的なアプローチができていないことを課題に感じ、本講座を開講することにしました。
「TechTrain」には40社80名を超える各社のCTO・TechLeadといったトップクラスのエンジニアが多く所属しています。また自分のスキルを最大限活かせる就職先を探しているエンジニアも多く所属しています。本講座はこのような「TechTrain」のトップクラスのエンジニアと就職活動中のエンジニアから意見や情報を組み上げ、より実践的な講座内容を作成しました。また代表取締役の小澤は株式会社サイバーエージェントにて採用責任者を務めていた経験を持ち、体系だった採用業務知識を提供します。更に外部からも著名な採用担当者を招き、より実践的な内容を盛り込んでいます。
 

 

中島 佑悟 氏
エンジニア採用サービスの営業を経て複数社の採用コンサルティングを行う。Python/GASを利用した業務改善が得意領域。著書に「採用・人事担当者のためのITエンジニアリングの基本がわかる本」

 

株式会社Catalys
代表取締役社長
田村 博司 氏

株式会社リクルート新卒入社。Indeedの国内エンジニア採用、リクルートのスペシャリスト採用の立ち上げ、採用責任者などをはじめ人事領域を担当後、2020年に独立し組織人事コンサルティング会社を設立。

 

ナイル株式会社
社長室 採用人事マネージャー兼広報
渡邉 慎平 氏

慶應義塾大学卒業。ナイル株式会社に新卒入社。Webコンサルタントとして300社以上のマーケティング支援に携わり、30名弱の組織マネジメントを経験。2018年5月に社長室に異動し、採用と広報を所管。

 

株式会社フクスケ
代表取締役
小林 大介 氏

VOYAGEGROUP新卒入社。累計3万人以上のエンジニア学生が利用する「サポーターズ」一人目の社員としてRACA業務、支社立ち上げ、エンジニア支援事業責任者など6年間従事。XRベンチャー人事責任者をへて大企業向けクラウド型制度構築Saasを提供する当社を2019年設立。

 

株式会社TechBowl
代表取締役
小澤 政生 氏

元サイバーエージェント採用責任者。7年で約15,000人のエンジニア候補者と面談。エンジニア採用・育成・評価など経験。2018年TechBowl創業。有名企業のエンジニアから実務が学べるオンラインコミュニティTechTrainを展開。
 

 



<株式会社TechBowlとは>
TechBowlには「Tech(技術の)」「Bowl(サラダボウル)」という意味を込めています。様々なバックグラウンド、技術を持ったエンジニアが集い、混ざり、気づき、挑戦することで、1人ひとりが鮮やかに働く場を創ります。有名企業のエンジニアから実務を学べるオンラインコミュニティ「TechTrain」を運営し、次世代エンジニアの育成に取り組んでいます。また、各企業のCTOや採用担当者、TechTrainメンターと実践型開発ネタ「MISSION」を企画し、TechTrainユーザーが実務に近い開発を経験できる場を提供しています。サービスリリースから1年3ヶ月でユーザー数1,500名を突破し、40社80名の現役エンジニアがサポートします。

■TechTrain:https://techbowl.co.jp/techtrain
■Twitter:https://twitter.com/TechBowl1
■note:https://note.com/techbowl

<TechTrainとは>
株式会社TechBowlが運営する有名企業のエンジニアから実務が学べるオンラインコミュニティ。2019年5月にサービスをリリースし、1年3ヶ月でユーザー数は1,500名を突破しています。現在13歳から30歳までの幅広いエンジニアに利用いただいています。登録ユーザーは、トップエンジニアに開発アドバイスやコードレビューを受けることが可能です。また、各社のCTOや採用責任者、TechTrainメンターと共同で企画したオンライン完結型のインターン「MISSION」では、プログラミングスキルの向上だけでなく、各社の事業、技術、そしてカルチャーに触れることができます。https://techbowl.co.jp/techtrain/

<代表取締役/プロフィール>
■小澤 政生 / オザワ マサオ 

2010年株式会社サイバーエージェント入社。2012年より同社にて技術職採用の関西エリア立ち上げを経験。7年間で約15,000人の候補者と対話。2017年新卒採用責任者として約200名の採用戦略、育成を担当。会社説明会を廃止し、オンライン会社説明会「サイブラリー」を仕掛けたり、各所で多数講演。2018年10月19日に株式会社TechBowlを創業。自身の経験を生かし、次世代のプロエンジニアを増やす仕組みを生み出す。
https://note.mu/ozamasa0928/n/n452d93ef5c53


 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社TechBowl >
  3. TechBowl、エンジニア採用担当者のためのブートキャンプ「TechTrain for HR」を2020年10月より開始。