関西ペイントと日本IBM、DX推進に向けてパートナーシップを強化

関西ペイント株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:毛利 訓士、以下 関西ペイント)と日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、社長:山口 明夫、以下 日本IBM)は、関西ペイントが全社的に取り組んでいるデジタルトランスフォーメーション (DX)の推進に向け、両社のパートナーシップを強化することを決定しました。

関西ペイントは、「人と社会の発展を支える」を企業理念に掲げ、第16次中期経営計画(16中計)を現在推進しております。その16中計の重点施策の一つである「資本生産性・収益性の向上を伴う利益成長」の一環として業績改善分科会を立ち上げ、業務プロセス変革とITインフラの強化を進めるにあたり、この度、日本IBMと戦略的パートナ―シップを強化します。

業績改善分科会は2020年4月に社長直轄プロジェクトとして発足し、現場の課題や改善提案を吸い上げるというボトムアップ型のアプローチを採用して活動を進めております。それら課題の解決策として業績改善分科会で導きだしたDX推進を加速させるため、さまざまな企業等のDXを支援してきた豊富な実績やスキルをもち、共に取り組み、実現することができるプロフェッショナルなパートナーが求められていました。

このような背景のもと、今回、関西ペイントはDXにおける包括的な契約を日本IBMと締結しました。同社における協働の取り組みの第一弾として、2021年度末までに各種ITプラットフォームの刷新を実施します。今後、関西ペイントは日本IBMとのパートナーシップを通じ、最先端のテクノロジーを活用することでDXを推進し、継続的な企業価値の向上を図っていきます。

日本IBMは、お客様のDXに共に取り組むことを推進することを目指し、本年5月に「デジタル変革パートナーシップ包括サービス」を発表しました。グローバルや国内で培ってきた豊富な実績やスキルを活用しながら、関西ペイントのDXの推進と実現に向け、強固なパートナーシップを確立していきます。

IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。
  1. プレスリリース >
  2. 日本IBM >
  3. 関西ペイントと日本IBM、DX推進に向けてパートナーシップを強化