大型和傘「Nodate」 3月22日発売

進む屋外スペースの活用に新たな選択肢を、パラソルのように使いやすい野点傘 現代技術と伝統のコラボレーションで誕生

大型膜面構造物(テント構造物)を手がける太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、社長:荒木秀文)は、このたび、パラソルのような使い方ができる大型和傘「Nodate」を発売いたします。

新型コロナウイルス感染対策のため屋外スペースを活用する飲食店や観光地が増えつつあります。 そこで使用されるのがパラソルやシェルター、日本の伝統的な野点傘です。野点傘はその「和」を感じさせる佇まいから日本の屋外空間を彩ってきましたが、サイズに限界があり機能面などの影響から実際の使用シーンが限定されていました。

野外スペースの活用が進んでいる今、訪れる人々に「和」の雰囲気を楽しんでもらうために屋外でも「和」の佇まいを保てないか。もっと使いやすい野点傘を作れないか。そんな想いから、京都唯一の和傘屋である「日吉屋」と膜構造の建築物を得意とする当社とのコラボレーションで本製品の発売が決定いたしました。
 
製品概要
商品名:大型和傘「Nodate」
販売日:2021年3月22日
販売先:和風店舗や都市のオープンカフェ、​寺社仏閣や景勝地の休憩スポットとして​
販売価格:99万円(電動開閉)75万円(手動開閉)※税別
カラー:赤(標準色)、紫(標準色)、緑(特別色)、紺(特別色)
製品URL:https://www.taiyokogyo.co.jp/blog/news/a268


製品寸法・仕様
■仕様
製品サイズ:直径4020mm/高さ2800mm
フレーム:アルミ押出し材 (カラー:ブラック)
キャンバス:アクリル仕様撥水加工
本体重量:95kg
ウエイト使用枚数:コンクリート使用枚数16枚(270kg)

■操作
手動式:据置き式 ハンドル手回し
電動式:リモコン自動開閉


製品設置イメージ

飲食店
 

寺院仏閣、庭園
 


都市のオープンカフェ
 

観光地・景勝地

株式会社日吉屋
所在地:京都市上京区寺之内通堀川東入ル百々町546
創業:江戸時代後期(法人改編平成15年10月)
代表者:代表取締役 西堀耕太郎
事業内容:京和傘、和風洋傘、和風照明、提灯、野点用品、体験工房
公式HP: https://www.wagasa.com/

太陽工業株式会社
太陽工業は、社会価値の最大化を目指す「膜構造のリーディングカンパニー」です。軽くて丈夫な素材の特性を活かし、巨大ドームの屋根に象徴される各種建築事業をはじめ、土木や物流、さらには環境分野などにも製品を展開しています。特に近年では、各地で多発する災害時の緊急対応や、新型コロナ対策の医療用テント、お見舞い用防護スーツでも社会の注目を集めつつあります。
公式HP:https://www.taiyokogyo.co.jp/index.html

【素材ダウンロードURL】
共通PASS:taiyo  画像素材: https://bit.ly/3rNEtfJ
※素材は報道目的以外にご使用されないようお願いいたします。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 太陽工業株式会社 >
  3. 大型和傘「Nodate」 3月22日発売