自動運転バスが市内の一般公道を走行する「塩尻型次世代モビリティサービス実証プロジェクト」を実施

一般財団法人塩尻市振興公社(理事長:古畑 耕司)、長野県塩尻市(塩尻市長: 小口 利幸)、アルピコホールディングス株式会社(本社:長野県松本市、代表取締役社長:曲渕 文昭)、アイサンテクノロジー株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:加藤 淳)、株式会社ティアフォー(本社: 愛知県名古屋市、代表取締役社長:武田 一哉)、損害保険ジャパン株式会社(本社: 東京都新宿区、代表取締役社長: 西澤 敬一)、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠)は、埼玉工業大学(本部:埼玉県深谷市、学長:内山 俊一)と連携し、2020年11月24日から27日の間、塩尻市内の一般公道におけるバス型自動運転車両を用いた走行実証実験「塩尻型次世代モビリティサービス実証プロジェクト」(以下 本プロジェクト)を行います。

詳細につきましては別紙(https://www.aisantec.co.jp/ir/library/ir-releases/zm20201118.pdf)をご覧ください。
  1. プレスリリース >
  2. アイサンテクノロジー株式会社 >
  3. 自動運転バスが市内の一般公道を走行する「塩尻型次世代モビリティサービス実証プロジェクト」を実施