プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

吉本興業株式会社
会社概要

「#Twitterトレンド大賞」特別企画2021年をTwitterで振り返る事前配信番組「#Twitterトレンド大賞」アニメトレンド2021 事後レポート

豪華ゲストたちが2021年をツイートともに振り返り、「#Twitterトレンド大賞」アニメ部門賞を大予想 小西克幸 鬼滅 宇髄天元役「今まで繋いできたものを大事に」

#XTrendAward実行委員会

12月20日(月)に開催される「#Twitterトレンド大賞」に先がけて、毎週土曜日全4回にわたり事前番組を公式Twitterアカウントにて生配信いたします。
また、事前番組第3回となる「#Twitterトレンド大賞」アニメトレンド2021を12月11日(土)に、公式Twitterアカウントより生配信いたしました。

本番組では、MCの田村淳さんと、天の声に新祐樹さん、ゲストにお笑い芸人の向清太朗(天津)さん、声優の小西克幸さん、日向未南さん、元NMB48で、現在は声優としても活躍する三田麻央さん、VTuberの叶(にじさんじ)さんが登場し、「アニメ」をテーマにトレンドワードをピックアップしながら2021年を振り返りました。 番組内では月ごとにトレンドワードを紹介し、話題になった事柄をスタジオゲスト陣が掘り下げました。
 

  • 「#Twitterトレンド大賞」アニメトレンド2021生配信の様子
番組冒頭で、MCである田村淳さんから「#Twitterトレンド大賞」についてご紹介。コロナ禍の中でも、東京オリンピックの開催など、不自由ながらも人々が希望に向かって歩いてきた中で、Twitterだからこそ生まれ得たトレンドに光を当てようという開催の想いに触れながら「#Twitterトレンド大賞」の概要をご紹介いたしました。
番組本編では1月から11月までのアニメに関するトレンドワードを、トークを交えながら振り返り、『東京リベンジャーズ』や「ジョジョ6部」などのトレンドワードが登場しました。
1月~11月のトレンドワードを振り返り終わり、田村淳さんは「一年振り返って知らないものに出会えるっていいことですよね。僕も今回トレンドに上がってたのに見れなかったアニメとかも気づけたので、そういった意味でこういう番組はいいですよね」と、コメント、また小西克幸さんは「皆さんがいろんなアニメ教えてくださって、観たいものがたくさんできたので、今日家帰ってチェックしてみたいと思います」と感想を語りました。1月~11月でピックアップしたトレンドワードについては下記で詳しく触れていきます。

  • 1月から11月のトレンドワード ピックアップ
1月: モルカー、無職転生
子供向けバラエティ番組「きんだーてれび」内で放送された1話3分のショートアニメで、モルモット製の車“モルカー”たちが巻き起こす本格的なアニメーションとその見た目にそぐわないハードな展開が大きな話題を呼びました。Twitter上では「最近じわじわ来てたモルカーの1話と3話配信で見た!いや~話題になるのも納得の可愛さだね、それでいて結構シュールw子供向けと思いきや人間の愚かさを風刺してる節もあるし。運転の仕組みがどうなってるのか気になるw」というツイートやおにぎりや羊毛フェルトでモルカーを作るユーザーも現れ、見た目と内容のギャップにはまる人が続出しました。このツイートに対し向さんは「社会風刺がありながらもモルカーに癒されるプラス、鬱屈とした世界を忘れさせてくれる作品ですよね。」と、作品に対し称賛の言葉を送りました。

1月から始まった新作アニメの中でもライトノベルサイトで2013年10月から5年以上ランキング1位をキープした伝説の作品『無職転生』がアニメ化され話題に。Twitter上では今まである転生系の作品とは違った構成内容や、作品の世界観に重要な美術の設定、作画が非常に細かい点が評価されました。淳さんは非常に細かい作画や美術を実際に見たうえで、「これ、俺追えるかなあ、他人に言われてようやく気づけるレベルかも」と弱気なコメントをすると向さんは「一緒に見て、そのシーンになったら(淳さんの)肩を僕がポンと叩きます!」と、淳さんをアニメ好きの道に引きずり込んだ「アニメの師匠」としての一面を見せてくれました。

2月、3月:シンエヴァ
1995年からスタートし、絶大な人気を誇ってきたアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の劇場版最新作にして完結作『シン・エヴァンゲリオン』が公開され、作品の公開を待ちに待ったファンの歓喜のツイートがTwitter上で多数見られました。さらにあまりの人気に映画視聴前にネタバレを見てしまうことを避けるため、公開前からネタバレ行為はやめようと互いに呼びかけるツイートも多くされました。大のエヴァファンと公言する日向さんは「私のホームジャンルです。今年5回行きました。お話が重いんで、一回ごとの心のダメージが尋常じゃないんですよ。でも次の週には観に行っちゃって。そのくらいすごい作品なんですよね。」と熱弁しましたTwitter上では「観た!良かった!よかった!ありがとう!ありがとう!25、6年の#エヴァ人生補完計画が完遂された!嗚呼こんなにも嬉しいことはない!喜びでココロが満たされている! さらば、全てのエヴァンゲリオン でも、叫びたい!アスカー!好きだー!」と多くのファンが完結を労いました。スタジオでは25年続いた作品の歴史を番組がまとめたエヴァンゲリオン年表を発表。まだエヴァを観たことがないと言う小西さんは「え、じゃあ俺も劇場版だけ観れば『俺観たぜ』って言っていいの!?」とコメントすると、すかさず向さんから「そんなマウントは取らないでください!」とツッコミ。会場は笑いに包まれました。

4月: 東京リベンジャーズ、スーパーカブ、ジョジョ6部アニメ化、 #極主夫道
週刊少年マガジンで連載されているヤンキー漫画『東京リベンジャーズ』のアニメ化が話題にに。Twitter上では東京リベンジャーズ風ネイルを施したツイートや、キャラクターが発する「日和ってるやついる?いねえよなぁ!」というセリフを使ったツイートが爆発的に増加、若者の中でも日常的に使用する人が増加し大流行となりました。天の声でありながら、このアニメの主人公の花垣武道役を務める新祐樹さんは「感情の揺れ幅がすごくて、起きる展開もシリアスからポップまで幅広いので、演じるのが大変です。視聴者さんもジェットコースターみたいな感情になってるんじゃないかなと思います。」とキャラクターを演じながら自身が感じた思いを交えながらコメント、大人気の『東京リベンジャーズ』ならではの声優としての演技の難しさを語りました。

中古のスーパーカブを買った女子高生の青春ストーリーを描いたTVアニメ『スーパーカブ』がトレンド入り。登場人物のキャラクター性だけではなく、「何気ない日常の美しさ」を徹底的に追求した映像美が魅力で、まるで短編映画のような第一話の静謐な雰囲気は Twitter 上でも大きな話題になりました。Twitter上では自身のスーパーカブに関する思い出を語るツイートや、アニメの影響でスーパーカブを買った人も現れるなど、盛り上がりました。このアニメに生徒役で出演した日向さんは「事務所の先輩がメインで出ていたおかげで出演させてもらったんですけど、独特な日常アニメで、あったかい気持ちになれます。」とコメント。このアニメの見どころを語りました。

裏稼業で名を馳せた主人公が、主夫となり日常生活を過ごすアットホームなコメディで、360万部を売り上げた大人気コミック『極主夫道』がトレンド入り。Twitter上では原作者であるおおのこうすけさん自身の「今日から #極主夫道 や #不死身の龍 と Twitter で打つと龍の絵文字がでるようになりました。すごい。なぜか #おおのこうすけ と自分の名前でも出る仕様」というツイートや、スーパーのチラシ風の広告が話題となりました。 大人気アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」第6部のアニメ化が発表され、大きな話題となりました。Twitter上では「いつなんだ、いつなんだと時々話題に上がっていたけど、ついにジョジョ6部アニメ化が発表!徐倫(じょりーん)を担当されるのはファイルーズあいさん、ということで、PV の一言だけでも最高にハマってて、放送が楽しみになりました」と、主人公の声を務めるファイルーズあいさんに期待を寄せるツイートが多数されました。これに対し日向さんは「とある番組で一緒になったことがあって、そこで(ファイルーズさんが前作第5部の主人公)ジョルノのガチガチのコスプレしてきたことがあって、それでこの人『ジョジョ好きなんだな』って思って。Twitterでこれを知った時に思わず画面越しにおめでとう!って言っちゃいました。」と、大好きなキャラクターの声優を担当することが叶ったファイルーズあいさんの裏話を披露しました。

5月、6月: チェンソーマン
累計発行部数1100万部を突破している漫画「チェンソーマン」のテレビアニメのティザーPVが公開され、トレンド入りしました。Twitter上では「チェンソーマン、MAPPA やないか...結局 MAPPA に心臓握られっぱなしじゃん...」等PVを見たファンのツイートで盛り上がりました。スタジオでは実際にPVを視聴。叶さんは思わず「僕これ漫画で全部読まさせていただいてたんですけど、静かで重い感じが独特の世界感を表現していて、とってもかっこよかったです」とコメントし、世界観に引き込まれてしまう映像のすごさの感動を伝えました。また、三田さんも「タツキ先生って、人が本当は隠したいところを表現する才能がすごいんですよ!」と、原作者の藤本タツキさんの独特な作風や取り上げるテーマ、描写のすごさを語りました。

7月、8月: #ひぐらし卒、サマーウォーズの暗号
2007年に完結したアニメ「ひぐらしのなく頃に」がリメイクされて話題に。2007年のハッピーエンドを覆し、登場人物たちが前作を上回る惨劇に巻き込まれていく新しいシナリオであることが判明し、Twitter上で大きな話題になりました。Twitter上では原作で使われた楽曲が使われることで、往年のファンも楽しめる作品になっていることを評価するツイートが多くされ、ゲストの三田さんは「新エピソードってところにまず驚いたんですけど(いつものひぐらしと違って)今回の最終回は今までのように人間では覆せないような力が原因ではなく人間(本来の力)がそのまま出てて良かったし、有名なYouって曲も『最終回にこれぶっこんで来るかー!』という驚きもあって、私は大満足でした。」と作品のファンならではの、ツイートに大いに共感しながら語りました。

夏の風物詩となっている映画『サマーウォーズ』が放送、中でも主人公が解いた暗号を有名YouTuber「quizknock」が動画にし、話題となりました。Twitterでは「クイズノックって YouTube チャンネルでサマーウォーズの暗号を解いてみるって動画があったから見たんだけど、何回見ても頭脳のヤバさがわかる」とツイートされました。    

9月10月:無限列車、 #王様ランキング、ブルーピリオド
昨年も大変話題となった人気アニメ鬼滅の刃。今回は劇場アニメをテレビシリーズとして再構成した「鬼滅の刃 無限列車編」が10月10日よりスタートし、「無限列車編」の続編となる「鬼滅の刃 遊郭編」が12月5日より放送スタートするなど、ファンの注目を集めました。さらにこの12月より放映開始した新シリーズ『鬼滅の刃 遊郭編』における重要なキャラクターの一人であり、今回ゲストとして登場している宇髄天元役の小西さんは「皆が繋いできたものを大事にしようと思っています。最近はコロナの分散収録でスタジオに入れる人数って限られてるんですよ。だからこそ、今まで自分が影響受けてきたものを繋いでいかなくちゃとは思っています」と、今回のアニメに掛ける意気込みを語ってくれました。

アート系スポ根漫画である『ブルーピリオド』がトレンド入り。成績優秀・スクールカースト上位の高校生・矢口八虎が1枚の絵をきっかけに、美しくも厳しい美術の世界に身を投じ、国内最難関の美大を目指す姿に「良いアニメだよな。ここまで美術をちゃんと描いている作品は珍しい。そこだけでじゃなく、人間模様や心情の複雑さも良い」等若者たちの繊細な心情描写をアニメ好きがこぞってツイートし、盛り上がりました。これに対し叶さんは「努力との向き合い方についてが一番響いて、すごく考えさせられました。」とコメントしました。

十日草輔さんが原作を手掛ける「王様ランキング」がトレンド入り。体が小さく、非力で耳が聞こえず言葉も話せないボッジ王子が、いつか強い王になり「王様ランキング」で世界一になることを夢見て懸命に努力する姿を描く作品。     健気に努力する主人公の姿に心を動かされる人が続出。国内のみならず、海外でも爆発的人気を得ました。この作品で主人公の声を担当する日向さんは「演じながら泣くことがあります。ボッジってかわいいんですけど、めちゃくちゃかっこいいんですよ。勇気もありますし、耳が聞こえないというハンディキャップがる分、人のことをよく見ていたりとか。かわいいとかっこいいが共存する最高のキャラクターなんです。」とコメント。作品、キャラクターの魅力を熱弁しました。

11月:ネトフリ
「Netflix festival Japan2021」が開催され、今年、そして来年に配信される予定の Netflix アニメ、注目の 20 作品が発表され、話題となりました。スタジオでは20作品をまとめた画像が登場。なかでも注目されている作品をネットフリックス公式VtuberのN子・メイ・黒野さん[1] [2] が登場し、『スーパークルックス』『雨を告げる漂流団地』『バブル』を紹介しました。叶さんは3作品のうちから一番最後に紹介された『バブル』をピックアップし、「パルクールが題材になっているアニメって新しくていいですね、見てみたくなりました。」と、期待を寄せるアニメについてコメントしました。
  • 番組内ミニコーナー
■クイズ!ボイスシャッフル!
今年大活躍した声優のアテレコを聞き、スタジオ内でその声が誰なのかを予想するコーナー。Twitterでも話題となった「極主夫道」のワンシーンを見ながらアテレコの声の主をゲスト一同で予想しました。回答タイムでは叶さんが「小山力也さん」、淳さんが「山口勝平さん」と予想する中、正解はなんと「神谷明さん」。思わぬ大物声優の登場に、スタジオ一同が驚愕しました。
コーナーを終えて向さんは「神谷さんとは何度か飲みに行かせていただいていてるんです。(神谷さんの)直接いろんなキャラクターの生の声が入ってる目覚まし時計とかもプレゼントしていただいたことあるんですよ」とコメント。意外な交友関係にスタジオは盛り上がりました。

■#言葉があふれだすアニメ3選
Netflixとコラボし、スタジオに集結したアニメ好きゲストの方々にも「号泣したシーン」「声が出るほどかわいいキャラ」「朝まで語れるほど好きな作品」など、ついつい言葉が溢れ出してしまうアニメ・3作品をご紹介してもらうコーナー。中でも芸能界屈指のアニメ好きと言われる向さんは「オッドタクシー、Vivy、かげきしょうじょ!」の3作品をチョイス。特に『かげきしょうじょ!』では「少女漫画とは思えないほど超スポ根なんです!男性でも観れます!」と熱弁する途中でタイムアップ。思わず「30秒で語れるわけないよ!難しい!」と悔しがっていました。その他小西さんは「ウマ娘、鬼滅の刃、銀河漂流バイファム」、日向さんは「王様ランキング、KING OF PRISM、エヴァシリーズ」、叶さんは「鋼の錬金術師、ジョジョの奇妙な冒険、91Days」、三田さんは「ヨルムンガンド、AngelBeats!、ハチミツとクローバー」、田村淳さんは「ラブライブ!サンシャイン!、CLANNAD、宇宙よりも遠い場所」をそれぞれチョイス。好きなアニメを紹介しあい、盛り上がりました。

■今年の「#Twitterトレンド大賞」アニメ部門賞 予想!
最後に、12月20日の「#Twitterトレンド大賞」で発表される「#Twitterトレンド大賞 アニメ部門賞」をゲストたちが予想。叶(にじさんじ)さんは「東京リベンジャーズ」、小西克幸さんは「鬼滅2期」、向清太朗(天津)さんは、日向未南さんは「王様ランキング」、三田麻央さんは「チェンソーマン」と予想しました。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
ダウンロード
プレスリリース.pdf
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

吉本興業株式会社

4フォロワー

RSS
URL
-
業種
サービス業
本社所在地
東京都新宿区新宿5-18-21
電話番号
-
代表者名
岡本 昭彦
上場
未上場
資本金
-
設立
2007年10月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード