起業が気になる発達凸凹キッズのママ必見!発達科学コミュニケーション創始者のコラム連載はじめます

株式会社パステルコミュニケーション(本社:東京都豊島区、代表取締役:吉野加容子)が運営する、子どもの発達リサーチ機関「パステル総研」において、2020年8月13日より発達科学コミュニケーション創始者の吉野加容子による「時間と場所を選ばない ママの学び方・働き方」のコラム連載が始まります。URL:https://desc-lab.com/category/normal/mama-studywork/?prt0813
同時にPRTIMES STORY公開です。「発達科学コミュニケーションの創始者に聞いた、発達凸凹キッズを支援するママを支援する理由 」https://prtimes.jp/story/detail/qb2ol7uYZBD
 


「時間と場所を選ばない ママの学び方・働き方」コラム連載が本日8月13日より始まります。
コロナ以前からオンラインスクールを開業している、発達科学コミュニケーション創始者であり、女性起業家の吉野加容子による、コラム連載が始まります。

同時にPRTIMES STORY公開です。「発達科学コミュニケーションの創始者に聞いた、発達凸凹キッズを支援するママを支援する理由 」https://prtimes.jp/story/detail/qb2ol7uYZBD

背景
「ママみたいな生き方、かっこいいーね!」とお子さんに言われてみたくないですか?
発達障害グレーゾーンの子どもの悩みごと困りごとの解決はもちろんのこと、ママの意識の変化、学ぶ姿、働く姿、活き活きと過ごすママの背中を見せることが、お子さんへもいい影響を及ぼします。

発達科学コミュニケーションを学び続けているママたちは、我が子の発達の専門家になった後は、発達の専門家として一緒に学び続け活動しています。
発達科学コミュニケーションは、脳科学・教育学・心理学をベースとした脳を成長させることを目的とした教育です。

発達凸凹があるから…ではなく、子どもの脳の成長や才能の開花を、あきらめずに求め続けるママの習い事であり、ママのライフワークでありたい!と考えています。

毎月のコンサルティングで語られたこと、創始者吉野の起業の道のりや、自立しているトレーナーをどう育てているのか?働くママのヒント、企画アイデアはどのように生み出している?など、起業家としての側面からのメッセージを込めた連載を始めます。
URL:https://desc-lab.com/category/normal/mama-studywork/?prt0813

 

■パステル総研 代表 吉野加容子 プロフィール
発達科学コミュニケーショントレーナー。学術博士、臨床発達心理士。慶應義塾大学大学院(博士課程)修了。脳科学をベースにした発達障害の発達支援が専門。大学院卒業後、企業の脳科学研究や、医療機関での発達支援に従事したのち、脳科学、教育学、心理学のメソッドを合わせた独自の発達支援プログラム「発達科学コミュニケーション」で子どもの発達を加速する「発達科学ラボ」を設立し独立。


 書籍紹介  https://desc-lab.com/media/?prt08
「発達障害とグレーゾーン子どもの未来を変えるお母さんの教室」青春出版社
「脳を育てる親の話し方」青春出版社
「脳が喜ぶ子育て」世界文化社 


 

 

 ■会社概要
社名:株式会社パステルコミュニケーション
代表者:吉野加容子
所在地:〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階
事業内容:子育て講座の運営/発達に関するリサーチ・開発/起業支援事業
URL: https://desc-lab.com/


記事にするしないに関わらず、情報収集の一環としてお気軽にお問い合わせくださいませ。リサーチ・ご要望・ご相談などございましたらお気軽にお申し付けください。

 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パステルコミュニケーション >
  3. 起業が気になる発達凸凹キッズのママ必見!発達科学コミュニケーション創始者のコラム連載はじめます