リケンテクノス タイにて生産設備増強へ

リケンテクノス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:常盤 和明)は、関係会社であるRIKEN (THAILAND) CO., LTD.(本社:タイ国パトムタニ県、代表取締役社長:田村 昭裕)の生産設備を増設することといたしましたので、お知らせいたします。

 


経緯及び目的
現在、RIKEN (THAILAND) CO., LTD.は主にワイヤーハーネスを中心とした自動車部材用の塩化ビニルコンパウンドなどを製造しています。2020年の販売実績は新型コロナウイルス感染症の影響で伸び悩んだものの、2021年以降は年率で+3%以上伸びていくと予想されており、旺盛な需要に応えるため増設を決定いたしました。投資金額は約15億円で、2023年夏に本格稼働予定です。

リケンテクノスグループは、3ヵ年中期経営計画の主要課題の1つである「グローバル経営の深化とシナジー」を追求し、今後も科学の力のチャレンジメーカーとしてすべての生活空間に快適さを提供するリーディングカンパニーを目指してまいります。

■RIKEN (THAILAND) CO., LTD.の概要
1. 設立 1989年4月
2. 資本金 1億2,000万タイバーツ
3. 本社・工場 タイ国パトムタニ県
4. 事業内容 塩化ビニル成形材料の製造・販売

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リケンテクノス株式会社 >
  3. リケンテクノス タイにて生産設備増強へ