<長友選手専属の加藤超也シェフ監修>スポーツをする人に向けた日本初の「熟成ホップ入りソーセージ」INHOP×信州ハムで共同開発!

5月11日(火)より応援購入サービス「Makuake」にて、販売開始

 INHOP株式会社(本社:東京都中野区、社長:金子裕司、以下INHOP)と信州ハム株式会社(本社:長野県上田市、社長:宮坂正晴、以下信州ハム)は、長友佑都選手の専属シェフである加藤超也シェフとともに、日本初となるスポーツをする人のための「熟成ホップ入りソーセージ」を共同開発。5月11日(火)より、応援購入サービス「Makuake」にて「プレーン」と「スモーク&オニオン」の2種類のフレーバーを発売します。

特設サイト:https://www.makuake.com/project/inhop-sausage/

ビールの原料として知られるホップには、実は様々な健康への可能性が眠っています。そのホップをキリンホールディングスが10年にわたり研究を続け、様々な食品に利用できる健康素材として開発したのが「熟成ホップ」です。キリン発のベンチャーINHOP社では、この熟成ホップを使った様々な「思考する時間」をサポートする商品を販売しています。
熟成ホップの魅力をより広めたいと考えていた私たちが注目したのは「スポーツ」でした。きっかけは、アスリートの食のプロである加藤超也氏との出会いです。加藤氏はプロサッカー選手の長友佑都選手の専属シェフを務め、アスリートが食事にこだわることで、試合本番でのパフォーマンスが向上し、その姿に感動を覚える人がもっと増えるのではないかとの考えから、トップアスリートを食でサポートされています。その加藤氏からの「スポーツをする人に対してソーセージには大きなチャンスがある。」という言葉を受けて「スポーツをする人のためのソーセージ」というコンセプトが生まれました。

そのコンセプトをもとに、信州ハムとの共同開発で生まれた2種類のフレーバーの「熟成ホップ入りソーセージ」。「プレーンタイプ」はガーリックパウダーやトマトパウダーなどのスパイスを配合し、熟成ホップのほろ苦さを抑えた味わいです。そこに玉ねぎを加えスモークした「スモーク&オニオン」タイプも応援購入サイト「Makuake」にて発売します。 「Makuake」では、スポーツと食のスペシャリストの加藤シェフが考案した、熟成ホップ入りソーセージを使った「スポーツ弁当」もご紹介しています。スポーツをする子どもが最適な栄養を取れるよう考案されたオリジナルレシピ本も、リターンとしてご用意しています。子どもから大人まで楽しめる、健康とおいしさを追求した「熟成ホップ入りソーセージ」をぜひお試しください。

加藤超也シェフ コメント
プロのアスリートでも一般の方でも、コンディションを整えるためには、食事はとても大切だと考えています。スポーツをやっている子どもを持つ親御さんにとって、食事への意識はとても強いです。いいものを食べさせたい、でも何を食べさせたらいいかわからない、という悩みを多く聞きます。そんな悩みを解決できたらと思い、今回共同開発に参加しました。おいしさはもちろん、手軽さを兼ね備え、栄養値も高いソーセージを、食事やお弁当に取り入れていただけたら嬉しいです。


◆加藤シェフ考案、スポーツをするお子さんにおすすめの「スポーツ弁当」のレシピを「Makuake」にて公開
スポーツをする子どもが最適な栄養が摂れるように加藤シェフが考案した、熟成ホップ入りソーセージを使った「スポーツ弁当」をご紹介。「スポーツ弁当」のレシピをまとめたオリジナルレシピ本を、 「Makuake」のリターンをしてもご用意しています。

            ▲熟成ホップ入りソーセージ カレーピラフ弁当

            ▲熟成ホップ入りソーセージ チリコンカンドッグ

            ▲試食会でも子供たちが「おいしい!」と絶賛

おいしさと健康を追求した軽井沢工房とINHOPの共同開発
◆創業80年!ソーセージブランド信州ハムのおいしさは「軽井沢工房」
今回発売する「熟成ホップ入りソーセージ」は1941年からソーセージを作り続けている信州ハムが製造・販売する商品です。創業以来「より良い品を、より安く、より衛生的に」をモットーに、食品の安全性とおいしさを追求し、商品開発を進めてきました。その信州ハムのブランドである「軽井沢工房」で、今回は「熟成ホップ入りソーセージ」を商品化することになりました。
軽井沢工房は、熟練された匠の技と厳選された原材料を使用し、ドイツの技術と製法でハム・ソーセージをつくる工房です。ドイツ帰りの食肉マイスター監修によってつくり上げられる本場のハム・ソーセージの技術で、 「熟成ホップ入りソーセージ」を製造し、皆さまにお届けします。


◆INHOPが提供する健康素材「熟成ホップ」
ホップをキリンホールディングスが10年にわたり研究し続け、苦味を10分の1に抑えることで、様々な食品に利用できる健康素材として開発したのが「熟成ホップ」です。熟成させたホップを水で成分抽出する安全なプロセスによって製造されているので、お子さんにも安心してお摂りいただける素材です。INHOP社からは、この熟成ホップを使ったグミやサプリメントなどの「思考する時間」をサポートする商品も生まれています。
スポーツ時に、カラダを動かすうえで必要なのは糖質を中心としたエネルギー源であることはよく知られていますが、最新の研究では、運動のパフォーマンス維持には「思考力」も重要であることが分かってきました。
単純にカラダのエネルギーを補給するだけではなく、「思考を含めたサポート」ができれば、スポーツに打ち込む人にとって、新しい「スポーツ食」となります。今までにない「スポーツをする人のためのソーセージ」が生まれることを期待し開発された「熟成ホップ入りソーセージ」。プロのアスリートからスポーツに打ち込む子どもまで、すべての人の「運動する時間」を応援します。


商品概要
5月11日(火)より、応援購入サービス「Makuake」にて、販売いたします。
ぜひこの機会に、子どもから大人までおいしく食べられる、熟成ホップ入りのソーセージをお召し上がりください!

▼リターン一例

※さらに詳しい情報やリターンについては下記よりご確認ください。
URL:https://www.makuake.com/project/inhop-sausage/

◆「Makuake」とは
「Makuake」は、「⽣まれるべきものが⽣まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る世界の実現」をビジョンに掲げる、アタラシイものや体験の応援購⼊サービスです。全国100社以上の⾦融機関との連携により⽇本各地の事業者が活⽤しているほか、国内外の流通パートナーとも連携し、プロジェクト終了後も事業が広がるよう⽀援しています。
URL:https://www.makuake.com/
iOSアプリ :https://apps.apple.com/app/apple-store/id1274816320
Androidアプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ca_crowdfunding.makuake_android

◆INHOP株式会社について
INHOPは、人間のカラダの可能性を拡げてくれるホップを、現代社会を生きる皆さんの生活に役立てるために立ち上げられた、キリンホールディングスと電通グループのジョイントベンチャーです。ホップは、古くから人々の生活を支え続けてきたハーブ。現代のサイエンスを掛け合わせることで、ホップの新たな可能性を拡張し、現代の健康課題に希望を与えていく。これが私たちINHOPの使命です。「HOP for HOPE ホップの力を、みんなの希望に。」 INHOPの挑戦ににどうぞご期待ください。
URL: https://inhop.co.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/inhop.co.ltd/
Twitter: https://twitter.com/INHOP1

◆信州ハム株式会社について
信州ハム株式会社は、創業以来「よりよい品を、より安く、より衛生的に」をモットーに、食品の安全性とおいさを追求し、商品開発を進めております。
【信州ハム株式会社】
URL: https://www.shinshuham.co.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/shinshuham
Instagram: https://www.instagram.com/shinshuham_recipe/

【軽井沢工房】
軽井沢工房専用オンラインショップ: https://karuizawakb.official.ec/
Facebook: https://www.facebook.com/karuizawakobo/
Instagram: https://www.instagram.com/karuizawakobo/


<本リリース・商品リースに関するお問い合わせ>
INHOP PR事務局(株式会社アンティル内):根本・植村
TEL:03-6821-7863  FAX :03-6685-5265  MAIL: INHOP_2021pr@vectorinc.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. INHOP株式会社 >
  3. <長友選手専属の加藤超也シェフ監修>スポーツをする人に向けた日本初の「熟成ホップ入りソーセージ」INHOP×信州ハムで共同開発!