パウダーエリアやスノーアウトドアエリアを拡充して「白馬岩岳スノーフィールド」が12月17日より、2021-2022 冬季シーズン営業開始

〜ティーラテと焼き立てスコーンの専門店「CHAVATY HAKUBA」も冬季オープン〜

 株式会社岩岳リゾート(本社:⻑野県北安曇郡白馬村、代表取締役社⻑:和田寛、以下「岩岳リゾート」)が運営する「白馬岩岳スノーフィールド」は、2021年12月17日(金)より2021-2022 冬季シーズンの営業を開始いたします(※)。
 今シーズンも存分にウィンタースポーツを楽しんでいただけるよう、降雪機を適所に配置・稼働のほか、パウダースノーエリアの拡充やキッズエリアの新設などゲレンデの魅力を強化いたします。加えて、観光や気軽に雪山でのひとときを過ごしていただけるよう、今シーズンはティーラテと焼き立てスコーンの専門店「CHAVATY HAKUBA(チャバティ白馬)」を冬季営業し、白銀の世界での新たな憩いの場を提供いたします。
※…12月17日(金)からはイーストゲレンデのみ滑走可能となります。滑走ゲレンデは降雪状況で随時拡大してまいります。

 白馬エリア内で唯一の独立峰である「⽩⾺岩岳スノーフィールド」は、標高1,289mからの360°のパノラマ眺望と自然の地形を巧みに活かした東西南北に広がる多彩なコースが特長のスキー場です。

 昨シーズンは新型コロナウイルス感染症の影響で県内の主要スキー場が前年比マイナスに転じるなか、感染防止対策を徹底した営業や降雪機の増強をはじめとするスキーヤー・スノーボーダー向けの環境整備と並行して、観光目的のノンスキーヤーも楽しめるスノーアウトドアエリア「IWATAKE WHITE PARK(イワタケ ホワイト パーク)」のオープンや“ゲレ食”のアップデート、愛犬とのゴンドラ同乗を可能にするなど積極的に施策を打ったことが奏功して、前年比125.6%となる6万6千人が来場されました。

360°パノラマの絶景に包まれながら滑走
 

 12月17日からはイーストゲレンデをオープンし、降雪があり次第、随時滑走エリアを拡大してまいります(※)。「⽩⾺岩岳スノーフィールド」では、今シーズンも存分にウィンタースポーツを楽しんでいただける環境を提供すべく、山麓エリア南側の正面バーン「かも1リフト」沿いに降雪機を増設し、長期間において安定したゲレンデを目指します。

※12月17日(金)は、オープン特別価格としてゴンドラリフト往復料金(大人2,100円、小児1,150円)にて4線リフトもご利用いただけます(滑走可能)。12月18日(土)以降はシーズンイン割引料金となります。
 

 また、海外からも人気の高い白馬エリアの良質なパウダースノーをより一層体感いただけるよう、旧日影リフトや旧6線リフトなど老朽化したリフトを撤去することで非圧雪エリアを拡充します。これにより、踏まれていない天然新雪をより多くのスキーヤー、スノーボーダーにお楽しみいただけます。加えて、既存のコースの環境整備とコース脇の法面を新たにシェイプし、地形遊びが楽しいスキー場の魅力をさらにアップさせました。

 山麓エリアには、キッズパークを新設(年末年始・週末・祝日を中心に営業予定)。エリア内には小さなお子様の移動が楽になるようムービングベルトを設置するほか、緩やかな斜度でソリ遊びやスキーデビューの練習、雪遊びが思う存分にできる環境を創設します。

 さらに、今シーズンも絶景を眺める広大なサウスゲレンデにキッカー・ウェーブ・レール・ボックスなど多彩なアイテムを充実させたスノーパークを常設するほか、複数のラウンジ利用やゴンドラリフトの優先搭乗など様々なラグジュアリーサービスが受けられる「HAKUBA S Class〜VIP lounge & Priority pass〜」を提供します。「白馬岩岳スノーフィールド」が誇る自然地形を活かしたコースレイアウトは、圧巻の冬景色に包まれる感覚のなか、ビギナーから腕を磨きたいエキスパートまで幅広く滑走いただけます。

ノンスキーヤーならでは雪山の楽しみ方が充実

 近年、「⽩⾺岩岳スノーフィールド」では、雪化粧を纏った北アルプスの絶景を気軽に眺められるエリアのオープンや既存サービスのリニューアルなどを積極的に行い、ノンスキーヤーとスキー場の距離を縮める取り組みに励んでいます。スキー場に、「観光」という新たな価値を生み出し、昨シーズンにおける国内の観光目的の来場数は前年比140%となる約7千人に伸長しました。
 

 今シーズンはさらなる体験価値の向上を目指して、白銀の世界での新たな憩いの場を提供します。2021年11月にプレオープンした標高1,100mの高原に広がる展望エリア「白馬ヒトトキノモリ」(5線サウスリフト起点付近)にある、ティーラテと焼き立てスコーンの専門店「CHAVATY HAKUBA(チャバティ白馬)」が冬季営業いたします。これに伴い、スキーヤー・スノーボーダー向けに運行していた「5線サウスリフト」が今シーズンより、観光リフトとしての乗車も可能になります(※)。これまでは滑走しないと眺めることのできなかった白馬村と北アルプスを捉えた絶景をご覧いただけるようになります。冬の澄んだ空気のなか、温かいティーラテやオリジナルスコーンとともに目の前に広がる白銀の世界をお楽しみください。

※…「CHAVATY HAKUBA」は、サウスゲレンデのオープン以降の営業開始となります。「5線サウスリフト」下り線の乗車についても同タイミングでの営業開始を予定しております。

 昨シーズンに続き、今シーズンもスノーアウトドアエリア「IWATAKE WHITE PARK(イワタケ ホワイト パーク)」をオープンします。標高1,289mの山頂に広がる当エリアは、スキーヤー・スノーボーダーはもちろんのこと、観光目的のトラベラーやファミリー、ペットも楽しめるコンテンツを揃えます。

 

 雄々しい山肌が美しい北アルプスを一望できる絶景テラス&カフェ「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR(白馬マウンテンハーバー)」や浮遊感満載の絶景大型ブランコ「ヤッホー!スウィング presented by にゃんこ大戦争」をはじめ、かまくらやスノーエンジェルなど冬ならではの写真撮影が楽しめる「リラックス&フォトジェニック・ゾーン」には今シーズン、焚火エリアを新設。スモアやコーヒー、焼きリンゴなどを来場者自らが作り、雪上で味わえるサービスを展開するほか絶景ポイントを周遊できるバギークルーズを新たに実施。愛犬と雪原を駆け回れる「ペット・ゾーン」、初めてのスキー・スノーボードレッスンが楽しめる「プレイング・ゾーン」も設けます。スノーシューは、スノーシューのレンタル付きでティータイムも楽しめるガイドツアーを催行します。また、山頂カフェレストラン「スカイアーク」では冬季もペットの屋内滞在が可能となり、2021年夏に開始した、無添加で栄養バランスを考慮した「ペット専用 Hakuba Deli」も提供いたします。

「白馬岩岳スノーフィールド」では、お客様に安心してウィンタースポーツや冬の白馬の絶景を満喫していただけるよう、新型コロナウイルス感染予防対策を徹底して運営してまいります。具体的な感染予防対策については、こちら(https://www.nippon-ski.jp/coronavirus.php)をご覧ください。

【白馬岩岳スノーフィールド 概要】
営業期間:2021年12月17日(金)〜3⽉27⽇(⽇)
営業時間:8:00~17:00
料金:(税込)

 ※1...長野県に住所登録されている方が対象
 ※2...2021年岩岳MTB PARKシーズン券をご購入いただいた方が対象
 ※3...シニアは満60歳以上の方が対象、学生は中学生~大学生(要証明書提示)
 ※4...満70歳以上の方が対象(要証明書提示)
 ※5...過去3シーズンの間に一度でもシーズン券のご購入実績がある方が対象
TEL:0261-72-2474
駐車場:1,000台
アクセス:東京から約3時間、名古屋から約3時間30分、関西から約4時間30分、最寄IC(長野IC、安曇野IC、糸魚川IC)から幅広道路で約1時間
公式HP:https://iwatake-mountain-resort.com

【「IWATAKE WHITE PARKイワタケ ホワイト パーク)」施設概要】
営業時間:10:00~15:00 ※営業時間・内容は天候・積雪等で変更となる場合がございます。
施設・サービス:
・HAKUBA MOUNTAIN HARBOR(営業時間 8:15~16:00)
・THE CITY BAKERY(営業時間 9:00~15:30<LO 15:00>)
・ヤッホー!スウィング presented by にゃんこ大戦争 (営業時間 10:00~12:00、13:00~15:00)
・フォトジェニック・ゾーン(かまくら、スノーウォール、アイステーブル、焚火エリアなど)(※)
・ペット・ゾーン(ドッグラン)
・プレイング・ゾーン(ソリ遊び、チュービングなど)(※)
・スノーシュー(ガイドツアー、体験エリア)(※)
 ※…フォトジェニック・ゾーン、プレイング・ゾーンは12月24日(金)から、スノーシューは12月25日(土)以降の週末・祝日を中心に営業予定です。
URL:https://iwatake-mountain-resort.com/winter/whitepark

【「CHAVATY HAKUBA(チャバティ白馬)」店舗概要】
営業時間:9:00~15:00
アクセス:山頂よりサウスゲレンデ滑走で約5分、白馬岩岳山頂より「5線サウスリフト」で約7分
公式HP:http://chavaty.jp/

【会社概要】
会社名:株式会社岩岳リゾート  IWATAKE RESORT Co., Ltd.
代表:代表取締役社長 和田 寛
所在地:〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村大字北城6329-1
設立:1985年(昭和60年)8月8日
事業内容:スキー場一般(索道事業・飲食業)
URL:https://iwatake-mountain-resort.com/

【新型コロナウイルス感染防止対策】https://iwatake-mountain-resort.com/
岩岳リゾートは、地域社会の安全と共にお客様と従業員の健康を守るため、新型コロナウイルス感染防止対策を講じて営業してまいります。「白馬岩岳マウンテンリゾート」では、トレッキングやMTB、キャンプ、ブランコなどアウトドアでお楽しみいただけるサービスを提供していますが、レストランやゴンドラなど”三密”(密閉、密集、密接)になり得る箇所も存在します。こうした箇所については、消毒をはじめとする対策を徹底する一方、お客様にも細心の注意を払っていただくようご協力を依頼しております。今後も安心して大自然の素晴らしさを体感いただけるよう感染防止に努めてまいります。具体的な感染防止対策はHPをご参照ください。

【岩岳リゾートのSDGsの取り組み】https://iwatake-mountain-resort.com/green/sustainable

「白馬岩岳マウンテンリゾート」は、四季豊かな自然の恵みを最大限に活用し、その素晴らしさをお客様に体験いただく施設です。今後も多くのお客様にこの大自然の中で遊び、癒され、楽しみ続けていただけるよう、「持続可能な開発目標」(SDGs)に賛同し、自然環境への負荷を低減しつつ、より良い環境を作り出していくことに積極的に貢献する「サステナブル・リゾート」の実現に向けた取り組みを進めてまいります。具体的な取り組みについてはHPをご参照ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社岩岳リゾート >
  3. パウダーエリアやスノーアウトドアエリアを拡充して「白馬岩岳スノーフィールド」が12月17日より、2021-2022 冬季シーズン営業開始