マイクロフォーサーズシステム規格にGUANGZHOU BOSMA CORPが新たに賛同

共通規格ならではの幅広い製品ラインアップが映像の楽しみ方を広げる

OMデジタルソリューションズ株式会社※1とパナソニック エンターテインメント&コミュニケーション株式会社※2は、2008年に共同でマイクロフォーサーズシステム規格を発表し、本規格の普及に努めてまいりましたが、このたび、GUANGZHOU BOSMA CORP(本社:中国広東省、以下BOSMA)が本規格に賛同し、これに準拠した製品の開発を進めることをお知らせします。現在賛同企業は、BtoB企業も含め58社となりました。

BOX/HDカメラ(4K、8K)をはじめとする製品を提供するBOSMAの参加により、今後新たな製品がマイクロフォーサーズのラインアップに加わります。共通規格ならではのラインアップの発展性が、映像の楽しみ方をさらに広げます。
OMデジタルソリューションズ株式会社は、フォーサーズシステム、マイクロフォーサーズシステム規格の提案企業として、今後もラインアップ拡充を図り、お客様の多様なニーズにあったデジタル一眼システムを提供してまいります。

▪GUANGZHOU BOSMA CORP(广州博冠光电科技股份有限公司)について
20年にわたり世界規模で事業を展開し、オプトエレクトロニクス製品の設計と製造に特化した広州の企業です。2016年にはアメリカに支社を設立、IOT産業に参入しました。オプトエレクトロニクス産業で培った強みを活かして、BOX/HDカメラ(4K、8K)、スマートカメラ、スマートドアベル、スマートロックなど最先端技術を駆使したIOT製品の設計・製造を行っています。BOSMAは革新を成功の源泉として、常に研究開発チームに投資、新しい技術やデザインを研究・応用して、人々の生活をよりシンプルでよりスマートにする新製品を開発しています。
GUANGZHOU BOSMA CORP ウェブサイト(英文): https://www.bosma8k.com

▪マイクロフォーサーズシステム規格について
フォーサーズ ウェブサイト(以下URL)にて、規格の概要をご確認いただけます。
https://www.four-thirds.org/jp/

本リリースに掲載されている社名及び製品名は各社の商標または登録商標です。
                       
※1 2008年の発表時点ではオリンパスイメージング株式会社
※2 2008年の発表時点では松下電器産業株式会社
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. OMデジタルソリューションズ株式会社 >
  3. マイクロフォーサーズシステム規格にGUANGZHOU BOSMA CORPが新たに賛同