カトリック教育センター主催「春の講演会」

「神谷美恵子とフランクル ―苦難の経験が開く地平」をオンライン開催

京都ノートルダム女子大学(学長:中村久美、所在地:京都府京都市左京区)は、2022年5月21日(土)カトリック教育センター主催「春の講演会」(オンライン/無料)を開催します。
今回は「神谷美恵子とフランクル ―苦難の経験が開く地平」と題し、釘宮 明美(くぎみや あけみ)氏(白百合女子大学教授)を講師に迎えます。
報道機関の皆様におかれましては、是非ともご取材いただきますようご案内します。取材いただける場合は、以下まで申込みください。


開催概要
 カトリック教育センター主催春の講演会「神谷美恵子とフランクル ―苦難の経験が開く地平」
◆日  時: 2022年 5月21日(土)15:00~16:00
◆講  師: 釘宮 明美 氏(白百合女子大学教授)
◆参 加 費: 無料
◆申し込み: 右記URLから、お申込みください。 https://forms.office.com/r/BSisN6Seth
Zoomによる配信を行います。参加を希望される方は、前日までに申し込んでください。
主   催:京都ノートルダム女子大学カトリック教育センター 
後   援:京都市 京都新聞 

【講師プロフィール】
大分市生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科日本文化研究専攻修士課程修了。白百合女子大学カトリック教育センター教授、同センター長。専門は森有正・神谷美恵子・エディット・シュタインを中心とするキリスト教思想、キリスト教と文学。共著『キリスト教をめぐる近代日本の思想――響鳴と反撥』(オリエンス宗教研究所、2008年)、共著『文藝別冊 神谷美恵子』(河出書房新社、2014年)、共編著『生きる意味――キ
リスト教への問いかけ』(オリエンス宗教研究所、2017年)、共編著『日常の中の聖性』(教友社、2021年)、編訳書『クラウス・リーゼンフーバー小著作集Ⅰ~Ⅵ』(知泉書館、2021年)。

以上



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 京都ノートルダム女子大学 >
  3. カトリック教育センター主催「春の講演会」