ジャンボフェリー「こんぴら2」の最終運航、12 月中旬に延期

[12月5日追記]
引退日とお別れセレモニーは、「12月17日への延期」が決定いたしました。最新のプレスリリースは、下記URLをご確認下さい。

【「こんぴら2」、延期後の引退日が12月17日(土)に決定】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000089463.html


以下には古い情報が含まれます。最新の情報は、上記URLのプレスリリースをご確認ください。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼



ジャンボフェリー株式会社(本社:神戸市、社長:山神正義)が運航する現行船「こんぴら2」(3,633 総トン)については、新船「あおい」の就航に伴い、12 月6 日の引退を当初予定しておりましたが、「りつりん2」の客室等リニューアル工事の遅れにより、引退を12 月中旬に延期することとなりました
12 月6 日に予定しておりました「お別れセレモニー」についても延期とさせていただきます。最終便へのご乗船やセレモニー観覧を予定されていた皆様には、たいへんご迷惑をお掛け致しますこと、お詫び申し上げます。

延期後の具体的な最終運航便の日時、お別れセレモニーの予定につきましては、近日中に、改めて発表させていただきます。

 
  • 引退日延期の理由
ジャンボフェリーは、従来、「こんぴら2」、「りつりん2」の2隻のカーフェリーで運航しておりましたが、新船「あおい」は、このうち「こんぴら2」の代替として10 月22 日に就航いたしました。
この新船「あおい」の就航に際して、残る現行船「りつりん2」の客室等リニューアル工事を実施するため、いったん同船が航路から離れて造船所に入り、その工事の間は、新船「あおい」と引退予定の「こんぴら2」の2隻で運航し、12 月6 日予定の「りつりん2」の復帰をもって、「こんぴら2」が引退することとしておりました。
しかしながら、部品確保の問題等により「りつりん2」の改修工事に遅れが生じていることに伴い、同船の航路復帰が遅れることとなり、「こんぴら2」の引退も遅れることとなりました。皆様に大変ご迷惑をお掛け致しますことお詫び申し上げます。
 
  • こんぴら2の概要
林兼造船で建造。1989 年12 月29 日より運航開始。以来33 年間に渡り、神戸~高松間を1日2.5往復(2009 年7 月から1日2往復)し、通算で約516 万人もの旅客と、数多くの貨物を運んで参りました。


[諸元] (2022年11月現在)
・総トン数  3,633G/T
・全  長  116m
・全  幅    20m
・航海速力   18.5kn
・旅客定員  475名
・積載台数  大型トラック64台

 
  • こんぴら2が達成した記録の数々
1.神戸港への入港回数
フェリーで国内最多となる26,246 回

2.営業運航での航海距離
 約654 万キロ、地球163.6 周 (1 周4 万キロで計算)

3.明石海峡航路の通行回数
 世界最多の52,493 回 (航路の横切船や斜行船を除く)

4.メインエンジンの稼働時間 
日本鋼管製の船舶エンジンで、国内最長の約212,600 時間

 
  • お別れセレモニーについて
こんぴら2の最終便(神戸発13:30 便を予定)の出発前に、下記の通り、お別れセレモニーを実施します。(ターミナル建物内の行事は一般見学も可能。ヤード内・船内は乗船者以外の方は入れません。)
場所
神戸三宮フェリーターミナル

日時
近日中に、改めて発表いたします。


内容
・ 神戸市様より、船長に、神戸港への入港回数最多の記念盾贈呈
・ JFE エンジニアリング(旧 日本鋼管)様より、機関長に、エンジン稼働時間最長の表彰状授与
・ 記念撮影
・ 出航時に紙テープを投げてお見送り





 
  1. プレスリリース >
  2. ジャンボフェリー >
  3. ジャンボフェリー「こんぴら2」の最終運航、12 月中旬に延期