短腸症候群(SBS)を知っていますか? 医療と周囲の理解で実現する患者さんが活躍する社会

この度、武田薬品工業株式会社は、短腸症候群(SBS)の患者さんがより暮らしやすい社会へと変化するきっかけとなることを目指して、SBSの正しい理解と医療に関するメディアセミナーを開催する運びとなりましたのでご案内申しあげます。 

短腸症候群(SBS)と治療について 
SBSは何らかの要因により腸が短いために、多くの栄養素や水分の吸収が障害される極めてまれで重篤な慢性疾患です。患者層は小さな赤ちゃんから成人までさまざまであり、国内では約1000人のSBS患者さんが栄養失調、脱水、下痢、疲労などの辛い症状に加え、静脈治療によるカテーテル感染や重大な合併症などの危険にさらされながら生活しています。 
適切な治療に加え、学校や職場など周囲の理解をより高めていくことで、患者さんが今まで病気ゆえにあきらめていた進学や就業などの自己実現の機会が広がります。 
今回のメディアセミナーでは、患者さんを支えるための正しい理解を得ることを目的として、SBS治療の第一人者である昭和大学病院の千葉 正博先生より、SBSの治療や患者さんの日常生活に及ぼす影響についてご講演いただきます。また、3名のSBS患者さんにご登壇いただき、SBSとともに生活するうえでのご経験や悩みなど、生の声をご紹介いただきます。 ​​​
報道機関の皆様におかれましては、ご多用の折恐縮ではございますが、ご取材のご検討をお願い申しあげます。なお、ご参加いただける場合はお申込みフォームにて事前にご連絡願います。ご検討の方や資料のみ希望の方も同フォームよりご一報いただけますと幸いです。 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 武田薬品工業株式会社 >
  3. 短腸症候群(SBS)を知っていますか? 医療と周囲の理解で実現する患者さんが活躍する社会