「訪日外国人観光客」の買い物に関する調査<『販促会議』2015年1月号>

中国旅行者9割が口コミ投稿 台湾は「接客」、米は「キャラクター」にポジティブ投稿

株式会社宣伝会議(本社:東京都港区)が発行する月刊『トッププロモーションズ販促会議』2015年1月号(12月1日発売)では、「訪日観光客の集客アイデア」を特集。訪日外国人観光客における「旅行中のショッピングに関する行動」についての調査を掲載しました(調査設計:ブルームーン・マーケティング、調査協力:USPジャパン(ジャパンショッピングツーリズム協会監修)、データ提供:Cint Japan)。過去3年以内に観光で日本を訪問したアメリカ・中国・台湾の15歳~70歳の男女323人を対象としたインターネット調査です。

調査結果(抜粋)
・「日本でショッピングする際、最も重視すること」は、どの国も「商品・品質」は多いが、中国は突出し、60%を超えた。<Q1>
・「買い物中や買い物後のSNSや口コミサイトへの投稿」については、中国は9割の旅行者が投稿。「買い物中」の投稿はアメリカが最も多く、中国と台湾は「帰国後」の投稿が最も多い。<Q4>
・「ポジティブな投稿」は、「商品の中身」についてが3カ国ともに多く、台湾は「店員や接客」が突出、「キャラクター」への反応はアメリカが高い。<Q5>

 

アメリカはどの回答も均衡する中で「価格」がトップ。中国は「品質」に対するこだわりが突出し、「品揃え」「価格」の2倍以上。台湾は「価格」を重視する人が最も多く、「品質」「場所・立地」と続く。

言語に関する回答が多い。アメリカに比べ、中国・台湾の「接客・サービスにおける言語」の不安は高く、中国・台湾の旅行者が母国語でサービスを受けられるならば、アピールポイントになりそうだ。

アメリカが「絶対に日本製を買いたい」というこだわりが最も強い。「出来れば日本製を買いたい」まで含めると、中国、台湾、アメリカの順。中国のみ「日本で購入できれば何でも良い」の回答がゼロで、品質・生産地への強いこだわりが伺える。

「帰国後」まで含めると、中国は約95%が何らかの投稿をしている。「買い物中」の投稿は3カ国ではアメリカが最も多い一方で、「していない」人の数も多い。中国・台湾は「帰国後」の投稿が最も多い。

旅行先の選定に影響を及ぼす口コミ。SNSや口コミサイトへのポジティブな投稿は、「商品の中身」については3カ国ともに多く、アメリカ・中国は「商品の価格」も同じくらい多い。台湾だけは「店員や接客について」が突出して高く、日本流の接客やおもてなしが喜ばれやすいことが推察される。「キャラクター」への反応が最も高いのはアメリカで他国の約3倍となった。こうした特徴は、口コミを広げるプロモーション施策を考えるうえでのヒントとなる。

ネガティブな投稿は各国で違いがあり、アメリカは「商品の価格」が最も高い。中国は「店員や接客」「商品の中身」が多い。台湾は全般的に少ないが、「営業時間が短い・閉まっていた」が多い。台湾はQ2の「不満・心配だったこと」で「行きたい店にたどり着けるか」が他国より多く、事前に「○○で○○を買いたい」という強いこだわりがある一方で、十分にショッピング先に関する情報を得られていないケースも多いと考えられる。ニーズにマッチする丁寧な情報発信をすることで集客が期待できるだろう。

■調査概要■
・調査対象・有効回答数 アメリカ・中国・台湾の15歳~70歳の男女323人
・調査方法 インターネット調査
・属性 過去3年以内に観光で日本を訪問した人
アメリカ106(男65/女41)、中国107(男56/女51)、台湾110(男61/女49)
・調査設計:ブルームーン・マーケティング、調査協力:USPジャパン(ジャパンショッピングツーリズム協会監修)、データ提供:Cint Japan


■『販促会議』2015年1月号 概要

【誌 名】トッププロモーションズ 販促会議 2015年1月号
【判 型】A4変型判
【価 格】1300円(税込)
【発売日】2014年12月1日(月)
【発 行】株式会社宣伝会議
【編集長】浦野有代
▼販促会議デジタル版も配信中▼
http://mag.sendenkaigi.com/hansoku/

◆特集◆
免税制度改正が追い風!
訪日観光客の集客アイデア

・訪日客の集客、販促担当者は何から取り組めばいいのか
・消費税免税制度のポイントとチャンスの生かし方
・訪日客の拡大で再評価 |京王百貨店
・240店参加のキャンペーン |原宿表参道欅会
・免税店ビジネスを展開 |ラオックス
・比較検討、予約もできる旅行者目線の観光サイト  ほか


■株式会社宣伝会議
マーケティング・コミュニケーション(マーケティング・広告、販売促進、広報・PR、クリエイティブ)の総合シンクタンク。マーケティングに関わる全ての人に向け、雑誌・書籍の出版や教育講座の全国展開をしています。

■月刊『トッププロモーションズ販促会議』
「人が集まる」「商品が売れる」ためのアイデアを集めた販売促進の専門誌です。販売促進の基本ノウハウからウェブやモバイル、SNS などを活用した最先端の成功事例まで、売りの現場で役立つ情報が満載。店頭で生きる、明日から実践できるアイデアをお届けします。1997 年創刊、毎月 1 日発売、定価 1,300 円(税込)、全国有名書店で販売ならびに定期購読。デジタル版も配信中。

------------------------------------------------------------------

≪データのご希望、お問い合わせ先≫
株式会社宣伝会議 「販促会議」編集部 青木
電話 03-6418-3322 E メール hansoku@sendenkaigi.co.jp

-------------------------------------------------------------------
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社宣伝会議 >
  3. 「訪日外国人観光客」の買い物に関する調査<『販促会議』2015年1月号>