英語学習におけるデバイス別利用動向調査を発表!

スマホ・タブレットの普及により、マルチデバイス学習スタイルが加速

この1、2ヶ月に新機種が続々と登場するなど、スマートフォン・タブレットの普及にともない、英語学習スタイルにも変化が見られるようになりました。

英語学習サービス「iKnow!」では、パソコンとスマートデバイスを併用するマルチデバイス学習スタイルが急速に広がり、ユーザー全体では53%に達し、ビジネスパーソン層は72%、学生層は65%という広がりが見えています。

============================

語学学習サービス「iKnow!®」を運営するセレゴ・ジャパン、
英語学習におけるデバイス別利用動向調査を発表!
スマホ・タブレットの普及により、マルチデバイス学習スタイルが加速

============================

 

クラウド型英語学習サービス「iKnow!」(http://iknow.jp) を提供するセレゴ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:エリック・ヤング、以下 セレゴ・ジャパン)は、有料会員のデバイス別利用動向調査を行いましたので発表いたします。

 

■ デバイス別利用動向調査

「iKnow!」は、PC、スマートフォン及びタブレット(iOS/Android)に対応しており、デバイス間で学習データが自動で同期される英語学習サービスです。

実際に、ユーザーが「iKnow!」で英語を学習する時に、利用しているデバイスを調べるため、2012年1月1日~10月31日の期間における学習データから動向分析を行いました。

 

 ◎ マルチデバイス学習スタイル、「iKnow!」ユーザーの中で、53%に増加
 ◎ ビジネスパーソン・学生は英語学習にスマホ利用、「電車の中での5~10分」を有効活用か
 ◎ スマホでの学習時間帯ピークは、朝の通勤・通学、夜の帰宅時間帯に集中

 

デバイス別利用動向調査 発表ページ:http://iknow.jp/mobileca

 

■ ビジネスパーソン、学生を中心にマルチデバイス学習スタイルが主流に

調査の結果、パソコンのみという学習スタイルから、スマートフォン/タブレットを取り入れる割合が、過去10ヶ月で37%から53%に伸びており、有料会員の半数以上がマルチデバイス学習スタイルであることがわかりました。

 

2012年1月~10月 スマホ&PCとPCのみのユーザー比率の推移2012年1月~10月 スマホ&PCとPCのみのユーザー比率の推移

さらに、2012年9月に実施したアンケート調査から、セグメント別にスマートフォン/タブレットを活用するユーザーは、ビジネスパーソン層は72%、学生層では65%を占めていることがわかりました。

 

層別デバイス利用状況 (2012年9月 自社調べ) 層別デバイス利用状況 (2012年9月 自社調べ)

 

 

この1~2ヶ月の間に市場では、スマートフォン、タブレットの新機種が続々と発売されており、フィーチャーフォンからの切り替えを含め、スマートデバイスの利用者増加が影響していることがうかがえます。

 

 

 

 

■ スマホユーザーの学習ピークは、通勤・通学、帰宅時間帯に集中

10月の学習時間帯トレンドを検証したところ、学習ピークは、PCユーザーが20:00~23:00、スマホユーザーが、7:00~9:00、18:00~23:00の時間帯であることがわかりました。

 

スマホユーザーの学習時間帯スマホユーザーの学習時間帯

 

PCユーザーの学習時間帯PCユーザーの学習時間帯

 

PCのみだと学習できる時間と場所の制約は避けられません。スマートフォンを併用することにより、「電車で移動しながら」、「人を待ちながら」の「ながら時間」に英語を学習することができるので、「学習したいのにここでは無理。」という障壁なく、個々のライフスタイルにあった学習が可能になります。

セレゴ・ジャパンは、これからも累積100万人以上の学習データを、多角的に分析し、活用事例の紹介を通じ、英語学習を取り入れたライフスタイルを応援してまいります。

 

■ 英語学習の継続をテクノロジーでサポートする「iKnow!」

「iKnow!」は、人間の記憶メカニズムに基づき、効率よく確実な英語習得を可能にするクラウドベースの学習サービスです。特に日本人が苦手とするリスニングと単調で挫折しがちなボキャブラリー強化を効率的に行えるよう設計されており、英会話力の向上に威力を発揮します。

「iKnow!」は、PC、スマートフォン及びタブレット(iOS/Android)に対応しています。デバイス間で学習データが自動で同期されるので、忙しいビジネスパーソンでも時間や場所を選ばずスキマ時間を活用した効率のよい学習が可能です。

学習コンテンツは独自の頻度分析により編成し、基礎英語、トラベル、ビジネス、TOEIC®対策、中国語など200種類以上のコンテンツを好きなだけご利用いただけます。

 

■ 英語・中国語学習サービス「iKnow!」概要

サービス名称: iKnow! (アイノウ)
提供開始日: 2011年1月27日
URL: http://iknow.jp/
利用料(税込): 月額1,000円、6ヶ月プラン4,800円、12ヶ月プラン8,400円

【商標について】
※ iKnow!® は、セレゴ・ジャパン株式会社の登録商標です。
※ その他文中に記載している社名・商品名は各社の商標または登録商標です。

 

■ セレゴ・ジャパン株式会社 (http://www.cerego.co.jp

セレゴ・ジャパンは「人間が学習するメカニズムを脳科学・認知心理学の見地から解明することにより、学習効率を飛躍的に高める」ことをミッションとし2000年に設立された、ラーニング・テクノロジー会社です。日本のみならず海外の一般消費者、企業、教育機関に向けて、オンライン語学学習サービスを提供しています。「iKnow!」は、セレゴ・ジャパンが科学的な研究を基に開発し、特許を取得した(特許第3776923号、第3940748号、第4042916号)独自の系統的学習ロジックに基づいて開発され、「覚えやすく、忘れにくい、効率の高い学習」を可能にする、最先端の学習ソリューションです。
これまでに100万人以上の個人ユーザーにご利用いただいており、ソフトバンクグループ社員約20,000人をはじめ、100社を超える企業に正式導入されています。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. セレゴ・ジャパン株式会社 >
  3. 英語学習におけるデバイス別利用動向調査を発表!