巻心回収個数が累計200万個を突破!「第6回 ニチバン巻心ECOプロジェクト結果報告」

484,534個の巻心を回収・リサイクル

ニチバン株式会社(本社:東京都文京区、社長:堀田直人)は、各種使用済み粘着テープの<巻心>を回収し、資源として再利用する環境活動「第6回 ニチバン巻心ECOプロジェクト」を2015年11月1日から2016年1月29日までの3か月間実施しました。

全国から794団体(学校・企業・病院など)と272人の個人の方々に参加いただいた結果、484,534個(重量換算5,582㎏)の巻心を回収することができ、プロジェクト開始からの回収個数は累計200万個を突破(2,134,073個)しました。

<回収された巻心の一部>
 

回収した巻心は、段ボール用リサイクル資源として活用します。あわせて、リサイクルで生じる利益金と当社からの支援金を環境NGO『イカオ・アコ』に寄付し、同NGOが行うフィリピン・ネグロス島でのマングローブ植樹プロジェクトを支援します。
来年3月までに3haの土地に新たに30,670本を植樹する予定です。

 

  「ニチバン巻心ECOプロジェクト」は今回で6回目となり、環境教育という面から、本プロジェクトを授業などに取り入れる学校もあります。「巻心ECOプロジェクト特設ウェブサイト」では小学校での取り組み(10校)を紹介しており、巻心を集めるための児童の自由なアイデアや、積極的に活動する様子をご覧いただけます。
また当社は、参加いただいた小学校11校で「出前授業」を実施しました。セロテープ(R)を題材に、リサイクル活動の重要性や環境問題などについてレクチャーし、緑の地球のために何ができるのか、児童たちと一緒に考えました。

<和歌山県 貴志小学校での出前授業の様子>


なお、「第7回 ニチバン巻心ECOプロジェクト」は、2016年9月1日~2016年12月12日で実施予定です。

「第6回 ニチバン巻心ECOプロジェクト」 結果概要
■期間:2015年11月1日~2016年1月29日
■回収対象:完全に使い切った各種粘着テープの紙製の巻心(メーカー問わず)
■回収総数:484,534個
■団体参加数:794団体(学校、企業、病院など)
■個人参加数:272人
■寄付:リサイクルによる利益金及び当社からの支援金を下記に寄付。
環境NGO『イカオ・アコ』 代表:後藤 順久
1997年設立。同年からフィリピンでマングローブの植樹事業を開始。継続的な植樹を行い、これまでネグロス島・ボホール島各地に約120万本の植樹を行う。この他、現地の教育支援活動、コミュニティ・トレードも行っている。
事務局:〒477-0031 愛知県東海市大田町川南新田229 日本福祉大学内
電 話:0562-39-3238/ホームページ http://ikawako.com
■植樹予定数:30,670本
■植樹の様子:
今年度1回目の植樹(1,400本)が、5月5日に西ネグロス州ビクトリアス市で35名のボランティアの方々が参加して行われました。

<今年5月5日の植樹場所(ビクトリアス市)>
 

<2011年5月5日にマナプラ郡に植樹したマングローブ。200cm程度に成長しました。>


■過去の巻心回収実績
第1回  74,522個
第2回 195,139個
第3回 452,480個
第4回 434,079個
第5回 493,319個
第6回 484,534個
 

■特設ウェブサイト
http://www.nichiban.co.jp/project/makisin-eco/
  ※今回の結果と過去5回の実績、プロジェクト概要、参加団体の活動レポートなどがご覧になれます。

■「第7回ニチバン巻心ECOプロジェクト」実施について(予定)
  巻心受付期間:2016年9月1日~2016年12月12日
  ※詳細は、本年7月に上記特設ウェブサイトにて発表いたします。

※「セロテープ」はニチバンの登録商標です。

ニチバン株式会社 ホームページ
http://www.nichiban.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ニチバン株式会社 >
  3. 巻心回収個数が累計200万個を突破!「第6回 ニチバン巻心ECOプロジェクト結果報告」