ギャップの「デニムフライデー」と「プレミアムフライデー」でみんなの週末をもっとハッピーに。

ギャップは2017年2月からスタートする「プレミアムフライデー」の趣旨に賛同し、GAP HAPPY HOURを開催します。

働きやすい職場環境づくりをサポートする「GAP デニムフライデー」と、少し早めに仕事を切り上げて、ちょっと豊かな週末を楽しむ「プレミアムフライデー」が重なる月末金曜日。
プライベートを楽しみ、経済の活性化に繋げる「プレミアムフライデー」の趣旨を鑑み、ギャップジャパンでは以下を実施いたします。


 Gap DENIM FRIDAY x PREMIUM FRIDAY

2017年2月24日 15:00~18:00 GAP HAPPY HOURを全国のギャップストアで開催!
※一部ストアおよびGapOutlet,The Gap Generationは対象外となります。

● デニムボトムス(アダルトのみ)3900円で販売。(定価1万円以下のデニムボトムス対象)

● ショッピングの後も手ぶらでプレミアムフライデーを楽しめます。
    対象の3900円デニムボトムスを含むお買い上げ商品を無料配送

● プレミアムフライデースタートを祝し、対象デニムボトムスをお買い上げの方に先着でアップルタイザーをプレゼント。
さらにGapフラッグシップ銀座では、ご来店のお客様にシャンパン(ベスラ・ド・ベルフォン)をサービス。
※ドリンクは数がなくなり次第終了となります。



「DENIM FRIDAY」とは?
Gapがファッションの視点から新しい働き方を提案


個人の価値観を尊重し、あらゆる才能を最大限に活かせる、働きやすい職場環境を実現するためにGapは日本の労働環境に着目、多様で柔軟な働き方ニーズが高まっている現状を鑑み、より開放的なマインドとリラックスした働きやすい職場環境づくりのサポートを目的とした”DENIM FRIDAY”プロジェクトを推進しています。

毎週金曜にデニムやカジュアルなウェアを取り入れたエフォートレスなオフィススタイルで勤務するプロジェクトは、脳波テストをはじめとする実証実験を通してメンタル面、業務効率面などを分析しデータの公表。カジュアルウェア着用時は「興味度が上がり」、「ストレス度が下がる」ことにより、会議前のアイスブレイクに有効であることや、会議中も服装が軽装になることでマイナスな影響はなく、フォーマル時と同様のパフォーマンスを得られていることが分かりました。

多様な人材の社会参加活動のニーズが高まり、より柔軟な考え方や創造力がこれまで以上に求められる今、オフィスに於いて心も身体もリラックスした環境で働くことが、一人ひとりの個性・能力を発揮し、自分らしく輝いて活躍する第一歩につながると考えます。
※リリース、脳波実証実験結果別紙参照

ギャップジャパンの働き方について
「You Do You-いつでも自分らしく」。一人ひとりの自立を促進し、自分のスタイルで働くという会社の文化・価値観を反映した制度を導入しています。 Gap では2008 年より、「いつ、どこで働いてもOK、そもそも出社しなくてもOK」という、時間と場所に関する最大限の裁量が与えられている「究極のフレックス制度」です。在宅勤務ももちろん可能です。

 【サマーアワーズ】
同様に2008 年より「サマーアワーズ」を導入。7 月~9 月中毎週金曜日は、お昼にはオフィスをクローズし従業員は帰宅することができます。本社では受付なども 13:00 で退社するため、来客もありません。社内ミーティングも禁止されています。この取り組みは、本社だけでなく、店舗勤務の社員含む全正社員にも適用されています。半日ではありますが金曜日の午後を自由に使える利点はワークライフバランスの視点から大きいと、社員から支持されているプログラムです。
家族と一緒に過ごしたり、平日にしかできないことをしたり、週末とあわせて旅行に出かけたり、自己啓発、ボランティア活動など、各人のニーズにあわせて自由に過ごしています。

 
ギャップジャパン株式会社
マーケティング部 PR
Japan_Gap_Public_Relations@gap.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ギャップジャパン株式会社 >
  3. ギャップの「デニムフライデー」と「プレミアムフライデー」でみんなの週末をもっとハッピーに。