片流れ屋根用棟換気「片流れ 双快」令和2年度近畿地方発明表彰 「奈良県知事賞」を受賞。

棟換気総合メーカーの株式会社トーコー(本社奈良県生駒市代表取締役社長 西田敏典)が製造・販売している片流れ屋根用棟換気「片流れ 双快」が高く評価され、公益社団法人発明協会が主催する令和2年度近畿地方発明表彰において「奈良県知事賞」を受賞しました。

 

「地方発明表彰」は、各地方における発明の奨励・育成を図り科学技術の向上と地域産業の振興に寄与することを目的として大正10年に開始されました。各地方において優秀な発明、考案、または意匠を完成、発明等の実施に尽力、発明等の指導、育成、奨励に貢献した開発者・研究者の功績を称え顕彰するものです。また、今回表彰された「片流れ 双快」は2016年5月16日に発売し、特許権に加え意匠権も取得している、機能性・意匠性ともに優れた画期的な片流れ屋根用棟換気です。発売以降、様々なお客様よりご愛顧いただいています。

今回の受賞を契機に、「片流れ 双快」のいっそうの拡販をめざすとともに、発明・ものづくりの発展に寄与できるよう、今後もお客様のニーズにあった発明・ものづくりを推進してまいります。

 
 

 

 

 

■受賞概要

賞 名:奈良県知事賞

名 称:片流れ屋根用棟換気

特許番号:特許第5977396号

発明者:株式会社トーコー

商品開発部 商品開発課 課長

森村 匡弘(もりむら まさひろ)

 

 

※公益社団法人発明協会 ホームページ「令和2年度近畿地方発明表彰 受賞者一覧」

http://koueki.jiii.or.jp/hyosho/chihatsu/chihatsu.html

■「片流れ 双快」について

「片流れ 双快」は特許技術”スペーサーイン・フラット工法”により、破風面を美しく仕上げ、雨水の浸入リスクも解消しました。金属屋根材と化粧スレート屋根材で兼用するためには、緩勾配から急勾配までの勾配対応が必要であり、更に緩勾配における防水性の確保が必要でした。従来製品では困難だった上記性能を「片流れ 双快」では、特許技術”大型止水板スライド構造”により、金属屋根材と化粧スレート屋根材で兼用できます。更に”大型止水板スライド構造”では、従来製品と比べ、1.5倍の換気量も実現しています。

 
【製品技術】
<スペーサーイン・フラット工法> 特許
特許当工法を使うことで壁面に釘・ビスを直接固定しないため、美しい
仕上がりと安心の防水性能を発揮します。

 <大型止水板スライド構造> 特許
新規開発した特許構造「大型止水板スライド構造」により、棟換気の
サイズを変えることなく
①防水性能の向上
②緩勾配から急勾配までの勾配対応
③換気容量のアップを実現しました。
この構造により、金属屋根材と化粧スレート屋根材で兼用することが出来、
製品の在庫削減や現場での取り付けミス防止に貢献します。
 



 

 

 

 

 

 【本件に関するお問合せ先】
株式会社トーコー
管理部: 國本   電話:0743-71-0159  FAX:0743-71-0551
メールアドレス:support@metal-toko.co.jp

【トーコーホームページアドレス】
http://www.metal-toko.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トーコー >
  3. 片流れ屋根用棟換気「片流れ 双快」令和2年度近畿地方発明表彰 「奈良県知事賞」を受賞。