「中部電力」「日東工業」との資本業務提携のお知らせ

~コネクティッドバッテリーMaBeeeを用いたサービス拡充へ向けて~

コネクティッドバッテリー”MaBeee”(マビー)の企画・開発を行うノバルス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 岡部 顕宏)は、中部電力株式会社(本社:名古屋市東区、代表取締役社長:勝野 哲、以下「中部電力」)、および、日東工業株式会社(本社:愛知県長久手市 取締役社長 佐々木 拓郎、以下「日東工業」)を引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。(五十音順)
当社のコネクティッドバッテリーMaBeee®は、デジタルトランスフォーメーション(以下「DX」)社会の進展を受けネットワークに繋がるデバイスが急速に普及拡大していく中、各デバイスに共通して求められるバッテリーとワイヤレス通信技術をパッケージ化したデバイスで、それにより新たなIoT機器開発が不要、もしくは簡便に開発が可能となり早期にDXサービスが実現可能となります。
また当社ではコネクティッドバッテリーに加え、クラウド基盤・AIまで含めたトータルでDXソリューションをご提供しています。

コネクティッドバッテリー・コンセプトコネクティッドバッテリー・コンセプト

 

今回の資本業務提携で、コネクティッドバッテリーMaBeee®を用いた生活者のみまもりサービス、インフラ設備のモニタリングサービスの開発・展開に努めてまいります。

コネクティッドバッテリー利用シーンイメージコネクティッドバッテリー利用シーンイメージ

◼︎今後の各社との取り組み

□中部電力*ノバルス

少子高齢化の進展という社会課題へのソリューションとして、消費者のニーズが今後ますます高まると予想される高齢者見守りをはじめ、暮らしに安心・安全をもたらす様々な見守りに繋がるサービスの開発・展開に努めてまいります。


□日東工業*ノバルス
近年インフラの老朽化、人口減少や少子高齢化による人手不足、気候変動に伴う自然災害の多発等による、インフラ管理の限界が大きな問題となっています。両社の技術を融合し、電気と情報インフラをIoTで見守る製品・サービスの開発を促進することで、これらの社会課題解決に貢献していきます。


当社はコネクティッドバッテリーでメーカーからサービス事業者まで、あらゆる業種業態でのデジタルトランスフォーメーションを実現し、モノとモノ、モノと人、人と人、各々がより密接に繋がり合うことで、豊かな社会の実現を目指します。

◼︎会社概要
社名:ノバルス株式会社
住所:〒102-0054 東京都千代田区3-15錦町ブンカイサン3F
代表者:代表取締役 岡部 顕宏
ノバルス株式会社HP http://novars.jp/

◼︎報道機関ならびにパートナー様からのお問い合わせについて
ノバルス株式会社 事業開発担当
Email: info@novars.jp
電話番号:03-4405-8866
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ノバルス株式会社 >
  3. 「中部電力」「日東工業」との資本業務提携のお知らせ