テリロジー、日立システムズと自社開発RPAツール「EzAvater(イージーアバター)」の販売代理店契約を締結

~画像認識技術を活用!究極的にカンタンな国産RPAツール~

株式会社テリロジー(以下、テリロジー 本社:東京都千代田区、代表取締役社長:阿部 昭彦)は、このたび、株式会社日立システムズ(以下、日立システムズ 本社:東京都品川区、代表取締役 取締役社長:北野 昌宏)と自社開発の国産RPA(Robotic Process Automation)ツール「EzAvater(イージーアバター)」の販売代理店契約を締結しました。

 


【販売代理店契約締結の背景】
日立システムズは、RPAツールを活用し定型業務を自動化する「定型業務自動化支援サービス」を100社以上に導入してきたほか、バックオフィス業務を代行する「BPOサービス」を約800社に提供するなど、これまでに数多くの業務自動化・効率化の実績があります。近年増えつつある、コンピュータープログラミングの経験のない方やITエンジニアとしての経験のない方がロボットを自社運用したいというニーズに対応すべく、より簡単にロボット開発や運用が可能な「EzAvater」をラインアップに加えていただくことになりました。

テリロジーとしては、日立システムズの日本有数の自動化・効率化実績やノウハウと全国規模の充実した販売・サポート体制とのシナジー効果が期待できることから今回の販売代理店契約締結に至りました。


【EzAvaterの概要】
EzAvaterはテリロジーが開発した国産RPA(Robotic Process Automation)ツールです。

最大の特長は、 “カンタン”に定型業務自動化ロボットを作成できることです。自社で定型業務自動化ロボットを作り、運用したいという方のために開発されたRPAツールです。


【EzAvaterの詳細はこちら】
URL:https://www.terilogy.com/ezavater/index.html

 

【株式会社日立システムズについて】
株式会社日立システムズは、幅広い規模・業種システムの構築と、データセンター、ネットワークやセキュリティの運用・監視センター、コンタクトセンター、全国約300か所のサービス拠点などの多彩なサービスインフラを生かしたシステム運用・監視・保守が強みのITサービス企業です。多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、新たな価値創造に共に取り組み、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。
https://www.hitachi-systems.com/

 

【株式会社テリロジーについて】
株式会社テリロジーは、1989 年に会社設立、エンタープライズLAN/WAN、ブロードバンド・アクセス、セキュリティ、ネットワーク管理の4つのソリューションを中核に、市場および顧客ニーズに対応したハードウェアからソフトウェアまでの幅広い製品を取り扱うテクノロジーバリュークリエイターです。近年は、製品の自社開発やクラウドサービスの提供も行っております。
顧客は大企業や通信事業者を中心に300 社を超え、ネットワーク関連ビジネスでは豊富な経験と実績を上げています。
https://www.terilogy.com/

「EzAvater」は、株式会社テリロジーの登録商標です。その他、本リリースに記載されている社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社テリロジー
テクノロジーソリューション営業統括部 オートメーションテクノロジー営業部
TEL:03-3237-3291
FAX:03-3237-3293
e-mail:ezavater@terilogy.com
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社テリロジー >
  3. テリロジー、日立システムズと自社開発RPAツール「EzAvater(イージーアバター)」の販売代理店契約を締結