100万人の民泊難民を救済。最短3日でAirbnb無料掲載サービス「ホテル向けおためしAirbnbパック」を9月末まで限定でスタート

掲載から運用まで全てお任せで民泊難民への代価宿泊施設を提供

6/7に行われた観光庁主導のAirbnb上の予約強制削除により、今後約100万人の民泊難民が予想されます。
民泊業界において国内登録数No.1の民泊運営管理システム「m2m Systems」を展開するmatsuri technologies株式会社(東京都新宿区、代表取締役:吉田圭汰)は、民泊難民を救済するべく、「ホテル向けおためしAirbnbパック」を9月末まで限定でスタートいたします。



【概要】
訪日旅行客の約20%を占めるAirbnbサイトにホテル・旅館を無料で掲載でき、手数料はゲストが掲載した部屋にブッキングした際にのみ発生する完全成果報酬型のパックを開始いたします。
具体的には、ゲストからの24時間チャット対応や、予約一元管理を「m2m Hotels」が運用代行しますので、掲載から運用まで全てお任せいただけるサービスです。


【背景】
民泊仲介サイトのAirbnb社は、観光庁の通知発出を受け、6月2日住宅宿泊事業の届出がない日本国内の宿泊施設掲載を取り止めする事を発表し、6月7日には、削除前に確定していた宿泊予約(6月15日から6月19日分のみ)も一転して強制削除されました。
それに伴い、Airbnb社は、約11億円相当の基金を設立し、ゲストへの返金及び1万円のクーポンを発行しておりますが、代理の宿泊施設が足りてない状況です。

今回の予約強制削除は、6月15日に施行される住宅宿泊事業法(民泊新法)に基づき、観光庁の指示に従ったもので苦渋の判断として弊社も受け止めております。前年度のAirbnbを通して宿泊された訪日旅行客数から推定すると約100万人のゲストに今後影響が出ると予測しております。

訪日旅行客が、希望通りの宿泊先に宿泊できず、日本への旅行自体をキャンセルされる可能性があり、日本全体のインバウンド市場に多大な影響が出てくる恐れがあります。

これを受け、弊社では、約100万人の民泊難民に対し、代替の宿泊施設を確保できるよう、ホテル事業者向けAirbnb運用代行サービス「m2m Hotels」を格安でご利用いただく「ホテル向けおためしAirbnbパック」をスタートいたします。

↓「ホテル向けおためしAirbnbパック」お申し込みはこちら↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSffVwRUBLZj1JdxVHnZO3J3isUZz-K6FVkGR14EZkcvvcc5RA/viewform

【ホテル業者のメリット】
① 最短3日、無料でAirbnbサイトに掲載でき、面倒な操作は一切不要
弊社が提供するAirbnb運用代行サービス「m2m Hotels」をご利用いただく事で、最短3日でAirbnbサイトに掲載ができ、サイトを利用する場合に必ず必要となる、ゲストからのチャット対応も弊社でお任せいただけるので、オペレーションの心配が無くご利用いただけます。

② 民泊難民を救済
宿泊施設がキャンセルとなったゲストに対し、新たな宿泊先がAirbnb上に掲載される事で、不安が解消され、安心して旅行を楽しんでいただけます。

③ 高単価での宿泊予約を獲得
Airbnb上の掲載施設数が激減し、供給不足が起こっている今、Airbnb上の宿泊価格が高額になっております。
例:ドミトリータイプで1人 15,000円(クーポン利用をしているので単価が跳ね上がっても予約されている)

他OTAサイトより高単価で空室を販売できます。民泊難民の救済及び高単価の予約獲得はクーポンが配布されているairbnb上で行うのが理論上可能となります。

↓「ホテル向けおためしAirbnbパック」お申し込みはこちら↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSffVwRUBLZj1JdxVHnZO3J3isUZz-K6FVkGR14EZkcvvcc5RA/viewform

【ホテル向けおためしAirbnbパック概要】

●販売期間 : 2018年6月8日~2018年9月30日
●内容 :「m2m Hotels」を利用する歳のAirbnbサイト登録費用3万円をカット
            予約に対しての成果報酬型  (成果報酬費用は掲載料金の3%~15%)
●対象施設 :全国のAirbnb掲載可能なホテル・宿泊施設

「ホテル向けおためしAirbnbパック」お申し込みはこちら↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSffVwRUBLZj1JdxVHnZO3J3isUZz-K6FVkGR14EZkcvvcc5RA/viewform

【m2m Hotelsの詳細】
「m2mhotels」はホテル向けAirbnb運用代行サービスです。すでに700施設を超えるホテル・旅館をお預かりしており、国内有数のホテル向けAirbnb運用代行になっております。

①    完全にお任せでAirbnbを活用できる
Airbnbは通常の OTAと違い、チャットでのやりとりが必須なサービスです。弊社でも毎月10万件以上のチャットをやりとりしており、ホテルのフロントでこの業務を請け負うことは大変です。チャット対応を弊社で完結することで純粋な予約のみの形にできます。

②    24時間365日チャット対応(日英中)
日英中を駆使した有人チャットサポートを24時間提供しております。平均返信時間は1時間を下回っており、初回の返信に関しては10分以内の対応をお約束します。

③  予約一元管理
複数のオンライン宿泊予約サイトを一元管理できる「TEMAIRAZUシリーズ」と連携しているので、新たなアカウントを作る必要なく、他OTAサイト同様、Airbnbサイトへ登録が可能です。
またTEMAIRAZUと連動していないホテル様もiCalでの予約状況の共有が可能です。        

【なぜAirbnbに掲載をするのか】
代替宿泊施設の提供サービスは増えておりますが、AirbnbのユーザーはAirbnbのユーザーエクスペリエンスに慣れており、わざわざ他のサービスに移動した上で登録をしたいとは考えておりません。

1,000施設を超えるホテル・民泊・旅館のカスタマー対応をしている弊社では「Airbnb上でだいたいの宿泊施設を提供してほしい」という要望を数多くいただいております。

この機会に一度、Airbnbへ掲載し、民泊難民の方々へ空室を公開し、日本のインバウンド市場を盛り上げていきませんか。

【お申し込み・お問い合わせ】

matsuri technologies株式会社
新規事業部:吉田・渡邉
電話番号:03-6228-0440
mail: info@matsuri-tech.com

↓「ホテル向けおためしAirbnbパック」お申し込みはこちら↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSffVwRUBLZj1JdxVHnZO3J3isUZz-K6FVkGR14EZkcvvcc5RA/viewform

【matsuri technologies株式会社】
URL:https://www.matsuri.tech/

matsuri technologies株式会社は、民泊業界において国内登録数No.1の民泊運営管理システム「m2m Systems」を展開する不動産テックカンパニーです。新しい不動産管理・運用の世界を目指し、様々なサービスを展開しております。2018年6月に民泊新法が施行されることを受けて大手企業も続々参入を発表しており、市場が加速度的に拡大し健全化されていく中でも、これまでの事業ノウハウや知見を活かし、様々な形でより価値のあるサービスを展開していきます。

【提供サービス】

【民泊・簡宿適法チェッカー】http://mm-check.com/
簡易宿所、特区民泊、住宅宿泊事業法に対応した、適法物件判定ツール

【m2m premium】https://www.m2mpremium.com/
適法民泊&二毛作民泊運用代行サービス

【m2m Basic】http://m2mbasic.info/
総実績500万超を誇るAirbnbメッセージ代行サービス

【m2m Systems】https://www.m2msystems.info/
総登録施設数15,000施設を超える、国内登録数No.1の民泊管理ツール

【nimomin】http://www.nimomin.info/
「民泊+短期賃貸」の組み合わせで貸し出しを行う集客支援ツール

【m2m check-in】https://www.m2mcheckin.info/
民泊宿泊者向けオンライン自動チェックインシステム
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. matsuri technologies株式会社 >
  3. 100万人の民泊難民を救済。最短3日でAirbnb無料掲載サービス「ホテル向けおためしAirbnbパック」を9月末まで限定でスタート