『Media Opus Knowledge+アンケート・調査票分析』の手書きアンケート・調査票対応について

〜成人・子どもが記載した手書きアンケート・調査用紙から手軽に高度な分析を実現〜

株式会社システム情報センター(http://www.sic-kk.co.jp/ 本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:樋笠孝博、以下「SIC」)と株式会社メディアオーパスプラス(https://www.mediaopusplus.com/ 本社:大阪府大阪市、代表取締役:竹森勝俊 、以下 「MOP」)は、2020年3月24日(火)より『Media Opus Knowledge+アンケート・調査票分析』にて、紙のアンケートや調査票に記載された情報をデジタルデータ化した分析に対応します。

■背景
MOPは、多くの業界で活用され、身近で社会に浸透しているアンケート調査で、もっと手軽に高度な統計学・確率論・AIを駆使したデータ分析を提供する『Media Opus Knowledge+アンケート分析』を3月23日(月)より提供開始しました。しかし、高度な統計学・確率論・AIを駆使したデータ分析には、整形されたデジタルデータが必要です。紙のアンケートや調査用紙の場合には、記入されたデータをデジタルデータに入力、変換する作業が必要であり、分析のスピードやコスト、デジタルで蓄積されたデータとの統合が課題となっていました。
そして、手書きのアンケート・調査票はデジタル機器の活用が不適切または難しい調査等において、まだまだ重要な調査方法となっております。

■手書きアンケート・調査票対応概要
手書きのアンケート・調査票の手書き文字では、成人の手書き文字はもちろんのこと、子どもの手書き文字にも対応しています。紙のアンケートや調査票に成人・子どもが記入した内容を、データ分析に最適な整形データに変換することで、これまで高度な分析を諦めていた紙のアンケートや調査票でも、『Media Opus Knowledge+アンケート・調査票分析』を活用いただけます。

【手書きアンケートの例】



■手書きアンケート・調査票対応の価格
個別見積もり

■各社の主な役割
<SIC>
セキュアな環境にて、成人・子どもが記載した手書きアンケート・調査用紙をデータ分析に最適な整形データを生成し、MOPのデータ分析プラットフォームにデータを書き出します。
<MOP>
SICとMOPのデータ分析プラットフォームをセキュアに接続し『Media Opus Knowledge+アンケート・調査票分析』を提供します。

■会社概要
株式会社システム情報センター
1975年6月設立。システム開発業務、検証サービス、IT業務代行業務、事務処理代行業務、データ入力サービス、DMサービス、派遣事業、学習指導サービスを展開しています。IT、教育、雇用を通じて、社会に貢献する企業を目指します。

株式会社メディアオーパスプラス
2017年1月4日設立、2月1日事業開始。学習塾・大学・出版社・一般企業などに学びの映像・Web コンテンツを制作提供する「Media Opus Contents+」、最新の AI、機械学習手法(ディープラーニング等)を活用した学びのデータサイエンス、 コンサルティングを提供する「Media Opus Knowledge+」を柱とする学びを科学するテクノロジー企業です。

■お問合せ先
株式会社システム情報センター
問合担当:高田(たかだ)
電話:045-410-1719(受付 平日9時〜17時)
メールアドレス:takada.i@sic-kk.co.jp

株式会社メディアオーパスプラス
問合担当:圓林・福井(まるばやし・ふくい)
電話:06-6396-8540(受付 平日13時〜21時)
メールアドレス:pr@mediaopusplus.com
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社メディアオーパスプラス >
  3. 『Media Opus Knowledge+アンケート・調査票分析』の手書きアンケート・調査票対応について