関電アメニックス、新ホテルブランド「ELCIENT」を立ち上げ 既存ホテル「エルイン京都」を第1号店として4/1 リブランドOPEN

関西電力グループの株式会社関電アメニックス(本社:大阪市中央区、取締役社長:稲田 豊)は、宿泊主体型ホテルを新ブランド「HOTEL ELCIENT(ホテル エルシエント)」として運営することをお知らせします。それを受け、現在弊社が運営する宿泊主体型ホテル「エルイン京都」は、新ブランド「エルシエント」の第1号ホテルとして「ホテル エルシエント 京都」となり、2019年4月1日よりリブランドオープンいたします。また現在大阪で運営計画中のホテルについても新ブランドでの開業を予定しています。

「ホテル エルシエント」は、「泊まればもっと、その『まち』を好きになる。」をコンセプトに、お客さまが「まち」の魅力に出会う最初の入り口となり、再びこの街に戻ってみたいと思っていただけるような心躍る滞在を一つでも多く実現してまいります。

 

ホテルエルシエントロゴホテルエルシエントロゴ

【詳細】
1.新ブランド名について
「ELCIENT」(エルシエント)には、お客さまが訪れた街で新たな「発見」や「出会い」というポジティブなアクションを起こしていただく入り口になりたいという願いを込めています。語源はそれぞれ、「EL(ectricity)」は関西電力グループ、「CI」はチェックイン(Check-In)やホテルに宿泊していただくこと、「ENT(rance)」はホテルがその街への入り口であることを意味しています。

2.ブランドロゴについて
ELCIENTの頭文字である「E」をモチーフに製作。3本のラインはそれぞれ「お客さま」と「ホテルで働くスタッフ」、そして「まち」を表しており、それらが全て繋がっていることから、ELCIENTが「まち」と「人」の縁を繋げ、新しい「発見」と「出会い」の入り口であることを象徴しています。また、糸を模すことでそれぞれが織り成し合い、結びつきを深める場にしたいという願いも込めています。ロゴタイプにも、ロゴマークと同様のラインを採用して統一感を出しました。色はゴールドとブラックを使用し、全体で凛とした気品とお客さまをもてなす気持ちを表現しています。

3.ブランド変更施設
「エルシエント 京都」(2019年4月1日「エルイン京都」から変更予定)

4.新ブランドでの開業予定施設
大阪市北区曽根崎1丁目に開発中のホテル(253室、2020年7月開業予定)

■会社概要(本社)
会社名:株式会社関電アメニックス
本 社:大阪市中央区南船場4-11-12
代表者:稲田 豊
設 立:昭和39年8月1日
URL:https://www.k-amenix.co.jp/
事業内容:婚礼、宴会、レストラン、フィットネス、ホテル、ゴルフ場などレジャー観光施設の運営
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 関電アメニックス >
  3. 関電アメニックス、新ホテルブランド「ELCIENT」を立ち上げ 既存ホテル「エルイン京都」を第1号店として4/1 リブランドOPEN