世界初!バーチャルYouTuberがAIプログラミング授業!?AIプログラミング学習サービス「Aidemy」、バーチャルYouTuberを動画教材のトレーナーに起用

- 4/16よりオーディション開始!講師の属人化を防ぎ、多言語化を容易に -

東京大学発スタートアップの株式会社アイデミー(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO 石川聡彦)が提供するAIプログラミング学習サービス「Aidemy」(https://aidemy.net/)は、新たに配信する動画教材のトレーナーにバーチャルYouTuberを起用することを決定いたしました。合わせて、4月16日より初代バーチャルYouTuberトレーナーのオーディションを開催します。

【バーチャルYouTuberオーディション応募受付フォーム】
https://goo.gl/forms/h45yAa8dIQ2cBAjo1

 

▲バーチャルYouTuberによる授業のイメージ▲▲バーチャルYouTuberによる授業のイメージ▲

■バーチャルYouTuber起用の背景

AidemyはPythonの基礎からディープラーニングまで、PCの環境構築なしで学習を始められるAIに特化したオンラインのプログラミング学習サービスです。現在、Aidemyでは静止画で講義を行なっていますが、今後配信する予定の動画教材においてバーチャルYouTuberをトレーナーに起用します。バーチャルYouTuberを起用することで、動画教育サービスが抱える、講師の属人化と多言語展開の課題を解消したいと考えています。
さらに、弊社代表取締役のTwitterで『AidemyでバーチャルYoutuberによるAIの講座を受けたい人はRT』という旨でツイートしたところ、ツイートから24時間以内に500RT以上を達成しました。以上の調査から、バーチャルYoutuberによる動画授業のニーズを確信し、今回のリリースを決断しました。
 


【バーチャルYouTuberを起用するメリット】
1. 同じ講師のコースを長期的に提供できる
従来の教育サービスでは、人気講師に生徒が集まる傾向があり、講師が退職した際に生徒も移籍するなど、生徒が定着しない、経営が安定しない課題がありました。バーチャルYouTuberを起用することで講師の属人化を防ぎ、長期的に安定した講義の配信が可能になります。

2. コースの多言語化が容易になる
Aidemyは英語版のリリースを予定しています。従来の日本人講師による動画授業は、英語圏の方には親和性が低く、さらに吹き替えが難しいという問題点がありました。バーチャルYouTuberを起用することで声優の吹き替えを変更するだけで、英語版の配信が可能になります。

■バーチャルYouTuberトレーナー オーディション概要
4月16日より「Aidemy」バーチャルYouTuberトレーナーオーディションを開始します。採用されたバーチャルYouTuberには実際にAidemyの動画教材のトレーナーとして活躍いただきます。合わせて、バーチャルYouTuberの動画制作を支援いただけるデザインファームを募集します。

 ・募集期間:2018年4月16日(月)〜5月2日(水)
 ・結果発表:5月上旬を予定。弊社にて選考の上、追ってご連絡いたします。
 ・募集内容:「Aidemy」が開発中の動画教材のトレーナとなるバーチャルYouTuberや声優、
                    並びに動画の制作を支援いただけるデザインファームを募集。
 ・募集要項・応募条件:企業・個人問わずご応募をお待ちしています。下記、ご参考ください。

1. コンテンツIPや声優を所持する芸能事務所からの応募歓迎
Aidemyの教材にマッチするコンテンツIPを所持するバーチャルYouTuber事務所からの応募を歓迎します。

2. コンテンツIPやバーチャルYouTuber動画の制作を支援するデザインファームからの応募歓迎
Aidemyが新しくコンテンツIPを所持する際に、動画制作を支援いただけるデザインファームからの応募を歓迎します。

3. 個人からの応募歓迎
Aidemyの講座を3講座以上ご受講いただいた方を歓迎します。

【バーチャルYouTuberオーディション応募受付フォーム】
https://goo.gl/forms/h45yAa8dIQ2cBAjo1

【バーチャルYouTuberとは】
バーチャルYouTuberとは、モーションキャプチャシステムを活用し、3DCGキャラクターで動画配信をする人のことです。人気バーチャルYouTuberはYouTubeチャンネル登録者数が150万人を超えるなど、国内外で注目を集めています。

【Aidemyの概要】
Aidemyは2017年12月のサービス正式公開から3ヶ月で会員登録ユーザー数1万人以上、コード実行回数100万回以上を記録した、日本最大級の先端技術のラーニングサービスです。

1. 10秒で演習開始 – PCへの環境構築は不要で、インターネットブラウザ上でプログラミングができます。
2. 今話題の技術を習得可能 – ディープラーニングや自然言語処理など、いま話題の技術を習得できます。
3. 無料から始められる – 一部の講座は完全無料にてご受講いただけます。

 

▲Aidemyの演習画面の例(コードを書きながら学習する問題)▲▲Aidemyの演習画面の例(コードを書きながら学習する問題)▲

▲Aidemyの演習画面の例(クイズに答えながら学習する問題)▲▲Aidemyの演習画面の例(クイズに答えながら学習する問題)▲

【URL】 https://aidemy.net/

【Aidemyの教材の特徴】
1. 業界トップシェア技術を採用 – Python/numpy/pandas/scikit-learn/tensorflowなどの技術が学べます。
2.理論より実践重視 – 難しい数学の知識や理論もできるだけ直感的に理解できるような教材です。
3.自動採点システム – 書いたプログラムは仮想環境上で自動的に採点されます。

 

 

▲Aidemyの教材(受講ルートページ)▲▲Aidemyの教材(受講ルートページ)▲

▲Aidemyの教材(受講コースページ)▲▲Aidemyの教材(受講コースページ)▲

サービスの利用は以下アドレスから可能です。
【URL】 https://aidemy.net/

【株式会社アイデミーについて】
株式会社アイデミー(旧社名 Goods株式会社)は2014年に創業されたベンチャー企業です。大学での機械学習応用系の研究、クライアント企業のアプリケーション制作・データ解析を経て、2017年12月に「10秒で始めるAIプログラミング学習サービスAidemy」がリリースされました。Aidemyは3ヶ月で会員数1万人、コード実行回数100万回を突破した日本最大級の先端技術のラーニングサービスです。また、早稲稲田大学リーディング理工学博士プログラムでのAI入門特別実践セミナーも担当し、代表取締役 石川聡彦の著書「人工知能プログラミングのための数学がわかる本」がKADOKAWAより2018年2月に発売されました。こうした事業を通じて、「世界100万人規模の先端IT人材の不足」という社会課題の解決に貢献して参ります。

▲株式会社アイデミー 代表取締役CEO 石川 聡彦▲▲株式会社アイデミー 代表取締役CEO 石川 聡彦▲

【株式会社アイデミー概要】
会社名:株式会社アイデミー
所在地:東京都渋谷区道玄坂2-16-8 渋谷坂本ビル6階
代表者:代表取締役CEO 石川 聡彦
設立:2014年6月
URL:https://aidemy.net/
株主:経営陣, 東京大学エッジキャピタル(UTEC), Skyland Ventures, エンジェル投資家 他
事業内容:エンジニアのためのAIプログラミング学習サービス「Aidemy」の提供

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アイデミー >
  3. 世界初!バーチャルYouTuberがAIプログラミング授業!?AIプログラミング学習サービス「Aidemy」、バーチャルYouTuberを動画教材のトレーナーに起用