【子育Tech委員会】新たに5社参画決定遊びや治療、子育てをする生活に密着した企業参入により子育て世代へのリーチを強める

〜2018年12月2日(日)『ポスリーおやこフェスタ』に参画〜

株式会社カラダノートが発起人となり2018年にITベンチャー5社からなる共同組織『子育Tech(こそだてっく)委員会』にあたらに5社が新規参画となりました。
下記5社による新規参画により、子育て現役の世代へさらなるリーチを強め、子育てにITやテクノロジーを使って心身ともにゆとりある子育て「子育Tech」の普及に努めていきます。
■『子育Tech委員会』新規参画企業(5社)
①株式会社cosoral

所在地 :東京都渋谷区神泉町8-16
代表  :齋藤 明日香
事業概要:プリント整理アプリ「ポスリー」など子育て支援事業
URL       :https://info.posly.jp/company/

②株式会社イースマイリー

所在地 :東京都渋谷区幡ヶ谷1-11-9-307
代表  :矢澤 修
事業概要:子供向け知育動画配信サービス「キッズチューブ」の運営
URL       :http://www.esmiley.co.jp

③株式会社キッズスター

所在地 :東京都世田谷区池尻2-4-5世田谷ものづくり学校207
代表  :平田 全広
事業概要:社会体験アプリ「ごっこランド」、デジタルアトラクション
URL       :https://www.kidsstar.co.jp

④株式会社BiPSEE

所在地 :東京都渋谷区代々木1-13-4ブラウンビル4FspAce4510
代表  :松村 雅代
事業概要:子供の治療中の不安や痛みを軽減する医療VRサービス事業
URL       :https://www.bipsee.co.jp

⑤株式会社Timers

所在地 :東京都渋谷区恵比寿1-1-9 4F
代表  :高橋 才将
事業内容:顔認証技術などを活用した家族アルバムアプリ「Famm」など
URL       :https://timers-inc.com

■『子育Tech』とは

子育てにITやテクノロジーを活用し、心のゆとりある子育て環境を実現することを目的として、2018年3月より株式会社カラダノートが提唱を開始。2018年10月2日に、株式会社ファーストアセント、株式会社AsMama、ピクスタ株式会社(fotowa事業部)および株式会社オトバンクの5社にて「子育Tech委員会」が発足。
親子対象のイベントや、調査リリースを通して、子育Techを文化として浸透させていくことを目的とする。
『子育Tech』は、ITやテクノロジーを使って以下を実現するものと定義。
①育児の記録共有の効率化するもの
②育児の情報収集の効率化するもの
③育児にまつわる夫婦間のコミュニケーションの糸口になるもの

2018年12月2日(日)にcosoral社で開催予定の親子向けイベント「ポスリーおやこフェスタ」へ子育Techブース出展を予定しています。子育Tech委員会(計10社)のうち、下記の企業ブース出展を予定しています。
▼子育Tech参画企業ブース
・株式会社BiPSEE:歯科診療中の不安・痛みを軽減する「BiPSEE歯科VR」など医療VRのデモ体験
・株式会社キッズスター:Xperiatouchを使用したデジタルコンテンツ体験
・株式会社イースマイリー:親子で絵本作りワークショップ

■ポスリーおやこフェスタ概要
日時:2018年12月2日(日)10:00〜15:00
場所:株式会社cosoral社内イベント会場
住所:東京都渋谷区道玄坂1丁目9-5渋谷スクエアAビル11階
対象:未就学児・小学生の親子
料金:入場無料
内容
・習い事体験ブース
・出展ブース(子育Tech参画企業出展予定)
・体験ワーク
・ポスリー主催ブース
・体験ワークショップ
・レジンでアクセサリー作り
・絵本作り(主催:イースマイリー)
・クリスマスリース作り
・バスボム作り
・ステージプログラム
・トークセッション
・ゲーム
・チャリティフリマ
・野菜販売
※プログラムやブースの内容は当日変更することがあります。

テクノロジーを使って心身ともにゆとりある子育てに
〜【子育Tech】〜
URL:https://www.kosodatech.com


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カラダノート >
  3. 【子育Tech委員会】新たに5社参画決定遊びや治療、子育てをする生活に密着した企業参入により子育て世代へのリーチを強める