新型コロナウィルス感染症の予防に効果的!非接触で30名同時に体温測定ができるAI搭載のサーマルカメラ

~設置環境に合わせた3種類を新発売~

株式会社アート(神奈川県川崎市、代表取締役社長:関本祥文)は、オフィス向けセキュリティーシステムのアクセスコントロールに必要不可欠なカメラシステムとして、新たにAI搭載のサーマルカメラを製品ラインナップに追加いたします。最大30名が同時に測定できる、「常設型AIサーマルカメラ」、最大20名が同時に測定でき、三脚に取り付けることで仮設置が可能な「ドーム型AIサーマルカメラ」、バッテリーで8時間駆動できるハンディータイプの「ハンディー型AIサーマルカメラ」の3機種を2020年5月1日に新製品として発売開始しました。
 
■製品仕様について

今回新発売する「AIサーマルカメラ」はオフィス・病院・介護施設など不特定多数の方が同時に集まる施設等において、非接触で体温測定ができ、予め設定していた異常の温度を検出した場合には、アラートとして画像に表示、音声出力、ランプにより表示(※1)を行うことができ、管理者へ通知できます。AI機能を搭載していることにより、マスク着用時でも人の顔を検知して測定することができます。
※1 カメラによりアラートの方法が変わります

新型感染症問題において感染者の増大を防ぐためには、オフィスや施設に来訪する方への体温測定が必要不可欠であり、非接触で検知をすることで、発熱者が施設内へ入ることを未然に防ぐことができ、感染拡大や集団感染に効果があります。

今後の展開として、当社は今回新発売する「AIサーマルカメラ」を、当社製品のアクセスコントロールシステムと連動することを検討し、開発に着手しております。

アクセスログと映像データがシームレスに繋がり、今まで別々に管理をしていたアクセスログと映像データが一元管理することが可能になり、管理者の業務軽減、異常等が発生した際の確認作業が格段に改善されることを目指しております。

当社は、今後も長年培ってきたアクセスコントロールシステムを更に発展させ、幅広いニーズに対応するとともに、潜在的なニーズを掘り起こしていきます。

 
 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アート >
  3. 新型コロナウィルス感染症の予防に効果的!非接触で30名同時に体温測定ができるAI搭載のサーマルカメラ