世界中の都市を周遊するクロスカルチャーイベント<BUDXTOKYO>第一弾ラインナップが発表、第一次チケット応募(無料)の申込がスタート!

2019年8月29日(木)〜31日(土) @CROSS DOCK HALL HARUMI <入場無料>

海外勢はMura Masa、Mija、国内からは石野卓球、Seihoと、
今のクラブシーンを牽引するアーティストが揃い踏み

 

チャンスを掴もうとしている人を応援しているプレミアムラガーブランド、<バドワイザー>。
「BE A KING」をメッセージに、<バドワイザー>が今後輝ける才能を後押しすべく世界中で開催しているクロスカルチャーイベント<BUDX(バドエックス)>の東京版、<BUDXTOKYO(バドエックストウキョウ)>(8月29日(木)〜31日(土)、CROSS DOCK HALL HARUMI)のNIGHT PROGRAMとなるMUSICパートに出演する第一弾アーティストが発表されました。

第一弾で発表されたアーティストは、まず海外勢はイギリスが世界に誇る英才のMura Masaが初日に、2日目には、バーニングマンやコーチェラなどで名を上げ、近年はジャンルレスなアンダーグラウンドサウンドを志向するMijaがラインナップ。また日本からは、日本テクノシーンのパイオニアでありながら多様な音楽を自由闊達に操る石野卓球が3日目に、そしてMijaと同じ2日目にはジャンルレスなクラブサウンドで世界を渡り歩くSeihoが登場いたします。

今回は第一弾発表と同時に<BUDXTOKYO>入場チケット(無料)の一次応募受付もスタート。BUDXTOKYOイベント公式サイト(budx.mixmag.jp)から、ローソンチケットにて応募が可能になっています。
第二弾発表(7月下旬)では、さらなる海外・国内のアーティスト情報が解禁予定となっています。こちらも引き続きご期待ください。​


 

Mura Masa​

 

イギリス王室属領ガーンジー島出身。17歳よりエレクトロニックサウンドを中心にベッドルームにてトラックを制作。2013年にSoundCloudにアップした楽曲が噂を呼び、2016年にイギリス最大の野外フェス〈グランストンベリー・フェスティバル〉に出演。2017年にはDemon Albarn、A$AP Rockyをはじめ、豪華客演を迎えた1stアルバム『Mura Masa』をリリース。ヒップホップ、ハウス、ダブステップ、トラップ、そして民族音楽などを取り入れたオリジナルの楽曲が大きな話題を呼び、2018年第60回グラミー賞では2部門にノミネートされた。


Mija​

アリゾナ州フェニックス出身。学生の頃にレイヴのプロモーターとして活動していた頃にDJをスタート。本名のAmber Cilesの名で様々なパーティでプレイをしていた最中、EDMの巨匠Skrillexに再会し、2014年にSkrillexとB2BでDJを果たし注目を浴びる。以後、MIJAの名でEDMシーンにて頭角を現し、LAのダウンタウンへ拠点を移すと同時にレーベル〈OWSLA〉に所属。数々のトラックを制作し、プロデューサーとしても活躍する。自身のDJミックススタイルを”fka Gannre”と称し、ハウス、テクノ、EDMとジャンルの垣根を超えあらゆるサウンドをプレイ。


Seiho​

大阪出身。高校の時にエレクトロニカに影響を受け、電子音楽を中心に音楽制作を始める。2016年にLA発レコードレーベル〈Leaving Records/Stones Throw〉より3rdアルバム『Collapse』をリリース。その後〈Low End Theory〉〈SXSW〉といったアメリカ主要イベントへの出演や、Flying Lotus、Matthew Herbert、Cashmere Catといったアーティストとともにツアーを行うなど、海外でも活躍。国内では三浦大知、矢野顕子、KID FRESINO、PUNPEEらと共演するなど、数々の作品をプロデュース。
 

 

石野卓球​

今年で結成30周年を迎えたピエール瀧とのデュオ、電気グルーヴでは、電子音楽をメジャーに押し上げ、「虹」「Shangri-La」などのヒット曲を日本全国へ届けてきた。
1998年には、ドイツのテクノパーティ〈LOVE PARADE〉にて100万人のオーディエンスの前でDJプレイ。その翌年からは、日本で屋内最大のテクノ/レイヴイベント〈WIRE〉を主催。またDJだけでなく、日本のメジャーアーティストから、海外のコアなアーティストまで幅広くプロデュース、コラボレーション、そしてリミックスなどを行なってきた。今年は、ソロで6月より5週連続で新曲をリリースし話題を呼んだばかり。​

BUDXTOKYOイベント概要​
イベント名:
BUDXTOKYO(バドエックストウキョウ)
開催日:
2019年8月29日(木)~8月31日(土) 
開催場所:
CROSS DOCK HALL HARUMI(東京都中央区晴海4-7-4)
チケット:
入場無料(応募&抽選方式)
第一次応募申込 7月17日(水)13:00〜7月31日(水)23:59
第二次応募申込 8月1日(木)13:00〜8月25日(日)23:59
※詳しくはWEBサイトをご確認ください。
出演:
<NIGHT PROGRAM(MUSICパート)>
8月29日(木)MURA MASA and more
8月30日(金)MIJA/SEIHO and more
8月31日(土)石野卓球and more
第二弾は7月下旬に発表予定

<DAY PROGRAM>
第二弾以降、順次発表予定
#BUDXTOKYO #BUDX​

 

 

 

BUDX(バドエックス)とは​
2018年からスタートした<BUDX(バドエックス)>は、<バドワイザー>がUK発のクラブカルチャーメディア『mixmag』とタッグを組み、世界の主要都市において音楽や文化の面で突出した才能を開花させている人物にスポットライトを当てるグローバルなプロジェクトです。
2019年の<BUDX>はこれまでパリ、ムンバイ、ホーチミン、ラゴスなどで開催され、TroyBoi、MaceoPlex、Busy P、KevinSaundersonらがヘッドライナーを務めてきました。
<BUDXTOKYO>ではこうした海外からのヘッドライナーをはじめ、東京のカルチャーを牽引するリーダーたちを世界に向けて紹介する準備を進めています。​

<バドワイザー>ブランドの新しい取り組み​
世界6⼤陸・約85カ国で愛飲され、世界を席巻する<バドワイザー>は、「BE A KING」をブランドメッセージとして、チャンスを掴もうとしている人々を応援しているプレミアムラガービールブランドです。
国内における<バドワイザー>ブランドは、2019年1月からビールの世界最大手、アンハイザー・ブッシュ・インベブによる自社生産・自社販売体制に切り替わり、プレミアムラガービールとしてのクオリティを一段と実現出来る環境へと変化してまいりました。
<バドワイザー>は現在日本でも大胆かつ新鮮なブランド活動をスタートしています。ファッションブランドとのコラボレーションをはじめ、音楽やアートなどの要素も取り⼊れ、<バドワイザー>を愛飲するユーザーの野⼼と⾃由を応援し続けています。​

バドワイザー公式WEBサイト
https://budweiser.jp
Instagram
https://www.instagram.com/budweiser_jpn/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCwyptgjXrIPBoG49jHA0ZTw/about
Facebook
https://www.facebook.com/BudweiserJapan/
Twitter
https://twitter.com/budweiserjp
BUD X TOKYO 公式サイト
budx.mixmag.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アンハイザー・ブッシュ・インベブ ジャパン株式会社 >
  3. 世界中の都市を周遊するクロスカルチャーイベント<BUDXTOKYO>第一弾ラインナップが発表、第一次チケット応募(無料)の申込がスタート!