バルスが運営するバーチャルライブ空間『SPWN』、プラネタリウムにてバーチャルライブイベント実施。

12月8日(日)コスモプラネタリウム渋谷 ハニーストラップ「堰代ミコ」ソロイベントにて

リアルとバーチャルの融合で新たな体験を創造するxR Tech(エックスアールテック)カンパニーであるバルス株式会社(東京都千代田区/代表:林範和)は、当社が運営する3DCG上に出現するライブ空間「SPWN」を用いてコスモプラネタリウム渋谷にて12月8日(日)にバーチャルイベントを実施いたしました。


■史上初、プラネタリウムでVtuberのイベントを実施
本イベントではプラネタリウムでVtuberのライブイベントを実施しました。ファンは着席し球体スクリーンを見上げながら朗読劇とライブを楽しみました。本イベントでは、バーチャルならではの双方向にコミュニケーションを取り合うことのできる企画を用意し、ファンとVtuberがプラネタリウムで一緒に楽しみました。

■無線回線の環境でも安定的なライブイベントを実現
通常、無線回線での映像・音声データの送受信は回線が不安定なため、映像や音の遅延が起こりやすく、ライブイベントには不向きでした。それを解消するため映像・音声データの軽量化や伝送方法の改良を行い、無線回線でのライブイベントを実現しました。



※xR TECHとは※
AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(複合現実)、SR(代替現実)などをはじめとする先端技術の総称を指す
■バルス株式会社について
3DCGを活用したVR・ARなどのxRコンテンツの企画から制作・運営までを一貫して自社単独で提供しています。オリジナルのアニメ・ゲーム・VTuberやバーチャルアーティスト等の企画立案およびプロデュースや、xRライブの企画・モーションキャプチャー・ライブ製作まで幅広い知見でクライアントのニーズに対応することに強みを持っています。
■会社概要
バルス株式会社
創業:2018年
代表取締役:林範和
事業内容:xRコンテンツの企画・制作及び運営
URL:https://balus.co
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バルス株式会社 >
  3. バルスが運営するバーチャルライブ空間『SPWN』、プラネタリウムにてバーチャルライブイベント実施。