ビットキー、スマートロックと連動し企業の受付から案内を無人化するスマート受付システム「bitreception」を2月6日より提供開始

〜森トラストグループ本社の受付にて、先行導入〜

 キーテクノロジースタートアップの株式会社ビットキー(所在地:東京都中央区、代表取締役:江尻祐樹・福澤匡規・寳槻昌則、https://bitkey.co.jp/、以下 ビットキー社)は、企業の来訪者受付から会議室案内まで無人化するスマート受付システム「bitreception(ビットレセプション)、https://biz.bitlock.jp/industries/office#reception」を、2020年2月6日(木)より提供開始します。ビットキー社のスマートロック「bitlockシリーズ」との連携によって、来訪者の到着にあわせて会議室の利用状況を取得し、自動でドアの鍵解錠および会議室案内を可能にします。
 また、提供開始に先駆け2020年1月下旬より森トラストグループ本社受付にて導入し、無人化しています。

■「bitreception」開発の背景
 2019年7月に発売したオフィス向けスマートロック「bitlock PRO」は低コストで導入できる点から、多くの企業に採用されています。これにより、企業からオフィスや会議室に関することに限らず様々な要望がある中で、“有人受付コスト”“内線電話による業務の中断”“会議室への案内業務”などの来訪者対応に関する課題が多かったことから、それらを解消するべく「bitreception」を開発しました。

■「bitreception」3つの特長
①業務中の内線電話対応や来訪者のお迎えが不要
②受付業務無人化で人件費削減
③来訪者の訪問表記入の手間や待ち時間のストレス軽減

■概要
サービス名:スマート受付システム「bitreception」
提供開始 :2020年2月6日(木)
契約形態 :法人契約
対応場所 :自社オフィスビル、テナントビル、イベントスペース、商業施設等
対応言語 :日本語 英語
価格   :税別月5万円~(付属品含、設置費用とタブレット費用別)
付属品  :bitlock PRO ×1台  bitreader ×2台 Wi-Fi コネクタ ×1台  オートロックセンサー ×1つ
※付属品なしも対応可能

 会議室予約とメール自動送信は「Microsoft Outlook」に対応しており、今春には「Google calendar」と連携予定です。併せて、slackなどビジネスチャットを使用した通知も実装します


■株式会社ビットキーについて

 ID連携・認証と権利処理のデジタルキープラットフォーム「bitkey platform(ビットキープラットフォーム)」を開発・運営し、世界中のあらゆるものを柔軟に1つのIDでつなぐことを目指すキーテクノロジースタートアップです。「bitkey platform」を応用したスマートロック「bitlockシリーズ」は単にカギをデジタル化するのではなく、宅配、家事代行、クリーニングといった多種多様なサービスを不在時に利用可能にすることで、人々の生活スタイルに革命を起こし、人生をより人間らしく豊かにすることを目指します。

【会社概要】
社名  :株式会社ビットキー
所在地 :東京都中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン14F
代表者 :代表取締役CEO 江尻祐樹
     代表取締役COO 福澤匡規
     代表取締役CCO 寳槻昌則
創業  :2018年8月1日
資本金 :46億655万円(2019年12月30日現在 資本準備金を含む)
事業概要:次世代ID/Key bitkeyの企画・開発・運用
     bitkeyを利用したスマートロックの開発・製造・販売・運用
     bitkeyを利用したサービスプラットフォームの企画・開発・運用
     *「ビットキー」「bitkey」(大文字小文字含む)は当社の登録商標です。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビットキー >
  3. ビットキー、スマートロックと連動し企業の受付から案内を無人化するスマート受付システム「bitreception」を2月6日より提供開始