東京水道サービス株式会社 、 株式会社 PUC との 合併契約調印式を開催

東京水道サービス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:野田数、以下、 TSS)は、 2020年2月10日(月)に東京都水道局の中嶋正宏局長の同席のもと、TSS 本社にて合併契約調印式を執り行い、東京都の水道事業においてお客さまサービスやITシステムの運用等を担う株式会社PUC(以下、PUC)と合併契約を締結しましたので、お知らせします。

左から中嶋正宏東京都水道局長、TSS野田数社長、PUC小山隆社長左から中嶋正宏東京都水道局長、TSS野田数社長、PUC小山隆社長


 東京都の水道事業は、都の人口が2025年を境に減少に転じ、給水収益が減少していくことが見込まれる中、今後、老朽化等による 大規模浄水場の更新等を行っていかなければならないという環境下にあります。将来にわたって持続可能な事業運営を行っていくには、東京水道の経営基盤を強化し、東京水道グループの総合力を高める必要があるとの考えから、TSSとPUCは合併するに至りました。

 調印式では、合併後の新会社名が「東京水道株式会社」(英語名:Tokyo Water Co., Ltd.)となること、また、新会社の ロゴマークが改めて発表されました。さらに、社外取締役候補3名が紹介されるとともに、TSS代表取締役である野田数が、新社長候補として東京都水道局より推薦を受けていることが報告されました。
 東京都水道局の岡安理事からは、推薦理由として、今後の東京水道が目指すべき改革の方向を的確に認識し、着実に実務を遂行できる人物がふさわしいという観点から、今回の統合作業を先導して進め、TSSの社長就任から短期間で様々な改革の実績を上げてきたTSSの野田社長を新会社の社長候補として推薦することを、TSS・PUCとも協議した上で、知事の了承を経たものであることが紹介されました。

【挨拶(抜粋 】
■PUC 代表取締役社長 小山 隆
 新会社の最大の使命は、これまで同様、東京都水道局からの負託と都民の信頼に応えていくことです。
新体制の下、技術系業務と営業系業務の統合によるシナジー効果を最大限に発揮し、さらなる都民サービスの向上のため、全社一丸となって取り組んでいくこととなります。
 令和という新しい時代の幕開けとともに、新会社の業務内容が今後大きく広がる中、先見性や柔軟な発想力をお持ちの野田社長という新しいリーダーの下、新会社が力強く発展していくことを期待しています。

■TSS 代表取締役社長 野田 数
 TSS の代表取締役就任以降、社内のガバナンス体制の強化に努めるほか、社員のモチベーション向上と人材の確保、また、PUCとの合併に向けた準備にも全力を注いでまいりました。
 新会社発足後は、2つの大きな団体の統合になりますので、社員の一体感の醸成と組織の機動的な運用を心がけ、統合のシナジー効果を最大化させることを目指します。それにより、お客さまサービスのさらなる向上を図ってまいります。
 また、技術系業務と営業系・IT系業務が一体となった新しい価値の創造や、国内外水道事業体への貢献にも取り組んでまいりたいと 思います。

【東京水道株式会社 概要】
・社名     :東京水道株式会社(英語名 Tokyo Water Co., Ltd.)
・コーポレートスローガン: 確かなサービスで、水と人の未来を創る
・経営理念   :私たちは、東京水道グループの一員として高いコンプライアンスのもと、豊富な経験と確かな技術
       力で社会に貢献し、お客さまの満足度の向上と豊かな価値を創造する企業を目指します。
・業務開始日:令和2年4月1日


【東京水道株式会社 ロゴ】



【東京水道株式会社 社外取締役 (監査等委員)候補者 】
 ・中島美砂子(なかじまみさこ)氏
  -中島法律事務所 弁護士、公認会計士
 ・大賀公子(おおがきみこ)氏
  -株式会社スカパーJSATホールディングス 社外取締役
 ・中島文明(なかじまふみあき)氏
  -昭和電線ホールディングス株式会社 顧問、蛇の目ミシン工業株式会社 社外取締役

【東京水道株式会社 代表取締役社長候補者】
・野田数(のだかずさ)氏
  -平成28年8月 東京都知事政務担当特別秘書 就任
  -平成31年3月 東京都知事政務担当特別秘書 退任
  -令和 元年5月 東京水道サービス株式会社 代表取締役社長 就任
  -令和 元年5月 拓殖大学大学院地方政治行政研究科 客員教授

【東京水道サービスとは】
 東京水道サービスは、東京都の政策実現の一翼を担う政策連携団体であり、日々、安全でおいしい水を安定的に供給するため、技術的な業務を展開し、都市活動を支えています。東京水道は平成30年に、近代水道創設 120 周年を迎えました。東京水道サービスは、この東京水道 120 年の歴史を守り続けた世界最高水準技術を受け継ぎ、東京都において水道施設の管理や、浄水施設の管理、水道に関するコンサルティング・調査、技術開発、水道資器材の管理・販売などを行っています。また、東京水道で培った技術・ノウハウを積極的に海外へ技術援助する事業を展開。世界各国で水道システムの構築・運営管理のサポートを行っており、これまで、ミャンマーやマレーシアなどの地域で水道施設の整備・管理を実施してい
ます。

【東京水道サービス 会社概要】
・社名   :東京水道サービス株式会社
・本社所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿 6 14 1 新宿グリーンタワービル 5 階
・設立年月 :昭和62年2月
・資本金  :1 億円
・株主   :東京都(51 %)ほか
・従業員数 :1,251 名(平成31年4月現在)
・事業内容 :水道施設の整備・管理等、水道に関するコンサルティング及び各種研修など



【本件に関するお問い合わせ】
東京水道サービス株式会社 広報担当:尾関・田中
TEL:03-5325-1021/E-mail:tss-pr@tssk.jp

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京水道サービス株式会社 >
  3. 東京水道サービス株式会社 、 株式会社 PUC との 合併契約調印式を開催