渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトが「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2020」にて3つのARコンテンツを宮下公園にて展開。

日時:2020年11月7日(土)~11月15日(日)場所:渋谷区立宮下公園(SOCIAL INNOVATION PARK)

KDDI株式会社(以下、KDDI)ら約50社により構成される渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトは11月7日(土)〜15日(日)開催の国内最大級のソーシャルデザインをテーマにした東京・渋谷の都市フェス「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2020」(以下、SIW)にて、新しく生まれ変わった渋谷区立宮下公園を「SOCIAL INNOVATION PARK」とし、3つのARコンテンツを展開します。
  • 渋谷の街からYOASOBIの最新MRスペシャル映像を楽しもう「YOASOBI NOVEL INTO MUSIC」
 日時:2020年11月7日(土)~15日(日)@MIYASHITA PARK

  ハロウィーン期間中も渋谷に展示していた、“小説を音楽にするユニット” YOASOBIと、渋谷5GエンターテイメントプロジェクトのコラボによるMRスペシャルコンテンツ『YOASOBI NOVEL INTO MUSIC』の一部をSIW会期中(11/7~15)にMIYASHITA PARKにて特別展示中です。

※「YOASOBI NOVEL INTO MUSIC」にはSTYLY mobile アプリ( https://styly.cc/ja/mobile/ )が必要となります。ご自身のスマートフォン/タブレットにアプリをダウンロードの上、体験スポットに設置されているSTYLYマーカーを読み込み、コンテンツをお楽しみください。

<音楽ユニット「YOASOBI」プロフィール>
コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる、「小説を音楽にするユニット」 。2019年11月に公開された第一弾楽曲「夜に駆ける」はBillboard Japan Hot 100やオリコン週間合算シングルランキングで複数週にわたって1位を獲得し、ストリーミング再生回数は2020年9月に2億回を突破。第二弾楽曲「あの夢をなぞって」は原作小説がコミカライズ、第三弾楽曲「ハルジオン」は飲料や映像作品とのコラボレーションを果たし、7月20日に第四弾楽曲「たぶん」、9月1日にブルボン「アルフォートミニチョコレート」CMソング「群青」をリリース。原作小説の書籍化や映画化も発表し、さらに展開の幅を広げている。

  • デジタルハリウッド AR Exhibition in MIYASHITA PARK Presented by NEWVIEW SCHOOL   〜 本科デジタルアーティスト専攻の学生制作によるSTYLYを活用したARコンテンツ成果発表 〜
 VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY(https://styly.cc)」を提供する株式会社Psychic VR Lab(東京都新宿区)、株式会社パルコ(本部所在地:東京都渋谷区)、株式会社ロフトワーク(東京都渋谷区)による共同プロジェクト「NEWVIEW(ニュービュー)」の一環で、株式会社Psychic VR Labが主催で展開しているxR*を総合芸術として学べる「NEWVIEW SCHOOL(ニュービュー・スクール)」は、デジタルハリウッド(専門スクール)で開講している「本科デジタルアーティスト専攻」内にて同SCHOOLと提携した講義を展開。
その成果発表として渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトと連携し、11月7日(土)~15日(日)に渋谷にて開催される国内最大級のソーシャルデザインをテーマにした都市フェスティバル「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2020」にてSTYLYを活用したARコンテンツを展示いたします。

<概要>
世界を魅了する映像表現を追求する本科のエキスパートコース本科デジタルアーティスト専攻にてMaya、Unityなどのソフトスキルを習得。その土台に、谷口暁彦(アーティスト)、山本信一(メディアアーティスト superSymmetryクリエイティブディレクター)、瀬賀誠一(superSymmetryクリエイティブテクノロジスト)、水田 修(KDDI株式会社パーソナル事業本部 5G・XRサービス企画開発部 マネージャー)、Yosh(クリエイティブディレクター)、Discont(xR空間デザイナー)と豪華ラインナップの講師陣を揃えた「NEWVIEW」特別講義を11回にわたり実施しました。その成果としてAR作品を制作、展示いたします。

名称:デジタルハリウッド AR Exhibition in MIYASHITA PARK Presented by NEWVIEW SCHOOL
会期:2020年11月7日(土)~11月15日(日)
会場:渋谷区立宮下公園 MIYASHITA 屋上 中央階段付近(東京都渋谷区渋谷1丁目26−5)
展示内容:デジタルハリウッド 本科デジタルアーティスト専攻 学生制作のARコンテンツ
体験方法:STYLYアプリをインストールしたお客さまのお持ちのスマートフォン・タブレット(一部非対応)で、会場にて掲出されたSTYLYマーカー(QRコード)を読み込むことにより、本コンテンツをお楽しみいただけます。
STYLY Mobile:
 Google Play | https://play.google.com/store/apps/details?id=com.psychicvrlab.stylymr
 App Store | https://itunes.apple.com/jp/app/id1477168256?mt=8
 ※イベントは予告なく変更となる場合がございます。

<デジタルハリウッド(専門スクール)について>
1994年10月、デジタルハリウッド株式会社の設立と同時に東京・御茶ノ水に開校。主に社会人を対象に、Web・デザイン・3DCG・CG・映像・グラフィック等のプロを養成し、各産業界への就転職や独立を目指す通学の専門スクール。
本科デジタルアーティスト専攻<全日1年制>
クリエイティブ経験のある小人数制で形成する学習環境を用意し『生命感を感じるキャラクター』『躍動感あるアニメーション』 『世界共通の感情を揺さぶるストーリー』を手にし、世界を魅了する映像表現を追求する本科のエキスパートコースです。世界共通の感動を創造し、見る人に大きな感動を届ける映像作品を制作するための表現手法を学び、国内外を問わずアーティストとして活躍するための土台となる作品を制作します。
Web:https://school.dhw.co.jp/

<NEWVIEWについて>
3次元空間での新たなクリエイティブ表現と体験のデザインを開拓する実験的プロジェクト/コミュニティーとして、2018年1月に始動。ファッション、音楽、映像、グラフィック、イラストレーションなど、都市空間におけるカルチャーを体現するクリエイターとともに、リアルと空想を越境する次世代のカルチャー/ライフスタイル体験をデザインする実験を仕掛けていきます。国内外でのレクチャーやミートアップを通じて次世代のVRクリエイターの発掘・育成・交流の展開をしています。
Web:https://newview.design/

NEWVIEW PROJECT

<NEWVIEW SCHOOLについて>

NEWVIEW SCHOOLは、これまでにない体験をデザインする「総合芸術としてのxR」を学ぶ、あたらしい表現の学校。第2期はVRとAR両輪のカリキュラムにアップデート。多彩な講師陣からxR表現のための本質的な考え方=<xRであることが目的化するのではなく、「xRである理由」を考えながら作るための思想>を学び、次の時代のクリエイションを担う力を育成するプログラムを展開しています。受講生は卒業制作として「NEWVIEW AWARDS 2020」の作品を作り応募します。
Web:https://newview.design/school/2020
NEWVIEW SCHOOL 主催:株式会社Psychic VR Lab

<STYLYについて>

STYLYは、アーティストに空間表現の場を提供するVR/AR/MRクリエイティブプラットフォームです。
STYLYを活用することで、コンセプチュアルなショップ空間やインスタレーション、ギャラリーなどアーティストのイマジネーションを際限なく表現した多彩な空間を構築できます。またその空間を通じて、今までの現実では成し得なかった体験をインターネットの世界へシェアすることができます。
WebブラウザのみでxR空間制作が可能で、MacやWindowsに対応。VR対応型PC以外の普及型パソコンでも稼働します。また、MAYA, Blenderなどの3Dソフトはもちろん、Youtube、SoundCloudといったサービスと連携しているので、複雑な操作なしに各種素材を取り込み、空間制作に活用することができます。
STYLY Official Site:https://styly.cc/
STYLY GALLERY:https://gallery.styly.cc/
STYLY Mobile:
 Google Play | https://play.google.com/store/apps/details?id=com.psychicvrlab.stylymr
 App Store | https://itunes.apple.com/jp/app/id1477168256?mt=8
 
<株式会社Psychic VR Labについて >
XR時代におけるクリエイティブプラットフォームとして、ブラウザだけでXR空間を構築し、配信を行うことができるクラウドサービス『STYLY』を展開、すべてのアーティストがXR空間を作ることができる世界を作ることをミッションにアート、ファッションからライフスタイルに関わるインターフェイスのXR化を推進しています。
HP:https://psychic-vr-lab.com/
  • 2050 SHIBUYA ミライノオンガクコラボ企画
 11月8日(日) に実施されたミライノオンガクとのコラボ企画として、受賞作品を宮下公園にてAR展示致します。 

<2050 SHIBUYA ミライノオンガクとは>
1990年、2020年、そして2050年。
それぞれの時代の「音楽」が持つ要素を、リスニング環境/コード進行/カルチャー/ミックス…etc.
出演者たちが「未来への衝撃を受けた楽曲」をもとに分解していきます。
連動企画として「30年後の渋谷に流れているであろう未来の音楽」をU-25の音楽クリエイターや学生たちが制作、事前応募いただいた作品の中からノミネート作を選出し、出演者がレビュー&トークを行ないました。
https://social-innovation-week-shibuya.jp/events/event/3095/




<SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2020開催概要>
名称:SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2020
日程:2020年11月7日(土)~11月15日(日)
会場:渋谷スクランブルスクエア スクランブルホール(QWS)/渋谷PARCO /渋谷キャスト/渋谷ストリーム/ラフアウト/
渋谷区立宮下公園 /ヨシモト∞ホール/バーチャル渋谷(予定)など
入場料:無料 (一部プログラムは有料)
プロデューサー:金山 淳吾(渋谷区観光協会代表理事) / 長田 新子(渋谷未来デザイン理事)
主催:SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA実行委員会
共催:渋谷区
特別協賛:公益財団法人日本財団
https://social-innovation-week-shibuya.jp

<開催ガイドライン>
https://social-innovation-week-shibuya.jp/guideline/
 

 <渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト 概要>
KDDI株式会社、一般社団法人渋谷未来デザイン、一般財団法人渋谷区観光協会を中心とする参画企業50社で組成したプロジェクト。「au5Gで渋谷の街を創造文化都市へ」という理念に賛同したランドオーナーやテクノロジー企業など多岐にわたる企業が参画。5月の非常事態宣言下においては、自宅に居ながらも活動を止めることなく、アーティストのライブやアート展示、トークイベントなど「渋谷」らしいコンテンツを発信・体験できることをコンセプトととしたプラットフォーム「バーチャル渋谷」をリリース。10月には「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス」を開催し、約40万人が参加。コロナ禍における新たなハロウィーンの楽しみ方を提案した。各社のアセットと「au5G」を融合することで、アート、音楽、ファッションといった渋谷が有するエンターテイメントなどのさまざまな文化を深化させる拡張体験を創出していきます。
https://shibuya5g.org
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 渋谷5GエンターテイメントプロジェクトPR事務局 >
  3. 渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトが「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2020」にて3つのARコンテンツを宮下公園にて展開。