日本インパクト投資2号ファンドによるエール株式会社への投資について

一般財団法人社会変革推進財団(理事長:大野修一、所在地:東京都港区、以下、「SIIF」)は、新生企業投資株式会社の子会社である新生インパクト投資株式会社と共同運営する日本インパクト投資2号ファンド(以下、はたらくFUND)を通じて、エール株式会社(東京都品川区、代表取締役 櫻井将、以下エール)が実施する第三者割当増資を引き受けました。

はたらくFUNDでは、投資検討段階から、エールの事業が社会に与えるインパクト測定・可視化し、その結果を経営プロセスや事業戦略の改善に活かす社会的インパクト・マネジメントの導入について経営陣と議論を重ねて参りました。出資実行後も引き続きエールの社会的価値創出と事業成長の両面からサポートするとともに、日本において機関投資家にも開かれた本格的なインパクト投資ファンドの先行事例を創り、さまざまなパートナーと協働することで、インパクト投資のエコシステム構築を積極的に推進して参ります。


投資先のエールは、日本社会が抱える働く人のエンゲージメント(仕事に対する活力・熱意・没頭および組織に対する自発的な貢献意欲)の著しい低さを解決するため、社外人材による組織変革を支援するオンライン1on1(1対1の面談)サービス「YeLL」を提供しているスタートアップです。今回の投資により、組織の心理的安全性を改善させることを通じ、受益者である働く個人の自己実現と顧客である企業の価値向上の両立を目指しています。

SIIFは、はたらくFUNDを通じ、エールの事業が社会に与える効果を評価し、その結果を経営や事業改善に関する意思決定に活かす社会的インパクト・マネジメントの仕組みづくりを同社経営陣と共同で進めていくことで、同社の成長支援や社会的インパクトの拡大を目指して行きます。また、日本における機関投資家が参画できるベンチャーキャピタル型の未上場株式インパクト投資ファンドのモデル開発を目指しています。
 

 


社会変革推進財団(SIIF)について  https://siif.or.jp/
社会課題解決と多様な価値創造が自律的・持続的に起こる社会を目指し、自助・公助・共助の枠組みを超えた社会的・経済的資源循環のエコシステムの実現を目指しています。ソーシャル・インパクト・ボンドをはじめとするインパクト投資のモデル開発や実践、普及のための環境整備、調査研究・政策提言に取り組んでいます。
SIIFは日本財団から助成を受けこれらの活動を行っています。

 

  1. プレスリリース >
  2. 一般財団法人社会変革推進財団 >
  3. 日本インパクト投資2号ファンドによるエール株式会社への投資について