こうのかなえ「手と花と」絵画個展。のびのび健やかに予定通り開催いたします!

スクラッチ技法で繊細な作品をイメージするこうのかなえが、新たにクロージングとファブリックの大胆なアートを神戸で展開します。

神奈川県葉山在住のこうのかなえが、大胆に健やかにのびのびと繰り広げるのは、心まで伸びをするようにしなやかなドローイング。タイトルの「手と花と」の通り、ぐんぐんと描き進めるドローイングが楽しくて仕方ないと話してくれます。今回は、ファブリックアートで心地よく風をはらませて、皆さんを自然の世界へと誘います。ご期待ください。
こ う の か な え 絵 画 個 展
「 手 と 花 と 」


会期:2021 年 5 月 15 日(土) ~ 23 日(日)
時間:13:00 ~ 18:30(最終日は 16:00 閉廊)
休廊:5 月 20 日(木)
在廊:初日を予定しております。変更の場合、SNS にてお知らせいたします。
作品:絵画 約 75 点、ファブリックアート 約 5 点を予定

2020 年 2 月、BIOME の恒例イベント「たからもの for おくりもの」で、
スクラッチ技法を用いた絵画を出展してくれた、こうのかなえ氏。
この絵はどんな技法?、このアーティストはどんな方?、
などのお問い合わせだけでなく、個展の
リクエストも多くいただいた一人です。
日々の生活は、自然あふれる葉山。のびのびとした木々や草花を、
感じたまま、しなやかで、大胆な手とともに表現した作品が、神戸へやってきます。
心地の良い絵画、ドローイング、ファブリックアートに、ぜひご注目ください。
初夏の爽やかな季節にご覧いただきたい展覧会です。
こうのかなえ氏との再会まで、あと少しです。


<アーティストのご紹介>
こうのかなえ(Kanae Kouno)
ペインター
香川県出身 神奈川県 葉山在住
パレットクラブ 13 期生 鈴木成一装丁イラストレーション塾 2 期生

<展示歴>
2020 年
グループ展「たからもの for おくりもの」BIOME
個展「Lʼ oiseau bleu /ロワゾーブルー」(北青山)

<みどころ>
意図的か。偶然か。
スクラッチで現れる色の面白さと、スクラッチ自体の細やかさが、魅力のこうのかなえ氏の作品。
濃い色の作品が多いためか、時に翳を、時に謐を、感じることがあります。
こうのかなえ氏曰く、「ざっくりとした雰囲気の作品を作りたくなった、そんな気持ちに従って描いた」とのこと。その思いが、本展覧会「手と花と」につづいています。
描きためてきた植物をモチーフとした絵画と、野性味たっぷりのドローイングが、神戸へ寄せられます。手、足を伸ばし、肩の力をぬいて、楽しんでいただける展覧会です。ぜひご期待ください。

©︎こうのかなえ「手と花と」©︎こうのかなえ「手と花と」

©️こうのかなえ「green」©️こうのかなえ「green」

©️こうのかなえ「木々」©️こうのかなえ「木々」


 

 

 

BIOME Kobe
〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通 5-7-15 グローリー山手ビル 101
tel:090-3945-2040
email:artroom@biome-kobe.com

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BIOME(バイオーム) >
  3. こうのかなえ「手と花と」絵画個展。のびのび健やかに予定通り開催いたします!