【 イベント開催 】女性アスリートと考える選手活動とキャリアの両立 日本を代表する選手と語る「スポーツビジネス」

登壇予定: ラクロス女子日本代表 細梅氏、フットサル女子日本代表 筏井氏、陸上女子7種競技 南野氏、パラノルディックスキーガイドスキーヤー/平昌パラリンピック出場 藤田氏

<POINT>
● 女性アスリートが考える日本国内のスポーツ業界
● 現役アスリートと語る日本国内外のスポーツビジネス
● 女性アスリートが考えるデュアルキャリア・セカンドキャリア
● アスリートや体育会学生の就職活動について

世界にはプロスポーツリーグが数多く存在します。女性スポーツに目を向けると、ヨーロッパや北米、中南米をはじめとする地域では、女子サッカーのプロリーグはかつてないほどの盛り上がりを見せています。同地域ではバレーボールもプロリーグが発足されており、イタリア セリエA やブラジル スーパーリーガは世界中からスター選手が集まる、世界有数のコンペティションとして知られています。日本でもWEリーグが日本初の女子プロサッカーリーグとして今秋に開幕を予定しており、プロリーグ化が進んできている印象もあります。

一方で、女性のプロスポーツリーグはまだまだ数少ないのが現状です。日本では、春高バレーを頂点として全国の高校生に不動の人気を誇るバレーボールですが、国内最高峰の舞台はプロリーグではなく実業団チームの運営となっており、選手の多くが競技だけを考えられるような仕組みにはなっておりません。世界的に見ても、女性スポーツは個人がプロ契約やスポンサーシップを獲得することが多く、多くのアスリートが競技だけに専念できる環境が整っている訳ではありません。

こうした状況で、女性アスリートは選手活動と仕事の両立を考えていく必要があります。本イベントでは、ラクロス女子日本代表 細梅氏、フットサル女子日本代表 筏井氏、陸上女子7種競技 南野氏、パラノルディックスキーガイドスキーヤーとして平昌パラリンピックにも出場した藤田氏に登壇いただき、「女性アスリートが考える日本のスポーツ業界の現状」「女性アスリートや体育会に所属する学生の就職活動」「アスリートとして活躍される方はどういったキャリア形成を目指しているのか」などについて、お話いただく予定です。

■開催概要
【 開催日程 】: 2021年7月5日(月) 18:30 ~ 21:00(開場 18:45)
【 開催テーマ 】: 女性アスリートと考えるスポーツ界とデュアルキャリア
【 開催概要 】:
日本国内外で活躍される女性アスリートをパネラーにお呼びし、日本と海外とのスポーツ界を取り巻く環境を語っていただきます。また、選手活動と仕事を両立するアスリートを応援するために企業やサポーターに期待することもお話しいただく予定です。

【 トピック 】
・コロナ禍でのスポーツ界の影響
・デュアル/セカンドキャリアの探し方
・個人アスリートが意識していること
・canowが考えるスポーツビジネスの今後(スポーツビジネス4.0)

【 登壇者 】
・canow株式会社 COO / YELLtum事業責任者  大坂亮平
・女子社会人ラクロスチーム FUSION 細梅志保美 氏
・関東女子フットサルリーグ ラス・ボニータス 筏井りさ 氏
・陸上女子7種競技 南野智美 氏
・パラノルディックスキー ガイドスキーヤー 藤田佑平 氏

【 申し込みURL 】
https://peatix.com/event/1945744/view?k=b709efb9d577014f1ec66e3efc983433c6f98831

■ プロフィール
細梅志保美
女子ラクロスチームFUSIONに所属。全日本大学選手権/全日本選手権での優勝し、2016年に日本代表に初選出され、2020年も代表に選出される。日本ラクロスのレベル向上のため、SELLを立ち上げ強化事業長としても活躍中。

筏井りさ
女子フットサルチーム、バルドラール浦安ラス・ボニータス所属。なでしこリーグ通算181試合出場し、女子フットサルリーグに転身後、関東女子フットボールリーグにて得点王。2020年にて32歳で女子フットサル日本代表に選出され、活躍中。

南野智美
小学生の時から陸上競技を始め、ジュニアオリンピック(幅跳び)優勝、日本ユース(400H)優勝、全日本インカレ(7種競技)準優勝と結果を残し、早稲田大学を卒業後、スポーツフィールドに入社し、現在も現役選手として活躍中。

藤田佑平
株式会社スポーツフィールド所属。パラノルディックスキーガイドスキーヤー。平昌パラリンピック出場。高校では、全日本大会個人5位、IH杯優勝、大学は個人学生チャンピオンシップ5位、チームでは天皇杯リレー3位と結果を残し、パラノルディックスキーのガイドスキーヤーとして平昌パラリンピックに出場。早稲田大学を卒業後、スポーツフィールドに入社し、現在もガイドスキーヤーとしても活躍中。

canow 株式会社 COO / YELLtum事業責任者 大坂亮平
音楽制作/作家事務所にて主にエンターテインメント業界に従事。その後動画のスタートアップを経て、デジタルマーケティング部署の立ち上げを担当。主に行政やナショナルクライアントのデジタル施策にてプランニングやデジタル戦略策定を営業部署と連携して推進。その後、ブロックチェーンやクリプトの世界に興味を持ちブロックチェーン関連のメディアの立ち上げや海外カンファレンスのアレンジ、開発事業の戦略を柱とする事業会社へ入社。より海外を主軸とした事業を推進するためにcanow株式会社を設立。

■ canow 株式会社について
canow は地域創生に取り組むスポーツチームがチームトークン(地域通貨)を発行できるファンマーケティングツール「YELLtum」を開発し、今夏の公開に向けて実証実験をおこなっています。チームトークンは、企業やスポーツクラブが主体となってブロックチェーン上で発行したトークンで、新しいファンサービスとして欧米を中心に注目を集めています。スポーツクラブはチームトークンを発行することで、ファンに対して加盟店で使用可能な決済手段の提供やお得なクーポンの発行、地域情報の発信を実現できるため、クラブとファンの間のコミュニケーションを活発化し、地域活性化につながることが期待されています。

■ canow の概要
会社名:canow株式会社
所在地:東京都千代田区麹町6-6 Wework 5F 
代表者:代表取締役CEO 桂城 漢大(かつらぎ  くにひろ)
設立:2020年4月
URL:http://canow-jp.com/

■お問い合わせ先
一般の方   info@canow-jp.com
報道関係の方  canow@storydesign-h.com(担当:新井 Story Design house内)
  1. プレスリリース >
  2. canow株式会社 >
  3. 【 イベント開催 】女性アスリートと考える選手活動とキャリアの両立 日本を代表する選手と語る「スポーツビジネス」