ハイレゾがクラウドGPU事業の拡充に向け、第三者割当増資により5.7億円の資金調達を実施。累計調達額は20億円に。

国内最大級のGPU(※)専用データセンターを運営し、クラウドサービス「GPUSOROBAN」を展開する株式会社ハイレゾ(本社:東京都港区、代表取締役:志倉喜幸、以下当社)は、既存株主である東京理科大学イノベーション・キャピタル株式会社、株式会社神宮館、株式会社シフラに加え、新たにNOW株式会社、新生企業投資株式会社、東京理科大学ベンチャーファンドを引受先とする第三者割当増資により、5.7億円の資金調達を実施しました。融資を含む累計での資金調達額は約20億円となります。
※GPU:Graphics Processing Unit、3Dグラフィックスなどを描写する際に必要な計算処理を行う半導体チップ

  • 資金調達の目的
当社は、2019年より石川県志賀町(しかまち)で国内最大級のGPU専用データセンターを運営しており、2022年中には第2データセンターの開設も予定しております。

このたび、既存株主である東京理科大学イノベーション・キャピタル株式会社、株式会社神宮館、株式会社シフラに加え、新たにNOW株式会社、新生企業投資株式会社の関連ファンド、東京理科大学ベンチャーファンドを迎え入れ、5.7億円を調達いたしました。

GPU事業のさらなる成長に向けた開発系人材の採用強化やデータセンターの脱炭素に向けた演算力の高効率化の研究・開発、再生エネルギーを活用したデータセンター運営設備の研究・開発のほか、GPUクラウドサービスの拡充に向けてのサービス開発・マーケティング投資を積極的に行ってまいります。
 
  • 新たな引受先からのコメント
■NOW株式会社 代表取締役 梶谷 亮介氏、取締役 家入 一真氏
NOW株式会社は「Next One for the World.」をコンセプトに、次世代を代表する起業家に対しオールジャンルでの投資を行っています。
AI・IoT社会の更なる進展やWeb3.0領域の台頭が予見される中で、必ずや需要が拡大していく演算リソースを独自のノウハウに基づき提供するハイレゾ社は、今後各種分野での産業振興に不可欠な国産IaaSプラットフォームへと成長していくものと大変に期待しています。NOWとしても、日本のIT基盤の一層のアップデートに向けて、これからハイレゾ社と伴走させていただけることが非常に楽しみです。

■新生企業投資株式会社 代表取締役社長 松原 一平氏
米国・中国と比較して日本のAI・ディープラーニングの社会実装は遅れを取っています。この要因の一つとして、オンプレミスであれクラウドであれ、AI開発で使用される高性能のGPUサーバーの利用コストの高さがあると考えています。当社がGPUサーバーをクラウドで提供する「GPUSOROBAN」は、課題となっている利用コストの高さを解決し、ユーザーは「安価に」「月額固定料金という明瞭な価格体系」で高性能のGPUサーバーを利用でき、これまでコスト面からGPUサーバーの利用が難しかったユーザーも高性能のGPUサーバーを利用してAI開発を行えるようになります。ハイレゾ社への投資を通じ日本のAI・ディープラーニングの社会実装の普及・加速を支援させていただくとともに、「技術を持った創造的な集団として、新しい時代の新しいニーズに応えていく」というハイレゾ社のミッション実現にむけてご支援させていただきます。

■東京理科大学ベンチャーファンド(TUSキャピタル1号投資事業有限責任組合)
 無限責任組合員:アストマックス・ファンド・マネジメント株式会社 代表取締役 小幡 健太郎氏

当社は、学校法人東京理科大学が主に出資する第1号の大学発ベンチャーキャピタルファンドの運用を行っており、広く社会に寄与する出資を実施して、資産価値の向上も実現することを目指しております。
ハイレゾ社は、経済・社会の持続的成長のために大切な「演算力」の供給によって、社会に貢献していく企業であり、その技術的優位性を高く評価し、GPU専用データセンター開設を含む事業成長加速に少しでも貢献するため、出資を決めさせていただきました。東京理科大学との次世代データセンターに関する共同研究、地域経済認定事業者としてわが国の持続的な成長に不可欠な地方からの成長への寄与も含めて、今後の大いなる成長を期待しております。

■GPUSOROBANについて
「GPUSOROBAN」は、AI・ディープラーニング等の膨大な計算処理を高速化するGPUクラウドサービスです。データセンターの建設コストと運転コストを抑えることで、NVIDIA A100(*)搭載の高性能GPUサーバーを低コストで提供しています。予算計画が立てやすい月額定額プランを用意し、国内企業や学術研究機関が使いやすいサービス設計をしています。
*NVIDIA A100 TensorコアGPU

■株式会社ハイレゾについて
ハイレゾは、日本最大級のGPU専用データセンターを石川県志賀町で運営し、IaaSモデルにてGPUによるクラウドサービス「GPUSOROBAN」を提供しています。
2019年に開設した第1データセンターには、NVIDIA社等のハイスペックな製品を揃え、現在所有するGPUは約9,000枚になります(2022年1月現在)。また、2022年中に稼働予定の第2データセンターは「違い棚屋根方式」による廃熱効率に優れた設計で、エアコンを使用しないことで空調電力を90%削減し、脱炭素を推進するデータセンターとなっています。

■会社概要
企業名  株式会社ハイレゾ
所在地  東京都港区元赤坂1-1-8 赤坂コミュニティビル5F
代表者  代表取締役 志倉 喜幸
事業内容 GPU専用データセンターの運営、GPUクラウドサービスGPUSOROBANの提供、広告事業
URL https://highreso.jp/
GPUSOROBAN https://soroban.highreso.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ハイレゾ >
  3. ハイレゾがクラウドGPU事業の拡充に向け、第三者割当増資により5.7億円の資金調達を実施。累計調達額は20億円に。