デジタル庁等後援のWell-being & Age-Tech 2022 Awardでデジタル大臣賞を受賞!!

-超少子高齢社会の包摂性とWellbeingを高めるための科学技術・イノベーションとして大臣賞を受賞-

慶應義塾大学医学部発のベンチャー企業 OUI Inc.(ウイインク:株式会社OUI)は、2022年11月30日に東京で開催されましたウェルエイジング経済フォーラムのWell-being & Age-Tech 2022 Awardにおきまして、デジタル大臣賞を受賞致しました事を報告いたします。

【Well-being & Age-Tech 2022 Awardについて】
「Well-being & Age-Tech 2022 Award」は、ウェルエイジング経済フォーラム(デジタル庁・文部科学省・外務省後援)が主催する、超少子高齢社会の包摂性とWellbeingを高めるための科学技術・イノベーションを受賞します。


今回、OUI Inc.のSmart Eye Cameraを使った、「世界の失明を50%に減らし、眼から人々の健康を守る」という取り組みをご評価いただき、デジタル大臣賞の受賞となりました。


授賞式では、河野太郎デジタル大臣よりビデオメッセージをいただき、大串正樹デジタル副大臣より表彰状を授与いただきました。

関連ページ:ウェルエイジング経済フォーラム
https://www.wellaging-forum.org/


【OUI Inc.とSmart Eye Camera (SEC)について】
OUI Inc.は現役眼科医が創業した、慶應義塾大学医学部発のベンチャー企業です。医学・工学・ビジネスのプロフェッショナルが力を合わせて、世界の失明を50%減らし、眼から人々の健康を守ることをミッションに掲げて活動しています。
http://www.ouiinc.jp/
私たちは、眼科の診察を可能にする iPhoneアタッチメント型医療機器SECをゼロから開発しました。iPhoneのカメラと光源を利用した眼科診療機器は本邦初であり、多数のエビデンスより既存の細隙灯顕微鏡と同等の性能があることが証明されています。
現在世界の失明人口は4,400万人、これらの患者さんの半分以上が、眼科医療に対するアクセスがないことが原因で、予防可能・治療可能な病気によって失明しています。
私たちは、日本中・世界中の眼科医・非眼科医・医療関係者の方々と力を合わせて、Smart Eye Cameraを使ってこれらの患者さんに眼科医療を届けるモデルを世界中に広げ、世界の失明を半分にします!

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. OUI Inc. >
  3. デジタル庁等後援のWell-being & Age-Tech 2022 Awardでデジタル大臣賞を受賞!!