落語家 三遊亭楽大さんが大活躍!日本最大のポーカー大会

メインイベントで準優勝の楽大さんにインタビュー!

JAPAN OPEN POKER TOUR 2022 ( JOPT ) が4月28日から5月5日の8日間に開催され、最高参加者数を1万人超えと記録更新。様々なジャンルの著名人も参加し、大変話題になりました。中でもメインイベントに準優勝されたのは落語家 三遊亭楽大さん。楽大さんのお話とともにJOPTの魅力をお伝えします!

今回の JOPT はメインイベントに過去最高の1,276人が本戦に参加し、全イベント参加者数も11,000を越え、日本記録を大きく更新、白熱の戦いが繰り広げられました。ラスベガスで開催のWORLD SERIES OF POKER (WSOP)に参加するための渡航補助などとして総プライズは 7,500万円以上が提供されました。

 

優勝したOHIRUさん(右)と準優勝の楽大さん(左)優勝したOHIRUさん(右)と準優勝の楽大さん(左)

 

 

それでは、楽大さんのインタビューをお楽しみください。

・1,276名の中の準優勝、お疲れ様でした!楽大さんは、どのようなきっかけでポーカーをはじめられましたか?

楽大さん 「 僕の師匠 (六代目 三遊亭円楽 さん) が海外カジノで遊んできた話をしてくれたことがあるんです。羨ましかったけど、自分にはそんな機会はなくて。でも日本にはアミューズメントカジノという賭けずにカジノゲームが楽しめるお店があると知り、秋葉原にあるアキバギルドに行ってみたのがきっかけです。最初はブラックジャックやバカラのようなカジノゲームから遊びはじめて、ポーカーは一番最後に手をつけました。最初はレイズもできなくて…ディーラーさんにレイズもできなかった楽大さんがこんなにすごい結果を残すなんてね、と言われちゃいました。(笑)今もアキバギルドにはよく行きます。他に銀座のde poker と 日本橋のアルカポネにもよく遊びに行きます。」
 

 1,276名の中からファイナルテーブルに残った8名。楽大さん、いい笑顔です! 1,276名の中からファイナルテーブルに残った8名。楽大さん、いい笑顔です!


・メインイベントは3Daysの戦いを生き抜かれたわけですが、その過程でどんなことを感じられましたか。

楽大さん「残れたことはとても嬉しかったですけど”いつの間に”というのが率直な感想です。1,200人以上いたはずなのに気がついたら残り3テーブル(27人)になっていましたね。真剣に、集中して同じ卓の対戦相手のことばかり考えていたので周りはほとんど気になりませんでした。勝ちたいというよりは、楽大として活躍したい・目立ちたいという気持ちと、同卓してチャンピオンとなったOHIRUさんが面白くていい人で、ずっと一緒に戦いたいと思えたんです。だから負けても天晴れでした。」

勝負が決した直後のお二人。素晴らしいヘッズアップでした。勝負が決した直後のお二人。素晴らしいヘッズアップでした。

 

 勝負が決し、OHIRUさんと称えあった後ステージを降りると、楽大さんに多くの仲間が駆け寄った。 勝負が決し、OHIRUさんと称えあった後ステージを降りると、楽大さんに多くの仲間が駆け寄った。

 

・準優勝のプライズ約250万円分はどのように使われる予定ですか?


楽大さん「 今年の夏のWorld Series of Pokerのメインイベントに出場します!本当は2020年に真打になるちょっと前に韓国のカジノ旅を予定していたのですが、緊急事態宣言によりキャンセルせざるをえなかったので、ようやくこれが初の海外でのポーカーとなります。活躍して向こうのメディアに POKER PLAYER & RAKUGOKA RAKUDAI !!って紹介されたいですね。優勝して、「世界で一位ですけど、日本で二位なんです。」を自己紹介のキャッチコピーに使いたいですね。(笑) 」
 

WSOPでのご活躍をお祈りしています!WSOPでのご活躍をお祈りしています!


・楽大さんにとっての、ポーカーの楽しさを教えてください。

楽大さん「 自分の手が強くても弱くてもドキドキできるところですね。自分の手が強くて、このオールインにコールして欲しいっていうドキドキと、ブラフ(弱いハンド)でオールインしてコールしないでくれ!って思うドキドキが全く同じなんですよ。
そして、それを乗り越えた2人はどんな結果になっても、ナイスプレイ!と称え合って仲良くなれるんです。
今回のラストハンドも自分のオールインをOHIRUさんが悩んでコールして自分は結果負けたけど、あれはいいオールインだったね、痺れたねってみんな言ってくれるんです、嬉しい言葉です。
メインイベント終了後、YouTube 配信で解説をして下さったみさわさん(小原順さん)が FT に残ったプレーヤーをご飯の席を設けてくださいました。卓で真剣に戦い、寡黙だったプレーヤーさんも実はとても愉快な方だとわかって、とても楽しい会でした。 」

みさわさんのTwitterよりみさわさんのTwitterより


・これからのJOPTに期待することはありますか?

楽大さん「 フィーチャーテーブルと、すごく大きなスクリーン、かっこいいですよね。でも、大盛況すぎて、竹芝ポートホールでさえ手狭に感じますね。ポーカーはマインドスポーツとして本当に素晴らしいゲームです。こんなにも相手のことを考え続けることはありません。このポーカーの素晴らしさが健全に広まってくれたら嬉しいです。 そしてもっともっと広い会場で、武道館やさいたまスーパーアリーナで開催されたり、IRが整備されてそこでJOPT開催なんてなったらいいですね。日本中の誰もが行きたい、出場したいJOPTにもっと発展していくといいなと思います。 」

 

会場の皆さんで集合写真。将来的にはもっと広い会場で、日本中の誰もが行きたいと思う大会にきっとなります!会場の皆さんで集合写真。将来的にはもっと広い会場で、日本中の誰もが行きたいと思う大会にきっとなります!


とても楽しいお話をお伺いできました、ありがとうございました!
楽大さんのWSOPや今後のご活躍に期待大です!
今後もJOPTはどんどん発展し続けます、ご期待ください!
 


JAPAN OPEN POKER TOUR 2022 Grand Final レポート
・2022年4月28日から5月5日、東京・竹芝ポートホールで開催されました。
・総エントリー 11,175、 メイン 1,276  過去最高。著名人も多く参加しました。
・海外のトーナメントへの渡航費などの総プライズ $631,800 メインイベント総プライズ $131,400
・エントリーが多く記録されたため会場を屋外に拡げ青空のもとでのトーナメントも実施されました。
 

天気にも恵まれ開放感たっぷりの青空ポーカー天気にも恵まれ開放感たっぷりの青空ポーカー


・メインイベント優勝はOHIRUさん、準優勝は三遊亭楽大さん。
 OHIRUさんの優勝インタビューはポーカーギルドに掲載予定!是非ご覧ください。
・JOPTは全ての方が参加できます。
 サイドイベントはすべて直接お越しいただくだけで参加可能です。
・メインイベントの参加権利を得るには?
→全国のポーカースポットで行われるライブサテライトやGGPoker内で開催されるJOPT Online にて参加権利を獲得できます。ライブサテライトのスケジュールはポーカーギルドとJOPTのホームページで確認できます。
メインイベントの優勝プライズは450万円相当を超えるほどです。JOPTから世界へ挑戦しましょう!!!

次回のJOPTは7月15日〜18日に東京竹芝で開催!メインイベント、存分に楽しめるサイドイベント盛り沢山!
JOPTから世界へ。
「すべてのポーカーに 白熱を」

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

トーナメント検索やインタビュー記事などはこちらのポーカーギルドから

https://pokerguild.jp/

JOPTのホームページをチェックしよう

https://japanopenpoker.com/

JOPTOnline も開催するGGPokerの登録はこちら

https://ggpoker.world/

楽大さんのTwitter  @rakudai_poker

https://twitter.com/rakudai_poker?s=20&t=edakgrZEM910QUuBTLG4GA
 

楽大さんの落語イベント 正座の限界は次回6月17日開催楽大さんの落語イベント 正座の限界は次回6月17日開催




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ジャパンオープンポーカーツアー株式会社 >
  3. 落語家 三遊亭楽大さんが大活躍!日本最大のポーカー大会