長野県小諸市×OKWAVEによる移住相談サービスを開始

全国3例目、地域の方に質問できるオンラインQ&Aコミュニティ

長野県小諸市と株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都港区、代表取締役社長:福田道夫)(以下、オウケイウェイヴ)は、移住希望者ならびに移住者の支援を目的に、オウケイウェイヴのサポートソリューション「OKBIZ. for Community Support」(以下、「OKBIZ. CS」)を用いたオンライン移住相談サービスを2021年5月27日(木)11時より開始しました。
https://okbizcs.okwave.jp/iju-komoro/

このたび、開始したオンライン移住相談サービス(以下、本サービス)は、小諸市への移住を検討している方や移住したばかりの方が、地域のことや周辺環境、移住全般についての相談事を匿名で質問でき、小諸市民や移住経験者などが経験や知識に基づいた回答を寄せることで、移住に関する疑問や不安を解消できる場を提供するものです。
 



■本サービスの概要
質問者、回答者ともに本サービスへの会員登録をいただくことで無償にて利用できます。本サービスの基盤となるオウケイウェイヴの「OKBIZ. CS」は、同社の年間7,000万人が利用するQ&Aサイト「OKWAVE」(https://okwave.jp)と連携し、本サービスの利用者同士のみならず、「OKWAVE」の利用者からも回答が集まる仕組みです。質問者、回答者双方が安心、安全に課題解決のためのコミュニケーションを行うことができるよう、投稿監視を行っています。

■本サービスの期待できる効果
本サービスは、移住希望者が匿名で気軽に質問できることで、移住相談や情報収集の心理的障壁が低くなることと、移住希望者をサポートしたい市民も雑談のような形で気軽に質問や悩みに回答ができ、この関係性の中から地域活性化につながることが期待できます。地元の人ならではの生活情報や知られざるスポットの紹介など、多様な質問と回答が行きかうオンライン上の交流拠点となることを目指します。

■小諸市 小泉俊博市長からのコメント

「長野県小諸市では、「健幸都市こもろ(小諸版ウエルネス・シティ)」をまちづくりのビジョンに捉え、あらゆる分野において健康・健全であることを目指しております。その中でも特に重要な政策、産業・交流分野においては、移住定住の促進を積極的に進めています。首都圏からのアクセスの良さや恵まれた自然環境等を活かし、例年一定程度、移住される方はいらっしゃいますが、さらなる戦略的な展開が必要な状況です。
このような中、株式会社オウケイウェイヴ様よりご提案いただいた『OKBIZ. for Community Support』を導入させていただくことに決定しました。このサイトは、リアルな交流が難しいコロナ禍において、まさに本市が行いたいと考えていたものであり、Q&Aを通じた先輩移住者をはじめ市民の皆さんとの交流や、移住後の新しいコミュニティ構築に繋がることを期待しています。
地方への移住を検討されている方は、このサイトを通じて、小諸の魅力に触れていただき、実際に現地にお越しいただく際の参考にしていただければ幸いです。」


オウケイウェイヴは、コロナ禍におけるテレワーク導入拡大により二地域居住・多拠点生活などのライフスタイルの多様化を背景に関心が高まる地方移住について、20年以上に渡って培ってきたQ&Aコミュニティサービスのノウハウを活用し、移住に関する最初の一歩を踏み出せる場を提供することで、日本全体の活力を上げることを目的とした地方創生の実現に寄与していく考えです。今後も互い助け合いをベースとした、様々な社会課題の解決や地域の発展に寄与するサービスの提供を実現してまいります。

※記載された商品名、製品名は各社の登録商標または商標です。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オウケイウェイヴ >
  3. 長野県小諸市×OKWAVEによる移住相談サービスを開始