夏木マリが「Blue Note TOKYO」に帰還、4回目となる「MARI de MODE 4」初日終了

「前に進まないとね。本当にありがとう」対策が徹底された環境で圧巻のステージを披露

あらゆる表現に挑み続ける“プレイヤー”、夏木マリがブルーノート東京に帰還した。2017年に初登場し、ジャジーでスタイリッシュなナンバーで綴る「MARI de MODE」の待望の4回目の公演が、3月12日(金)、13日(土)の二日間で開催される。対策が徹底されたブルーノートは、通常の50%以下というソーシャルディスタンスが保たれた座席配置という、今まで経験したことのない贅沢な空間だ。来場者たちはもちろんマスクを着用し、控えめながらも食事を愉しみ、夏木の登場を待っていた。オンタイムになると、バンド・メンバーが登場。今回は、天野清継(ギター)、松本圭司(ピアノ、キーボード)、竹上良成(サックス)、吉澤達彦(トランペット)、川崎哲平(ベース)、山内陽一朗(ドラムス)、斉藤ノヴ(パーカッション)という豪華な布陣だ。斉藤率いるリズム隊が軽やかにステージを飾っている中、桜色の華やかなシフォンブラウスと黒のマーメイドスカート、そしてスパンコール輝くピンクの手袋を纏った夏木がステージに登場。 

 


そのまま小西康晴プロデュースの最終盤とも言われる名盤『戦争は終わった』から「きれいな顔の女」「セロニアス・モンク」の2 曲を歌い上げた。「こんばんは。会えたね!少し間が空いたけど、4回目のMARI de MODEになります。それでも、来てくれた皆さんありがとう。今日は、90年代に小西康陽さんがプロデュースしてくれた作品を前半で、後半は私が歌いたい曲を歌います。楽しんでもらえたら嬉しいです」と語り、「こんな時だから豪華なバンド・メンバーが集まりました」と、メンバー紹介を行った。軽快なウッドベースが心地よいイントロから「アルコール」「鎮静剤」「惚れぐすり」と続き、今夜のスペシャルカクテル“Mimosa de Mode”で会場と乾杯。そのまま「ミュージシャン」「ゴリラ」「港のマリー」と、ジャジーにアレンジされた小西ナンバーを力強く歌い上げた。そして、名盤『パロール』から“バカな男”というフレーズが爽快な「二の腕」と「いいじゃないの幸せならば」を披露し、昨年夏木がプロデュースしたというマスクシンガー「2020」(ドゥゼロドゥゼロ)を紹介。近年の欧州でのシティポップブームを受け、アシッドジャズの先駆者James Taylor Quartetとレコーディングを果たしたという彼女の楽曲を、夏木が代わりに歌うという。James Taylorアレンジによる「人生いろいろ」で、観客の熱も最高潮へ。続いて「わたしゃビルのおそうじオバチャン モップかついで仕事する」というインパクトある歌い出しで有名な憂歌団の名曲「おそうじオバチャン」でオーディエンスを大いに盛り上げた。

こんな時世だからこそ、オバチャンのストーリーに笑いと元気をもらえたのだろう、マスクの下でも笑顔で手拍子が響いた会場は、この日一番の盛り上がりを見せた。会場の熱気を夏木も感じたのか「私ね、最近ブギにはまってます。ブギの女王を目指そうかしら」と楽しそうに語る。いよいよ最後のパート。後半は夏木が歌いたい曲ということで「私は私よ」「私のすべて」、「カウボーイ」と続き、自身が愛するジャニス・ジョプリンの「CRY BABY」を夏木本人が訳詞した日本語版で披露。「辛いこと、悲しいこと、私が抱いてあげる」「自分の夢をみつけて 何かひとつみつけて」と、語りかけるように歌う姿に、客席からは感動と希望の眼差しが向けられた。夏木語録としては有名な「年齢は記号なの」と、語るや否や自身の人生を謳った「60 BLUES」で、「前に進まないとね。本当にありがとう」と、締めくくった。拍手が止まない会場へ、再びGUCCIの装いに衣装チェンジをした夏木が登場。アンコールは、軽快なスイングジャズのリズムとバンド・メンバー全員による極上のソロを堪能できる「It don’t mean a thing」。「スイングがなければ意味がない」という、まさにジャズの真髄のナンバーで圧巻のステージに幕を下ろした。

13(金)の第二夜は、有料にてインターネット配信実施予定だ。

公演概要:
公演名:MARI de MODE 4
開催:2021.03.12(金) / 03.13(土)
場所:ブルーノート東京(BLUE NOTE東京)
開場:5:00pm
開演:6:00pm
※本公演は1日1ショウのみ
ミュージックチャージ¥16,500

※03.13(土)は有料ライヴ配信
ライブ配信チケット¥3,000
(BLUE NOTE TOKYO Jam Session 会員 ) ¥2,000

★公演内容に関するお問い合わせ
ブルーノート東京
TEL:03-5485-0088

★配信プラットフォーム各社のチケット購入/視聴方法、
お問合せフォームなどはこちら

“ぴあ<PIA LIVE STREAM>” をご利用のお客様
https://t.pia.jp/pia/events/pialivestream/
TEL:017-718-3572

“イープラス<Streaming+>” をご利用のお客様 
https://eplus.jp/sf/guide/streamingplus-userguide

“ZAIKO” をご利用のお客様 https://zaiko.io/support


【セットリスト】
M-01 きれいな顔の女
M-02 セロニアス・モンク
M-03 アルコール
M-04 鎮痛剤
M-05 惚れぐすり
M-06 ミュージシャン
M-07 ゴリラ
M-08 港のマリー
M-09 二の腕
M-10 いいじゃないの幸せならば
M-11 人生いろいろ
M-12 おそうじオバチャン
M-13 私は私よ
M-14 私のすべて
M-15 カウボーイ
M-16 CRY BABY
M-17 60 BLUES
EC It don’t mean a thing
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MNS TOKYO >
  3. 夏木マリが「Blue Note TOKYO」に帰還、4回目となる「MARI de MODE 4」初日終了